自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2013年02月28日

岩政復帰!激化する鹿島DF争い

岩政は開幕戦OKとのこと
DF岩政 開幕OK!鹿島の全体練習に合流

守備が崩壊していたというわけでもないが、
J2水戸を相手に2失点を喫し、初めて勝ちきれなかったワケで
開幕に向けて守備に全く不安がなかったと言えば嘘となろう

目玉ルーキー植田こそ今日明日と母校の卒業式のため2日間チームを離れる影響も有り
開幕戦はベンチ外の可能性が高いとのことだが、
岩政が開幕には復帰ということであるから
CBは岩政、青木を軸に山村、中田、昌子、植田の6人全員が
怪我がなくポジションを争うことになる

鹿島は各ポジションでレギュラー争いの激しいと言われているが、
CBに比べ他ポジションではレギュラーと思われる選手とそれ以外の選手では
若干実力差が感じられるのも事実だろう

だが、ことCBに於いては
高さ・強さ・理論派の岩政
万能型でスピード・フィードも安定している青木
ポジショニング・ビルドアップに優れる山村
バランス感覚とカバーリングと元祖イケメン、中田
「1人対1人で鹿島No.1」でパス・フィードに定評の有る昌子
今はまだ『逸材』止まりだが、将来鹿島を背負って貰いたい『逸材』植田
とそれぞれに特徴を持ち、それ故に実力伯仲とも言えるだろう

昨年怪我で戦列を離れたとはいえ、
それまでルーキーの山村がレギュラーポジションを勝ち取っていた

今のCBは誰がレギュラーとなってもおかしくない

この争いで切磋琢磨し、強い鹿島の象徴である『点を取られない守備陣』を
再構築して欲しい

↓でも、今年は山村の話題が少ないのは気になるな・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 12:05 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

遅くなったけど、水戸戦雑感

PSM水戸戦

結果だけ見れば2-2と
水戸に初めて勝てなかった試合ではったが
試合に持たせた意味合いという意味では
満足とはいえないが、だからといって憤懣やるかたないということもない


まずディフェンダーとしては、
予想と”希望”に反して昌子がスタメン

昌子-青木のCBは可もなく不可もなくといったところだったか

ただ、鹿島のCBとしては、
違いを見せられなければ満足出来ないわけで
残念ながら合格点とは言えない内容だっただろう

ここで昌子が、自分の持ち味を何か1つでも存分に発揮していれば
また印象が変わろうというもの

ディフェンスが全全ダメなわけじゃない

だけど鹿島では、プラスαが常に求められる

SBの中田は、個人的には無しな内容だった

もちろん昨年まで鹿島の左SBを務めたのが
新井場徹という何故代表に呼ばれなかったのかが不思議な
類まれなる名SBだったため
求める水準が自ずと高くなりがちなことは認める

だが、前半の様な手堅い時間、中田浩二のオーバーラップは極端に少なく、
逆に後半の様に高い位置でのポゼッションを図れば、
ボールを失った際の戻りは遅い

CBでもSHでもないSBは、上下動を全うできなければ
及第点すら与えることは出来ない


小笠原&柴崎は安定したパフォーマンスを見せてくれた

柴崎はこのオフでも更に成長したのか
ヂフェンス力が更に向上したように思えた

もちろんそこには小笠原のポジション取りだったりプレッシャーだったりが
少なからず影響を与えて入るのだろう

今年もこの2人がこのポジションの軸になっていくことに
疑いの余地はなさそうだった


MFでは、野沢は相変わらず野沢だった

間のとり方、キック精度、パスの距離感等々個人技術もさることながら、
チームとしてパスの出しどころ、強さ等
いわゆるコンビネーションのところで大きな隔たりは無さそうだ

コンビネーションを良くするためには、他選手と共に出場時間を伸ばすことが最良であろうが、
現状のレベルであれば、開幕からスタメンで出場しても
それほどギクシャクすること無くプレーすることが可能だろう

両FWとも得点を奪い、一見好調の様にも報道されているが、
はたしてそうだったのだろうか?

確かに大迫もダヴィも良く絡めていた

特に大迫は、トラップ1つとっても
本当に人の見本になる位懐は深くコントロールの効いたトラップを連発しており
今シーズンも引き続きトップでポストを安心して任せられそうだ

ダヴィはまだ若干体が重いのか、それとももうこの程度なのか
強靭な肉体を使い、有利な形でボールを扱いそこから強引にかっさらう

そんなダヴィの姿を正直期待していた
だが、まだまだ身体が出来ていないのか、
今日は私のイメージに有るようなプレーはあまり見られなかった

セレーゾ曰く
「ボールを使ったメニューはまだ数回しかやっていない中、いい動きだった。」
と言うように、チームとしての成熟はまだまだこれからだろう

とは言え、昨年よりも選手たちはノビノビとプレーしていた様にも感じられた

開幕までもう1週間を切った
今更も何も、ジタバタと色々やっても意味は無い

腰を据え、開幕戦までにやれることを着実にやって
チームを高めて貰いたい

↓個人的には、植田も見たかったが・・・まあ、出ている選手をまずは応援しないとね!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 18:21 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

PSM水戸戦 ”希望”スタメン

と、いうわけで今年も引き続き”希望”スタメンを

PSM水戸戦.png

【GK】
ま、ここはまだ曽ヶ端の牙城を崩せる選手は出てきてなさそう
佐藤ももう一人前のGKではあるのだが、
一人前と一流とではまだまだ開きがあろう

【DF】
次にディフェンスライン

岩政の負傷から植田がスタメンとなることが予想できるし、
また、この時期にガチンコ勝負での植田のプレーを見れることは
願ってもないチャンスだろう

ここで左SBは、新加入の前野ではなく中田を起用として欲しい

トルシエの元、代表での左CBや
オリンピック・マルセイユで左SBを務めたことはあるものの
基本的にはピッチの中心軸でプレーする選手としてのイメージが強い

もちろん新加入の前野も見たいが、
開幕戦でも植田がスタメンとなる可能性も有り、
また高さのあるサガン鳥栖が初戦の相手ということもあるので
ここは左
左SB中田をスタメンで見てみたい

【MF】
DHは柴崎と小笠原でほぼ決まりだろう
本田・青木・山村・中田・梅鉢と
実力者が多く選手層の厚いポジションではあるが、
この2人は鹿島の中での存在感という意味では突出しているだろう

もちろん小笠原を早く追い越し、スタメンの座を奪う選手が
早く出てきてくれないと困るのだが
まだまだ現段階ではこの2人がファーストチョイスとなるだろう


OHは非常に迷ったのだが、
”希望”スタメンということで、
今シーズンこそは鹿島の10番・本山雅志に完全復活して欲しい

復帰の野沢は、ここで主力で働いてもらわなければいけないし
遠藤・土居・宮内・川島と次世代を担ってもらわなければならない若手を
プレーで引っ張ってもらうために
この2人のスタメンを希望したい

また、ジュニーニョの調子も良いということだが、
確実に計算出来るバックアップ要員がタイトルには必要不可欠なので
本山をスタメンに入れるとなればジュニーニョをサブとしておきたい

【FW】
日本人選手を戦術の軸とし
外国人選手はあくまで『助っ人』とする鹿島の伝統として
FWの軸は大迫であろうし、そうでなければならない

ではもう一人のFWをどうするか?

ダヴィの得点力は魅力であり、実力に疑いの余地はないのだが、
現時点ではまだトップパフォーマンスとはいえなさそうだ

ここは新加入の中村をFWとしてスタメンに並べ
本山-野沢-中村3人+大迫の変則4-4-2(1+1)という
キャンプでも多く見られた形から入って欲しい

勿論ダヴィも見たい

あまり遅くならない時間に出て欲しい

兎にも角にも、鹿島新たな戦いの日々が今日からまた始まる

各選手、大きな怪我をせず、それぞれの本領を発揮して
充実したシーズンの始まりとして欲しい

↓ところでこのPSMって、ベンチ入り・選手交代何人まででしたっけ?
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 09:24 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする