自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2012年09月30日

G大阪戦 動画&速感



現在の実力と結果、そしてゲームの内容を見れば
引き分けという結果は妥当以上のもので、
負けていたとしてもおかしくない内容だった

とは言え、サッカーは必ずしも強いほうが勝つ訳でもないスポーツ
後半ロスタイムまでリードしていたことを考えれば
勝ち切って欲しかったし、こういう試合で勝ち切れないのが
今シーズンの苦境を招いているとも言えるだろう


システムの関係か、1人1人の気持ちの問題か
Fマリノス戦に比べて攻守ともに連携は良くなっていた

中盤が厚みを増した事によってバイタルでのボール回しがスムーズになり
レナト・ドゥトラ等の連携も大きく改善されたように見える

守備についても本田を中盤の底に入れることで
最終ラインにかかる負担が減ったようにも見えた

だが、最後のところ
レアンドロの2発を防げなかったのは
やはり気持ちの問題か

G大阪で、最も得点力が有り、最も警戒すべき男に
2度もフリーでボール扱わせてしまうという失態を犯してしまった
original.jpg

今の鹿島の得点力で、2点取られてしまってはなかなか勝ちの目は出てこない

とは言え前半で2点取ったのだから
後半もっと積極的に3点目を狙わなければならなかった

今の鹿島は『1点取れば勝てる』と言われた3連覇中とは大きく違う

失点の恐れは以前に比べ増しており、
得点力的にも大量得点は期待しがたい

つまり、結果としては妥当以上のラインに落ち着いたとも言えるだろう

『勝ちきる』という、以前の鹿島であれば
最も強く意識され、最も得意としていた事が
今シーズンは出来ていない

だが、ポジティブに考えれば、
問題点が多すぎて、何がなんだか分からなかった状態からは
確実に脱却出来たとも言えなくもない

一つ一つの精度を高め、最後まで気持ちを緩めない
鹿島に、代々受け継がれ、もっと受け継いでいかねばならない『心の強さ』を
今一度引き締めて伝えていって欲しい

↓こういう『勝てる試合』をモノに出来ないのが今の順位に現れているんだな・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 11:08 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

第27節 ”希望”スタメン

第27節予想.png

結局フォーメーションは4−2−3−1との事

DH2枚は小笠原、本田に先発で行ってもらい
最近疲労の色が濃い柴崎は、体を休ませつつ、2人のプレーから色々吸収してもらいたい

対策が練られ、あまり効果的な突破が最近見られないドゥトラはベンチとし、
中盤が厚いことで、若干でも守備の負担が減れば
遠藤の良さも出る可能性が高くなる

レナトはセットプレーも含め、なんだかんだ言われても
今は出てもらうしかない

もう1枚のMFは、若き日の本山を彷彿とさせる土居を起用してみたい
持ち前のドリブルで若い力を発揮してくれれば
チームにも勢いが出るのではなかろうか

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 11:44 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

X’masツリーに願いを?

サンスポによると、本田をアンカーに据えて4−3−2−1、
所謂クリスマスツリーフォーメーションをテストしているとのこと
(→サンスポ

弊ブログでも、以前に一度”希望”スタメンで採用(?)したことがあるが、
この時は大迫、ドゥトラ、西、小笠原が欠場という
イレギュラーな状況だった
(→新潟戦 ”希望”スタメン

【キーマンは本田】
この時はネガティブな要素から4−3−2−1としたわけだが、
今回大きく違うのが、本田をスタメンで計算出来るというポジティブな要素が加わっているということだ

本田はエスパルス時代、4−1−2−3のフォーメーションで
要となる「1」の部分、アンカーを任され存在感を示し
代表にも常連となった選手である

鹿島でも、まだ本来のパフォーマンスを見せているとは言えないかもしれないが、
独特の間合いからのボール奪取能力や
岩政絶賛の周囲との連携能力を示してくれている

本田拓也というタレントを用いる際、アンカーという配役はベストだろう

このキャスティングにより連動した守備が発生し、
まずディフェンスが安定してくれることを望みたい


【悩ましい2列目の配役】
さて、先ほどのサンスポの記事によると、本田をアンカーに据えて1トップは大迫とのこと

と、いうことで大まかに考えて布陣は下の様になるだろう
4-3-2?-1.png

ここで単純には決まらないのが2列目であろう

X’masツリーと言えば、アンチェロッティ率いたミランが一番思い起こされるのであるが、
この『正統派X’masツリー』での2列目は
カカ、ルイ・コスタ、セードルフといった万能型のMFが務めることが多かった

しかし、このミランの例と大きく違うのがFWで
シェフチェンコ、インザーギと言った『ストライカー』タイプのFWを軸としたミランに対し
今回大迫という『ポストプレーヤー』タイプのFWが1トップとなるならば
自ずと2列目に求めるものも変わってくる

鹿島の得点と言えばMFが取ると言ったイメージが有る(有った?)が、
その起源は1998年〜2001年頃にあるだろう

すなわち現ベガルタの柳沢がポストとなってチャンスメイクし
ビスマルク・小笠原・増田・etcといったMF陣が着実にゴールを重ねていく

ポストタイプの大迫を1トップに据えるということは
すなわち2列目以降の得点機会を増やすということになるだろう

3枚のディフェンシブ(セントラル)ハーフから大迫に楔が入り
2枚のオフェンシブハーフが追い越す動きや落としを受ける
もしくはビルドアップしてきた3列目(小笠原・柴崎・本田)に落として左右に展開してのサイド攻撃
そんな形を目指すのではなかろうか?

となると、2列目に必要な能力はドリブル力ではなく
シュート精度・判断力が重要になってくるだろう

となると能力的にはレナト・本山となろうか?
しかしジョルジは本山についてはベンチに置いておきたいスーパーサブとして見ているようなので
スタメンにはもう1枚、手札が必要になってくる

最近のトレンドで順当に選べば遠藤となるのかもしれないが、
ここは弊ブログ一押しの増田に期待したい

元々シュート力(威力・精度)が有り、パスも出せ、
フィジカルについては代表でも特記される選手である

今シーズンここまで不調が続いているが、
このフェーメーションで、それぞれのポジションを担う選手との関係を見れば
十分に増田の能力を活かす事も可能だろう

X’masツリーに願いを
『鹿島』と『増田』
共に崖っぷちに立たされている両者の復活を願うばかりだ
t02180267_0218026710591970101.jpg

↓イヤ、ほんとに崖っぷちだと思うよ、鹿島も増田も・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 14:06 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする