自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2014年03月31日

横浜戦 雑感

アウェーの横浜戦

スターティングメンバーを見れば
代表・元代表・年代別代表を多く並べ
更にはチームとしても地力のある横浜に
前半0−1で折り返しながら3得点で逆転勝ち

前半、ゲームが落ち着いた後は相手に思い通りにさせなかった代わりに、
こちらも何もさせてもらえなかった展開から
打って変わって鹿島の試合になった

小笠原が試合後にコメントしたように
『相手が自滅しただけ』とも取れるけど
サッカーというスポーツが、先制したチームが
圧倒的に有利になる特性を考えれば
この逆転勝利は賞賛に値する

特に横浜の様に、経験豊富な相手であれば尚更

結果論ではあるけれど、失点した時間も良かったのかもしれない

前半終了間際の失点だったことも有り
ハーフタイムを使っての気持ちの切り替えや
修正点をしっかり伝えられたことだろう

3得点の内容を見ても、全て流れの中から得点しており
開幕3連勝時の様に、セットプレー頼みでもなく、
むしろ縦への積極的なチャレンジから得点を奪ったのが素晴らしい

1失点こそしたものの、『耐えるときに耐へ、攻めるときに攻める』という
鹿島らしい試合展開での勝利で、また連勝街道に乗りたいところ

とは言え、不安要素も有る

前節、不可解なイエローで早くもダヴィが累積リーチとなっているが、
今節遠藤もテンパイした

仮にダヴィ・遠藤の2枚落ちのスタートとなれば
攻撃のキーマンを欠くこととなり全く違うチームと成り下がる危険も孕んでいる

この日、遠藤と交代で入った野沢がスーパーなゴールを決め、逆転したが
『野沢選手がもっと理解しなければいけないのは、昔は彼1人が攻撃だけに専念していても、問題はなかった。
その分、他の選手がカバーできていた。
今のアントラーズは、全員がチームのために走り続けなければいけない。守備をしなければいけない。
自分の最大の能力を発揮するためには、守備をおろそかにすると、残りの10人に負担がかかる。
体力、筋力を身につけて、長い時間、あの高い能力を発揮してもらえればと思う。』

と、セレーゾが実名を挙げてコメントしたように
攻撃という面ではプラスになっても、ディフェンスを見たトータルでは
遠藤に分があると言うのが実情なのであろう

もちろん、今の若いチームは
出場停止という『チャンス』でスタメンを掴み
そこからブレイクする可能性の有る選手が溢れている

赤アやジャイール、達新加入選手も出場機会に飢えているし、
本山や前野たちも常に準備を続けているはず

次は中3日でナビスコサガン鳥栖戦

GS第1節は、3−1で敗れただけに
開幕から1ヶ月と選手を休ませたい時期な反面
すでにもう負けられない試合でも有り
セレーゾがどの様にオーダーを組むか楽しみなところでも有る

小笠原が言うように『僕らはチャンピオンでも何でもない』。

若いチームは好不調の波が大きいとも言われるが、
むしろ若さからの勢いと、曽ヶ端・小笠原等の経験で
このまま勢いを持続して欲しい

↓こういうゲームをセレッソ戦みたいに大入りの試合で見せたかったね・・・!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

posted by knz at 15:06 | Comment(2) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

横浜FM戦 超速感

今季初の逆転勝ち!

前半こそ形にならなかったが、
土居の同点弾が決まってからは、
まるでやられる気がしなかった

失点してからも粘り強く耐え、
逆転までこぎつけたチームは
確実に、少なくとも精神的に成長している

とにもかくにも久々に気持ちのいい勝利だった

↓お疲れさまでした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブロ

第5節 ”希望”スタメン

本日のマリノス戦

昨日も書いたように、中盤を制したチームがゲームを支配するだろう

決して横浜監督樋口さんが、最も警戒する選手として名前を上げたからではないが、
中村俊輔をサポートする中町・富澤を自由にさせては
鹿島の組み立ての基礎となる小笠原・柴崎の負担が増し
終始横浜に攻め立てられるだろう

ここで本山をトップ下に入れることで
彼らに加え、中澤・栗原との駆け引きも可能になる

第5節.png

強行な若手主体での構成で開幕からここまで来たが
勢いが陰って来ている今、そろそろ刀を抜いてもいいだろう

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブロ