自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2019年12月09日

Jリーグアウォーズ

Jリーグアウォーズが行われ、最優秀選手、ベスト11等々各賞が発表された

今年の鹿島は・・・見事に受賞0

辛うじて?小笠原が功労者賞を受賞したが、これは過去の記録や記憶に対しての物であり、今季の鹿島に対しての賞ではない事を考えれば今年は受賞無しということ

優秀選手賞には土居、レオ・シルバ、セルジーニョがノミネートされていたし、ベストゴール賞にもアウェー川崎戦の伊藤のゴール(アシスト篤人)、レオ・シルバのドリブルゴール、小池のドリブルゴールがノミネートされていただけに何か一つくらいはとも思っていたが、鹿島サポとしては寂しい結果と終わった


伊藤のゴール


レオ・シルバのゴール


小池のゴール


しっかし・・・

MVPが仲川というのはまあ良いとして

ベスト11がFC東京6人、横浜FM4人とイニエスタ

1位と2位から10人+最高年俸選手ってなんか思考停止している気がしてならない

アシスト王となった仙台の永戸やCBからチャンスメイクする札幌の福森、広島の柏もいい

言いたかないが、浦和のACL準優勝の立役者となった興梠だって良いだろう
(ACLは関係無いと言われればそれまでだが、ACLでの活躍はJリーグの価値を高めていると考えれば無関係ではない気もする)

まだ言ってるって言われそうだが、鹿島が優勝した年のベスト11を振り返れば、2001年こそ5人選ばれている(同年磐田も5人、札幌1人:得点王)が、2007年や2016年は1人のみ

横浜FMとFC東京が他16チームから抜け出してマッチレース状態が続いていたというならわかるが、ちょっと納得いかない気もする

まあ、鹿島から選出が無いのは納得せざるを得ないかもしれないが・・・

↓上田があと2,3点取ってれば、BYPは可能性あった・・・かな?
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:56 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

名古屋戦 雑感

Jリーグアウォーズの結果を見ながら雑感を

この試合、久しぶりにセルジーニョをトップに据え、遠藤を右サイドに戻した

結果的にこれが守備での安定と攻撃面での収まりの良さを向上させ、オウンゴールながら先制して1点を守り切りアウェーで勝点3を積み上げた

今シーズン、右SBがなかなか定まらない事との関係もあるだろうが、遠藤の調子がなかなか上がらず右サイドの攻撃が不活性だったことでシーズン序盤になかなか勝点を積み上げられなかった

その対処として上田というFWのバックアッパーを得たこともありセルジーニョを右に配し伊藤をトップ固定、1.5列目に土居という形を基本布陣にして結果を出した

だがこの形は守備面での脆さを持っており、短期的には戦績を上げたが徐々に失速

もちろんその失速にセルジーニョ、レオ・シルバ、三竿の負傷離脱も影響していたことは間違いないのだろうが首位に立ってからの失速は逆の意味で目を見張るものだった


正直言って鹿島の監督は大変だと思う

他のクラブであればACL圏内を獲得すれば『結果を出した』と認められるであろう中、リーグタイトルを逃せば責任論に発展するのだから

私自身は今現在、留任支持派という訳ではないが、少なくとも大岩監督は無能な監督だとは思っていない

鹿島は十分な戦力を保有していると言えばそうかもしれないが、シーズン中盤怪我人が増え、主力が移籍した中でチームを再構築し、名古屋や浦和、神戸が残留争いにも巻き込まれる中で鹿島は最終版まで優勝争いには絡んでいる

気持ちの強さで勝点を積み上げなければいけない時期に闘志を出せずに終わった試合も少なからずあり、優勝を『逃した』という気持ちは強い

逆に言えば、今のチームに何を上積みしなければいけないかも明確ではある

覇気を取り戻したチームを見たい

↓今の国内には、そんな選手は見当たらないんだけどね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:59 | Comment(1) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

名古屋戦 速感

横浜FMの関係者のみなさま、優勝おめでとう

最後怒涛の連勝劇で一気に首位まで走り抜けましたね


今シーズンリーグ戦の最終節、アウェーでの名古屋戦は相手のオウンゴールを引き出し、1−0の勝利

オウンゴールの1点のみで、これでチームが良い方向に向くかと言えば正直分からない

だが、少なくとも今日の守備は安定し集中して守れていたし身体も張れていた


攻撃にしても、前節までに比べれば形を作れていたし得点の匂いもした

オウンゴールだってサイドを抉りかなりいい形の中でうまれたもの


久々にセルジーニョをトップに戻したけれど、少なくとも中盤の構成としては今日の試合の方が安定した

片側だけに収まるより、中央から左右に動ける方がよさが出るのかもしれない


一方で

決定力不足は相変わらずっちゃ相変わらず

試合開始直後の遠藤のヘディングや後半の綺世が放ったヘディングシュート

僅かなところでゴールを逃したが、ああいうところでゴールを決めないといけない


勢いが出る勝ち方だったかと言えばそうでもないが、それでも勝利は勝利

どんな形でもまずは勝つ事から

かったからこそACL出場権も手に入れた

リーグが終わったロス感と悔しさを感じながら、天皇杯に向けて闘志を新たにしたい

↓お疲れさまでした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:59 | Comment(3) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする