自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年04月24日

柴崎、電撃復帰?

今シーズン開幕前、急転直下でスペイン2部テネリフェに移籍した柴崎だが、
体調面など諸々の事情で出場時間を伸ばせず、
チーム事情も相まって、彼の地のシーズン終了となる今夏に
退団、一転Jリーグへ復帰する可能性が出てきたとの事

この情報、喜んでいいものか複雑なところ

もちろん柴崎の復帰となれば、DH層が厚くなり、
中盤の構成力は高まるし、何より昨シーズンに『出来上がった』システムを
再現することが出来る=いつでもベースとなる場所に帰れる事となる

長丁場を戦う中で、このメリットは小さくない


だが、正直そんな良いことばかりでもないだろう

鹿島DH陣は多く在籍し、枠が2つのところに
小笠原、レオ・シルバ、永木のレギュラー組に加え
三竿健と久保田がおり、梅鉢も控えている

ここに再び柴崎が加われば、DHばかりが一気に人員過剰となってしまい
チームとしてバランスを欠く事となる

もちろん実力がモノを言うプロの世界なので、
試合に出られない選手に気を使う必要はないのだが、
将来的を見据えたとき、次の世代が育っていないのも考え物

もっともこれは、4−4−2に拘らず、
4−3−1−2等DHを厚くするシステムに変更すれば
解決する問題なのかもしれないが・・・

とは言え、鹿島で10番を着けた男の復帰は、
ここまで波に乗り切れない鹿島にとっては間違いなく朗報だろう

今まで実践しようとしては失敗してきたターンオーバー制に
今度こそ成功出来るのかもしれない

まだ鹿島に連絡はなく、何も決まってはいない状態だが、
まずは柴崎の気が十分に済むまでやり抜いてほしい

その上で、(周りが何か言おうとも)自分なりの納得が出来る答えにたどり着き
残留にしろ、復帰にしろ、新たな可能性を模索するにせよ
充分に考えてベストと思える方法を選んで欲しい

↓柴崎の2列目起用って手もありえるか・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら




posted by knz at 22:19 | Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

磐田戦 雑感

片や19本ものシュートを放っても得点を奪えなかった鹿島と、
半分の8本しかシュートを撃たないでも3点を奪った磐田

決して相手GKが神セーブを連発したわけではない

『確実に決められる』場面も1度や2度ではなかった

昌子が試合終了後のコメントで『完敗』という言葉を使ったようだが、
これを完敗とするならば先は無い

自分たちのミスで自滅した事を、しっかりと見つめているのか疑問に感じる

ミスで負ける事は、決して『実力では負けてない』と言いたいわけではない

『勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし』ともいうが
ミスも含めて実力なのだから、当然その重みが軽くなる事は無い

『完敗』という言葉を使えば、磐田の実力が高かったから
自分たちがミスをしてしまったと自己暗示してしまう

昨日の試合、確かに失点シーンは上手く決められたのかもしれないが、
試合全体を見通せば、鹿島が勝手にミスをして負けた試合

しっかりと『自滅』したことと向き合って、どうすれば自滅しないかに
自分たちなりの答えを模索し見出さなければならない


レベルの高いチームになればなるほど、トリッキーなプレーではなく
一つ一つのトラップやキックといった『当たり前』な技術の高さに驚かされるという

鹿島も、真の強豪を目指すのならば、決められる時にきっちり決めきる

そんな当たり前の得点を増やしていく事が大切なのだろう

↓難易度高いゴールも、ごっつぁんゴールも同じ1点なのだから
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら



posted by knz at 22:42 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

磐田戦 速感

ひどい負け方

磐田はお手本の様なクロスからのヘッド弾
こぼれ球をダイレクトミドルをズドン、
シュートコースが無いところでGKの頭上を抜くダメ押し弾

どれも素晴らしい得点を奪った

対して鹿島は、後半だけでもPJがGKと1対1になるも
正面に蹴って弾かれ、土居へのクロスなのか中途半端なボールを蹴り
土居も永木も金崎も決定機を決められず、1度や2度ではなく6点7点分くらい
自分たちのミスで、焦りでゴールを逃して終わってみれば0−3と
惨敗を喫することとなった

更に言えばPA内で金崎が倒されるもノーファールだったり
この試合の佐藤主審のジャッジもあってイライラが募る試合だった
(佐藤主審への不信感も未だにある)


1点入れば立て続けにゴールを奪えそうな雰囲気はあったものの
その1点が遠かったこの試合

ジュビロの守備陣も頑張ったのだろうが、
鹿島攻撃陣が焦って自分たちでチャンスを潰した印象が強い


レオ・シルバが入ってからは改善されたが、
サイドチェンジが相変わらず少なく展開が苦しくなる

相手PA付近まで押し込んで跳ね返されたボールは
後ろを経由して逆サイドまで運ばれるが、これは相手にとって
脅威にはならない

ビルドアップの時点で逆サイドを意識して使っていかないと
相手の密集にやみくもに突っ込んでいくだけになり、
その後相手に逆に逆サイドのスペースを使われてピンチに変わる

別に一発の大きなサイドチェンジではなくても
スムーズに相手選手の走行スピードより速く
逆サイドまで流れれば、そこから鹿島の技術力が発揮されれば
今日の磐田の様にブロックを固める相手でも陣形が乱れたんではないかと思う

1失点までは良かったが、中村の2点目が痛かったな

あれで今日の鹿島はゴールを少し焦ってしまったきがする

今更だし結果論ではあるけれど、もっと落ち着いてゴールに迫れば、
決して追いつき追い越せない相手ではなかった様に思えた

まとまりもありませんがこの辺で

↓お疲れ様でした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら




posted by knz at 17:38 | Comment(1) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする