自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年02月23日

J開幕!

鳥栖vs神戸の一戦から、今年のJリーグが開幕した

結果は1−1の引き分けに終わったが、
この試合の先制点となったPK獲得のシーン

ハイライトでしか見ていないが、
どうにも胡散臭い

裏に抜け出した鳥栖の選手を
神戸の那須が手をかけて倒したという判定だと思うが
全く引っ張った感じはしなかったのだが・・・

先日のACLvs水原戦でも疑惑のPKを献上したが、
アジアでも日本でも、また主審の判定に
ストレスを溜める試合が増えそうな気がしてちょっと気が滅入った

基本的にはVAR導入には賛成ではなかったが、
CWCで一度経験するとVARは必要なシステムにも感じる

多くの場合、正直者で悪い意味のマリーシアが
苦手と思われる日本人にとっては
VARは非常に合っているかもしれない

本当は審判の人数を増やすなどして見逃しを無くし、
主審がしっかりと複数の副審の声を聴ける耳を持つ事が好ましいが、
現状ではその様なレベルの主審・副審を育成する方が難しい事もあるだろう


ミッドウィークにACLを戦った鹿島は
この開幕戦に2日遅れてJ開幕を迎える

まだシーズン序盤で、選手達に大きな疲労は溜まっていないとは思うが、
今季は全選手を使いこなし、チーム一丸となって戦って行かないといけないシーズン

公式戦初勝利からあまりメンバーを変えたくない心理もあるが、
先を見据えた選手起用をしていかなければいけないだろう

そんな中土居と犬飼には、清水戦に向けて猛アピールを期待したい

上海戦、水原戦と消極的とも取れるプレーだった土居だが、
本来もっと出来る選手であり、得点を期待出来る選手

本人も積極的にゴールを狙いたいと常々語っており
それを是非実戦のピッチで体現してもらいたい

犬飼は古巣とのいきなりの対戦となるが、
これまで応援してくれた清水サポーターに
『鹿島の犬飼』をしっかりと見せる事が恩返しとなるだろう

そしてそうして選手を少しずつ入れ替えても勝利することが
全タイトル制覇には必要不可欠な要素となるだろう

シーズン序盤だからこそ、その流れを作って欲しいところ

大岩監督がこの開幕戦で誰を選ぶか、注目したい

↓山口のプレーも早く見たいなー
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら





posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

水原戦 雑感

この試合、2得点の金崎がMVPというのは妥当だが、
PKを止めたクォン・スンテ、そして『アシスト』を決めた優磨も
MVPに匹敵する活躍だった様に思う

前半早々に先制点を挙げたが、24分に
レオ・シルバがPA内で相手を倒したとしてPK謙譲

もしACLでVARが導入されていれば
おそらく覆ったであろうこのPKだが、
調べてみたがAFCはまだ採用していない模様

この主審、アジア全域に恥をさらしてしまったのではなかろうか

このPK、をスンテが横っ飛びで見事にセーブ

常々このブログでは、PKではGKは動かないで
ゴール中央から届く範囲で防げば良いのではと書いているが、
ここはスンテが動いていなければ防げなかっただろう

最後の失点が無ければ、スンテのMVPでも全くおかしくなかった


優磨は先制点でもスローインを受けて起点となり、
遠藤に横パスを入れたが、おそらく遠藤と金崎3人は
イメージの共有が出来ていたのではなかろうか

間でレオ・シルバが頭を出しているように見えたが
結果的に当たらなくて良かった
※もちろんレオのヘッドが上手くGKを超えてゴールしていた可能性もあるが

その後もプレスバックで相手のボールを奪い、
少し下りてボールを受けて楔になり続け
ワイドに走ってボールを引き出し続けた優磨

金崎からのクロスにピンポイントで合わせた場面は
相手GKの反応が素晴らしく得点とはいかなかったが、
動き出し→少し戻って→再度動いてフリーという一連の動きは良かった

そんな優磨にゴールのプレゼントが届いたかに思えたのが
ショートコーナーが崩れ気味になったところで
遠藤がゴール前にボールを上げたシーン

オフサイドギリギリで抜け出した優磨が
身体を投げ出して渾身ヘッド

ゴールに吸い込まれていくボールに優磨は得点を確信していただろう

ところがこれを金崎が『強奪』してこの試合2点目

立ち上がった優磨が事態を把握すると、
頭を抱えて膝が崩れ、立ち上がると笑みを浮かべながら
『俺のゴールだろ〜!』とアピール(?)していた

73分に土居と交代するまで献身的に戦い続けた優磨は、
正に影のMVPといったところ

PA内で押し倒された場面は、相手へのPKを思えば
これも十分に、むしろ明らかにPKな気がしたが、
もしそうだったとしたら優磨が蹴らせてもらえたかもしれない
(金崎がハット狙ったかもしれないが・・・)

目立ちはしないものの、明らかに昨季までの『俺が、俺が』だけではない
バージョンアップされた優磨の姿が見られた気がする


土居に関しては、ピッチになれるのに時間がかかったのか
持ち前の『キレのある動き』を披露出来ず、
逆に球離れの悪さに見えてしまう場面もあり
今の時点でのファーストチョイスは金崎・優磨の2人となりそうだ

もちろん今後ローテーションやターンオーバーといった事も出てくるハズで
まだまだチャンスはあると思うので、本来の調子に上げていって欲しい

いずれにせよ、エースの活躍は何よりもチームに勢いをもたらしてくれるだろう

最後の失点は余計で100点とはいかないが、
それでも文句なく合格点の試合だった

↓相手のラフプレー(特に4番)に怪我人も出なかったしね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら



posted by knz at 23:59 | Comment(2) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

水原戦 速感

新10番・金崎の2得点で鹿島が2−1で勝利!
まだ2節ながら、鹿島はグループ首位に躍り出た

『新10番』のお披露目として申し分のない出来だった

前半、遠藤がワンタッチでフワリと浮かせたスルーパスをゴール前に入れると
ここに走り込んでいたのが金崎

胸でワントラップするとGKと1対1

相手の動きを見て冷静に右足でゴールに流し込んでまず1点

後半、またも遠藤が長い距離でゴール前に上げると
飛び込んだのは優磨

そのままゴールインするかと思いきや、
ここに突っ込んでいったのが金崎

その勢いはゴールネットを自ら揺らし、
あの重いゴールフレームを一瞬浮き上がらせるほど

優磨としては、まさに『ゴールをかっさわられた』形になったが
前半のゴールシーンも優磨から康にボールを入れたところからであり
この3人で奪った2ゴールと言って良いだろう


もう一人、勝利の立役者と言えばスンテ

前半先制後、『疑惑の判定』で取られたPKに立ちはだかり
相手に同点にさせる事が無かったことはその後の展開に大きい

その他にも何度も相手のシュートをはじき返したが
最後の最後に失点を喫してしまったのは残念

斜めに入り込む相手に対応が出来ていなかったこの形は
昨年から続いている今後の課題と言えるだろう


何はともあれアウェーで得た勝点3は非常に大きく
選手起用の部分でも次節以降幅を持たせられるだろう

週末に迎えるリーグ開幕に向けても、
気持ちの上がる勝利だったと言えるだろう

↓お疲れさまでした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら



posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする