自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2013年08月31日

柏戦 超速感

大迫の4戦連発ゴールから
ジュニーニョの2発!

途中1失点は有ったものの
終始危なげなくゲームをコントロール出来た

正直失点シーンが、
怠慢プレーからという印象が強くて
素直にジュニーニョをMVPに推したくはないが
最後にスタンドで勝利を分かち合えたから良しとしよう(笑)

これでまた首位との勝点差は6
まだまだこれからだ!

↓お疲れさまでした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブロ

第24節 ”希望”スタメン

首位横浜と勝点差9
今日を含めて残りは11試合

仮に横浜が勝ったとして、
鹿島が負ければ残り10試合で勝点差12となり
可能性としては優勝もあり得るが
現実的にはかなり厳しく、逆転優勝は『奇跡』と呼ばれる類の戦いとなる

昨日も書いたが、
横浜はなぜか大宮を不得手をしている模様なので
是非ともここで勝点差を詰めておきたい

第24節.png

【中村・遠藤・土居の2列目争い】
ダヴィは来週の天皇杯からの復帰が濃厚らしいので
中村・遠藤・土居が2列目の2つの・・・
ジュニーニョの不可解な(?)重用ぶりを考えれば
1.5個のイスを争う事となる

焦燥感からミスを連発されては困るが、
自分らしいプレーを、今の自分の実力を
存分に発揮して欲しい


【レオナルドと大迫】
大迫は2試合連続の2ゴール中
今日2得点を取れば、鹿島では実に95年のレオナルド以来の
3戦連続マルチとなるらしい

大迫は現在1トップで伸び伸びとプレーをしており、
自然と得点数も上がってきているが
ダヴィの復帰間近との事で複雑な思いもあるかもしれない

今後も1トップとして君臨したいのならば、
試合で自らの価値を示し続けなければならない

で、有るならば今日の試合も期待したい

(もちろん、仮に1.5列目となったとしても
 レオナルドは鹿島在籍時、1.5列目でプレーしながら
 61試合36得点とゴールを量産したわけで、
 大迫もそれくらい出来ると思っている)

【鷹匠小笠原、梅鉢を飛ばせるか?】
梅鉢はその運動量と身体の強さで、1対1での強さはあるが、
ハッキリ言って、ポジショニングや連動性と言う意味では
まだまだ伸び代の大きい(つまりはまだまだ)選手だ

前節は、コンビが若い(と言っても精神年齢は高いが)柴崎より
ビシバシと小笠原から指示を受けた方がプレーしやすいし
勉強にもなるだろう

DHはサッカーのフォーメーションの中で要のポジションであり
DFとは違った意味で経験値がモノを言う世界

アクシデントからとはいえ、
2試合連続してスタメンの座を掴めるのであれば
今節はその力をアピールしてもらいたい

【応援するのみ!】
守備の面での不安は、正直振り払えきれてはいないが、
前節は柴崎の負傷からゲームプランが狂ったこともあるので
あれこれ悩んでみても始まらない
(もっとも、いずれにせよ一サポーターがあれこれ悩んでも意味は無いのだが・・・)

我々サポーターは、色々な思いは有るにせよ、
ゲームとなれば選手と監督を信じ応援するのみ!

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブロ

2013年08月30日

ここで踏み止まれば、まだまだ道は開けている!

悪夢の様な逆転負けから中2日
明日はもうリーグ第24節ホーム柏戦

悔しい敗戦から間を開けずに臨める試合だからこそ、
ここでスッキリと勝って勢いを取り戻したいところだ

【闘志を燃やす小笠原】
エスパルス戦、累積警告で出場停止だった小笠原
自身が出られない中での逆転負けはさぞかし悔しかったことだろう

ましてや自らの役割を任せた柴崎が負傷退場し
ボールの中継点を失っての敗戦
チームの中心となって久しい小笠原ならば、
なおの事責任を強く受け止めているに違いない

休養十分の闘将は、いつも以上のパフォーマンスを発揮してくれるだろう

小笠原が良ければ、鹿島全体が良くなるのは
これまでの経験上明白であり
それだけで今節は大いに期待出来る試合と言えるだろう

【絶好調の大迫に更なる追い風】
代表病という言葉がある

代表に選出され、ある時はそれぞれのチームのやり方の狭間で悩み調子を崩し、
またある時は代表での活躍を期するためか、
怪我を恐れ消極的なプレーに終始しパフォーマンスを落とす等々が
代表的な症状だ

だが、大迫は違った

五輪代表から漏れ、よりストライカーとして大きく成長し、
東アジア選手権でA代表に選出・得点を決めてから、更に自信をつけ
その後7戦9発と好調をキープしている

ここでまた代表に選出された事で
気持ち良く試合に臨めるだろう

遠藤・土居を中心に周囲とのコンビネーションも良く
得点のパターンも豊富である

前回の対戦(第16節)では、フリーのシュートを外し
その後逆転負けを喫した悔しい試合でもあった

勢いを取り戻すのにこれほど相応しい試合も無い

・代表選出
・周囲との連係向上
・前回対戦のリベンジ

これらの布石が、活躍への更なる追風となるだろう
今節の大迫にも期待している

【密かに首位との差を縮めるチャンス】
首位横浜は、今節『絶不調』大宮と対戦
大宮と言えば今シーズン、我々鹿島アントラーズが持っていた
連続不敗記録を大きく更新し、シーズン前半では独走で首位を走っていたが
ここにきて泥沼の8連敗と大きく調子を崩している

だが、考えてみれば、毎年大宮は降格争いに身を落としつつ
最後の踏ん張りでJ1にしがみ付いてきたチーム

こういってはなんだが、平均的にならせば
例年から大きく後退した訳ではなく、
現在勝点36という数字はほぼ降格の危険はなく、
むしろ圧倒的に良いポジションにいる事には変わりない

そんな大宮は、例年残留争いをしていても
何故か横浜には相性が良い
今季J1に所属するクラブの中で
横浜とC大阪のみ勝ち越しており、
特に大宮ホームでの横浜戦では今まで7戦して1度も負けはない
横浜にとっては鬼門とも言える存在であり
オカルトとは言え今節もそれを期待すれば
まだまだ上位との差を縮める事は可能だ

元より諦めの悪い我々アントラーズサポーターは
可能性が潰えるまでは逆転優勝出来ると信じて疑わないわけだが
今節は特に勝点差を縮めるビッグチャンスと言えるだろう

その為にも、まずは勝利を!
絶対に勝点3をゲットしよう!

↓そろそろ土居のゴールも見たいんだけどな・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブロ