自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2011年12月31日

今年も色々ありました

簡単に振り返ってみましょーか


1月1日…天皇杯優勝!これしかないでしょ〜!

3月6日…開幕戦 3-3での引き分け 3得点よりも、いきなりの3失点に不安が残る…
3月11日…東日本大震災 ものの価値観から変わる出来事だった

4月23日…J再開 横浜に3失点を喫する

・・・

若干面倒になったので、はしょって行きます


10月29日…ナビスコカップ優勝! こんなシーズンだったのにタイトルをもたらしてくれたチームに感謝!

12月3日…結局6位で終着 なにはともあれ、震災後、シーズンを最後まで進められた事に感謝である

12月17日…天皇杯4回戦、丸亀にて終戦 


他を見ても暗いニュースが多かった今年
明るくなる要素の見つからない来年

だけど、そんな中でもチームはナビスコを獲ってくれた

不完全燃焼だったかもしれない1年だったけど、
また来年!頑張ろう!


↓皆さま、良いお年をお迎えください
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 02:58 | Comment(2) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

J2大躍進!

今年の天皇杯、史上初の快挙が起こった

1965年に日本リーグが発足して以来
トップカテゴリー以外のクラブが天皇杯の決勝に進んだのはたったの3回のみ
(1966年の早稲田大学、1969年の立教大学、1987年のマツダSC)

そして、下部カテゴリー同士の決勝は史上初のことだ

J2からの昇格1年目の柏がJ1を制したことや
今季J2優勝のFC東京とましてやJ2で7位の京都の天皇杯決勝

いまやJ2とJ1の格差は以前とは違い縮まってきているのかもしれない


決勝に進んだFC東京の大熊監督は昨日のインタビューで次のようにコメントしています
「戦う中で、J2だからという言葉が非常に多かったんですが、
今のJ2は監督の情熱、工夫だったり、色んな環境の中で頑張っている選手たちがいる。
そうした中で揉まれてきたからこそ、この力が発揮できたと思っています。
〜中略〜
結果を出してJ2の情熱、強さ、厳しさを表現したかった。」


彼らは必死だ

J1に昇格することに
プロとしての地位を確立するために

J1であれば、自他ともにクラブをプロとして見る
選手は、自らがプロに相応しい選手に成長出来る様に頑張るが、
J2以下のカテゴリーでは
クラブをプロとして周囲に納得してもらう必要がある

そんな中クラブとしても、選手としての成熟させていく中で
チームとしてのまとまりや個人個人のスキルを
どうフィットさせていくかが確立していくのかもしれない

鹿島は幸運な事に過去20年間、強豪クラブとして認知されている

だが、このJ2同士の決勝は、
過去の栄光や評価に胡坐をかく事なく
常に真摯な気持ちでチームを成長させなければならないのだなと
感じる出来事だった

もう、鹿島の20周年は終わった

↓21年目は、新たな1年目としてのスタートとしてほしいと思う
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


posted by knz at 12:52 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

乾杯!

野沢の移籍がとうとう決定しましたね

とてもショックだし…戦力的なダウンという事より
仲間が一人旅立ってしまう事への寂しさと言った方が正しいのかもしれない

だけど、だからこそ私は野沢の決断を喜びを持って見守ってあげたい
特に長渕好きではないのですが、
ニュースを見て自然に頭に流れた曲

乾杯 (作詞・作曲 長渕剛)

かたい絆に思いをよせて
語りつくせぬ青春の日々
時には傷つき時には喜び
肩をたたきあったあの日

あれからどれくらいたったのだろう
沈む夕日をいくつ数えたろう
ふるさとの友は今でも君の
心の中にいますか

乾杯今君は人生の大きな大きな
舞台に立ち
遥か長い道のりを歩き始めた
君に幸せあれ



野沢、17年間鹿島にいてくれてありがとう!
神戸でも頑張ってくれよなっ!


↓でも、だからこそブーイングはスゲーよ!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 00:00 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする