自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2013年10月31日

いやいや、みんなずっと言ってたよ・・・(2ステージ制)

お粗末!!Jリーグ2ステージ制、欠陥発覚で“白紙”に…

【みんな知ってたよ?】
いやいや、様々な欠点や欠陥は一般ブログだけでなく、
さまざまなメディアで記事にされてきた

それを今初めて欠陥が見つかったかのような物言いには
多分に違和感を感じる

こんな当たり前な欠陥も見逃していて
彼らのいう『十分に検討』してきたとは思えない

結局導入有りきで『議論のフリ』を重ねてきただろうとしか思えない


【そもそも、どうなの?】
個人的には、2ステージ制やポストシーズン制の導入について
私は断固反対の立場ではあるが、
Jリーグの財政が逼迫した状態で
何かしら緊急に手当しなければならなかった

・・・というなら理解できる

そもそもJリーグは公益財団法人日本サッカー協会と
公益社団法人日本プロサッカーリーグの主催のもと
加盟各クラブが主管団体として運営されている

公益法人は、非営利団体に分類されるのだから
ざっくり言えば各クラブの財務が健全化すればいいことになる

2012年のJリーグ財務諸表を見てみれば
昨年の当期純利益(損益)は約2億円の損失となっているが、
まあ、鹿島も若干その損失に貢献しているのだが、
何と言っても横浜FMの損失が莫大すぎるのがわかるだろう

仮に横浜FMの収支が±0だとすれば
Jリーグ全体では4億円の黒字となる

Jリーグライセンス制度の導入で、
今後Jリーグ加盟クラブの財務状況は改善されている状況になるだろう
※ただし、財務制度が『3期連続』での赤字を許していない
 →『2期連続の赤字+1期の粉飾黒字』という
 さらに財務体質が悪化するクラブが現れないとも限らないが・・・

で、あるならば今回の『喉から手が出るほど欲しい』10億円は
一体何処に手当するのだろうか?

横浜FM1社に対しての補填として扱われるのだろうか?
赤字クラブ全体に分配されるのだろうか?

確かに有望選手の海外移籍等から
Jリーグ全体での入場者数の減少・露出の減少
そこから生じるであろうスポンサー離れから
将来的に資金面での改善は必要だし
それは悠長に構えていられる問題ではない

とは言え、Jリーグの発展に繋がるとは思えない制度改革が
一時的にもたらす10億円ではなく
Jリーグを発展させる改革案を各方面に理解を貰い、出資を募り
現状2億円の損失補填を行うことの方が良いと思うのだが・・・


【こんなんどう?】
2シーズン制にするんではなくて
東西2リーグ制とか

んで、最終戦後に日本シリーズ(笑)

降格クラブは、日本シリーズで負けた方のリーグから2チーム、
勝った方から1チーム

とかね

場所が多少なりとも近くなれば、
スタジアムに足を運びやすくなるし
地元に近いクラブで有れば視聴率も上がるかもしれない

グループのワースト2位は、グループ首位のチームを日本シリーズでは応援するので
ある意味2倍のサポーターを取り込める

とかね

思いつきレベルのアイデアだけど
春秋制や秋春制との絡みが何もないならば、
この案の方が、1時的な財政改善案としては
簡単で現実的、少なくとも分かりやすさと平等感は
上だと思うのだけどどうだろうか?

少なくとも、欠陥が有ったことを公表し、
再度見直す姿勢を示したことは、評価出来るだろう

議論を重ねる必要は無い

議論は1度でも良い
どの様な手法が今後のJリーグにとって良いのかを
真剣に熟考した上で議論を行って欲しい

↓まずは野球のように文化として定着させることだと思う
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブロ

2013年10月28日

川崎戦 速感

展開としては、おそらくほぼ狙い通りに4−1で快勝!
依然として首の皮1枚でとは言え、
優勝戦線に踏み止まった

【先制パンチが決定打】
この試合は、どちらが先に有効打を与え
ゲームの主導権を握るかがポイントだったと言えるだろう

序盤、川崎に押し込まれるなか、
相手DFのミスを逃さず決めた土居の先制点で
ゲームの流れを先に掴んだ事が全てと言える

おそらく、川崎に先制されてはゲームは厳しくなっただろう

先制されれば、同点に追いつくべく一気呵成に攻め込まねばならないが、
その裏のスペースを突く攻撃は、川崎からすればお手の物と言える

お互い抜身の刀での立ち合いの中で
相手の攻撃を受け流し、先に相手に一太刀見舞った事で
その後の展開が決まった

レナト対策としては、おそらくゲームプランとして
スピードのある伊東を、西の交代を折込済みで全力疾走をさせることで対応し、
昨日は中央で柴崎・小笠原とも粘り強い守備を見せてくれた

鹿島が先制したことで、ラインを無理に押し上げる必要がなくなり
その結果というか狙い通りとして、序盤に危ういシーンも作られた
大久保や小林にスペースを突かれるという場面も無くなった

ご託を長々並べたけれど、
要はお互いガードが上手くないボクサー同士
先制パンチを浴びせた方が勝ったという事だろう

【Not柴崎、butセレーゾ采配】
4−0で迎えたロスタイム

勝負の行方はほぼ決していたとはいえ
いや、むしろだからこそこの場面での失点は頂けない

結果としては柴崎のオウンゴールだったが、
足を伸ばしきって足を当てたわけだし、
仮に当てなければ大久保に決められたことだろうから
柴崎に非はなかろう

むしろあの場面で、ジュニーニョに替え岩政を投入したこと自体に疑問が残る

川崎に(高さを使った)パワープレーは無い
愚直にゴールを狙うなら、
スピードを生かし裏を突き、速いクロスを入れる
もしくは速いクロスで揺さぶり開いたところでスルーパスといった形になる

にも関わらず、サイドのスピードで勝負出来る選手を下げ
中で高さ勝負をする選手を入れても効果は薄いのではなかろうか?

結果が出てしまえば何とでも言えるので
こういった批判めいた事を書くのも無意味だが、
守備固め=岩政投入や、守備的な選手の投入ではなかろう

同じ事は、強攻に転じる際に必ずしも
攻撃的な選手を投入しなければならないわけではないのと同じだ
(例として、過去に本田泰人を投入する事で2DHを上げ、攻撃の枚数を増やす事もあった)

チームの勢いと、少しでも得失点差を埋めたいという思いの中で
最後の失点はどうにも頂けない

せめて勝って兜の緒を締める事に役立ってくれる事を祈りたい

何はともあれ、まだまだ崖っぷち
少し日は空くが、気持ちを切らさず歩いて行こう!

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブロ

2013年10月27日

第30節 ”希望”スタメン

『崖っぷち』

今節の川崎戦
優勝を目指すためには、正に崖っぷちの戦いとなる

E7ACAC30E7AF80のコピー.png

攻撃に特徴のある川崎相手に受けに回ってしまっては
常に押し込まれる展開になるだろう

押し込まれた形の中での中村憲剛のスルーパスは
居合の一太刀の如く、一瞬の隙からの失点につながる

押し込んだ形の中であれば、
鹿島の右サイドのスペースをレナトに突かれる恐れもあるが、
それでも勝機を見出すならば、お互いに攻め合う中で
リズムを作り出し、攻め勝つ必要があるだろう

何はともあれ、何度も言うが『崖っぷち』
絶対に勝とう!
2012021502.jpg

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブロ