自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年06月25日

新潟戦 速感

チャンスは作るもなかなか決め切れない中で、
やはりセットプレーで状況を打開出来るというのは
凄く大きい

前節までやマルヤス岡崎戦とは打って変わり
前半はチャンスを作るも得点を奪えなかった

逆にカウンターから新潟に攻め込まれて
危険なシーンもあり、特に20分過ぎには
PA外からのミドルがバーを叩き、その跳ね返りを
押し込まれそうになった

何とか事なきを得たけれど、これが決まってしまっていたら
試合展開と結果は大きく違っていただろう

後半に入りやっと得点が産れる

右からのCKに山本がフリーで合わせて
キレイにゴール・・・かと思いきや
相手GKの素晴らしい反応で跳ね返さた

だがこの跳ね返しが小さくPJが拾うとそのままシュート

相手DFの足に当たりながらもこれがネットを揺らしてくれた

この後も時折新潟に攻め込まれるも
残り20分を切ったところで追加点を得られた

このところ確実に存在感を増しつつあるレアンドロが
元ブラジル代表の実力なのか、PJからのスルーパスを
『絶妙』なトラップで相手GKを釣り出し、
突っ込んできたところをちょこんとループでゲットゴール

全てが狙い通りなら、技術も判断も兼ね備えた素晴らしいゴールだった

この後、レオ・シルバが新潟戦という、特別な意味を持つ試合で復帰を果たし
得点こそ最近にしては少なかったものの、
結果としては文句なしに合格点が貰える試合だっただろう

もちろん内容に目を転じれば、修正点はまだ多い

選手・スタッフには結果には満足してしっかり喜んでもらい、
その後しっかりと内容を反省し、次戦以降に反映してもらいたい

↓お疲れさまでした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:57 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テネリフェ昇格出来ず

柴崎が所属するスペイン2部のテネリフェだが、
昇格P.O.に駒を進め、1stレグをホームで1−0で勝利し、
1部昇格に後一歩のところまで近づいたが
今朝がた行われた2ndレグでまさかの(?)の1−3で敗退し
来期からの昇格の夢は泡と消えた

これで柴崎が来季何処のチームに所属するか、
また先行き不透明になる可能性が出てきた

リーグ終盤、ゴールにアシストにと見える結果を出した柴崎に
興味を示すクラブは少なくは無いと思うのだが、
とは言え移籍直後に適応障害で離脱していた過去は
他欧州クラブとしてはリスクとして捉えるだろう

仮に来季所属チームが見つからない様な事態となれば、
依然鹿島との関係は良好だろうと思うし、復帰という可能性もある

だが、今の鹿島はやっとチームとしての歯車が回り始め
DFでは三竿健が徐々に信頼を掴み取りつつあり
レオ・シルバ、永木と小笠原の牙城に挑まんとしている

また久保田やレンタル中の平戸等、
何とか階段を登らんとする選手にとってみれば
内心複雑なものもあるだろう

この2部残留が今後鹿島にとってどのような影響を与えるのか

今度も注目だろう

↓まあ実力的にも興行的にも帰ってきて欲しくもあるんだけどね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】




posted by knz at 13:09 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

2017Jリーグ第16節 ”希望”スタメン

消化が1試合少ないながら、現在首位と勝点差4で
4位につける我らがアントラーズ

少なくとも上にいる柏・C大阪、同じく消化の少ないG大阪がコケるまで
我々は勝点3を確実に積み上げていきたいところ

そんな中で行われる第16節の相手は、現在最下位に沈む新潟

単純に考えれば絶好の相手ではあるが、
昌子もコメントしているように、
選手個々の能力としては決して低いチームではない

元代表の矢野や田中(達)、世代別の鈴木武蔵等々
攻撃陣にタレントもそろっている

札幌戦、マルヤス岡崎戦とクリーンシートが続いたが、
実際にはそこまで安定した守備力が整っているわけではない

気を緩めれば足元を掬われることも有り得る

90分間気を引き締めて戦い抜いてもらいたい

JL16-01.png

この試合、レオ・シルバがベンチ入り出来そうとのこと

昨年まで新潟に所属し、チームの中心だった彼にとって
この試合には特別な意味もあるだろう

ピッチに立つ・立たないに関わらず、新潟のサポーターに
その姿を見せる事を一つの目標にしてリハビリに励んだに違いない

少なくともベンチには入ってくれることを”希望”したい

先日のマルヤス岡崎戦で、各選手良いアピールをしていたが、
それでも札幌戦からメンバーを変えたくなるのは
元々中心の遠藤と、MVPだった安部位だろうか

とは言えこのところレアンドロも結果を出しており
メンバー選びは難しいところ

金崎の足首の状態にもよるものの、金崎にはスタメンとして
試合を作ってもらいたい

先制出来れば早々にPJと入れ替え、得点に来た新潟の
裏を狙っていきたい

逆にもし先制されたり同点のまま時間が過ぎ、相手が引き始めたら
高さのある鈴木と、中でアイデアを出せる安部を投入し
状況の打開を狙いたい

エンターテインメントとしての側面を考えれば
出来ればどこかでレオ・シルバを投入して欲しいが、
こればっかりは試合が進んでみないと何とも言えない

厳しくない状況を作り上げた上での投入をしてあげたい

ハッキリ言ってしまえば、今節上位陣はみな
『負けるはずがない相手』との試合ばかりで
もし勝点3を得られなければ、一気にその差を広げられてしまうだろう

鹿島もキッチリ勝利を収めたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:48 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする