自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2015年04月30日

仙台戦 雑感

昨日の仙台戦

試合に先立ち、ネパールで起きた震災に対し黙祷が行われた

未だに復旧が続く東日本大震災に心を砕く小笠原をはじめとした選手達にとって
一方ならぬ思いがあったに違いない

また、このタイミングで被災した仙台と鹿島の試合が行われるというのも
一つの縁(えにし)を感じざるを得ない

さて試合だが、前半は思った以上に仙台のボール保持が続く中
鹿島は集中力を保って最後の一線を割らせない展開が続いていた

特にPA前やや鹿島の右よりからの梁のFKは
曽ヶ端が横っ飛びで手を伸ばすが届かず、
あわやゴールかと思ったが、幸いにしてポストを叩き事なきを得た

やはり仙台のセットプレーは危険だと実感したが、
その後は徐々に鹿島のペースになっていき
小笠原、柴崎、遠藤のシュートから徐々に得点の気配が漂い
スコアレスで前半終了かと思われた前半43分に
このところ遂に精度が高まったセットプレーで
昌子が今シーズン初ゴールを挙げて先制してくれた

この場面、昌子の手前で相手DFの頭を交わし
昌子が低い体勢で頭を合わせたことを考えれば
ほぼ狙い通りにボールを曲げて昌子の頭に合わせたのだろう

キックの正確さが光ると共に、昌子としてもボールを信じて
ブラインドとなる中で軌道に合わせて頭を出してのゴールという事で
キッカーと昌子の絶妙な信頼関係が成しえた得点と言える

その後も相手のミスにも助けられた場面もあったが
相手の攻撃を防ぎ切り、カイオがチェイスから
相手のバックパスがショートしたのを見逃さずにかすめ取り
角度の無いところからゴールを奪いきった

このまま無失点でゲームをクローズさせられれば言う事はなかったのだが、
最後の最後でミスというには若干かわいそうな部分も有るが
梅鉢のトラップミスから仙台の金園にわたり失点したが、
仮にこのゴールが決まらずともハンドを取られてPKが妥当であり
その場合は梅鉢にイエローが出る事を考えれば
審判が見逃してくれたことはどちらかと言えば鹿島にとっては幸運だった

むしろ(勝利を得られた事を踏まえての)考えようによっては、
最後の最後まで集中を切らしてはいけないと
連戦が続く選手達に対しての良い教訓となったともいえる

また満足のいくプレーをしたとは言えないが、
怪我から復帰の梅鉢と赤アを途中出場させられたのも
今後に向けてプラスだったと言える

DH、FWと選手層が厚いとは言い難いポジションだけに
彼等の復帰は心強い

次は中2日でホームでの甲府戦を迎え、
更にはその後中2日で大詰めとなるACLGS最終節が控える

GWも本番となる中、鹿島の、選手一人一人の総力を以て
全試合を勝利で駆け抜けよう!

↓P.S.新幹線で向かった皆様、お疲れ様でした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 12:07 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

仙台戦 速感

明らかに質で優っていたので、2点差がついて
久々に落ち着いて見れた試合だったが、
最後の最後で失点したのは頂けなかった

梅鉢のミスからはじまり、最後も梅鉢のハンドトラップが相手へのパスとなり失点

もっとも個のミスからの失点なのでチームとして
大きく修正する必要はないだろうというのが救いでは有る

この試合の先制点

どちらかと言えば押されている印象が強かったが
そんな中でセットプレーからの先制弾はいかにも『鹿島らしい』と言われそうな得点

以前からセットプレーでの得点力アップが攻撃面での最大の課題だと思っていたが、
その課題が確実に解消されてきており、『強い鹿島』のあるべき姿を
徐々に取り戻しつつ有ることを感じられた

またカイオの得点は難易度の高いシュートではあったが
おそらくその前の山本の突破が伏線となっていたのだろうと思う

度重なるトライ&エラーが実を結んだ、個の力でありながら
チームで奪った得点といえるだろう

残念な失点だが、梅鉢は試合の入りに不安定なところがあるが、
相手が押せ押せムードの中でオロオロされると
たちどころに弱点と見られて狙われる

そう考えるとDHでありながら、守備固めとして投入するには不安定感が否めない

頭からだして、相手も落ち着いていない間に落ち着きを取り戻すか、
鹿島が押し込まなければいけない場面で投入し
良くも悪くも相手に読まれないプレーを披露するかが良いような気がする

いずれにせよ、仙台を『90分間』無失点に抑えての勝利

もうひと頑張りは必要だが、鬼門GWに於いては
上々の滑り出しと言えるだろう

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 19:44 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ第8節 ”希望”スタメン

今日はアウェーでの仙台戦

今日の試合を含めて、GW中に鹿島はリーグ戦を2戦するが、
現時点で前期ステージは残り10試合

首位の浦和とは勝点差9であり、仮に浦和がGW全勝
鹿島が全敗となれば、残り8試合で勝点差15となり
数字の上では可能性が消えるわけではないが、前後期に別れた内の前期では
実質的にそこから前期逆転優勝を望むより、口では『諦めない』と言いつつも
頭の片隅には『後期ステージに切り替え』の考えがチラつくのが人情だろう

逆にこのGWで全勝すればその勢いを借り、まだまだ逆転を目指す心を保てるだろう

最終的に年間王者を決めるプレーオフへの参加条件は、
年間勝点1位〜3位、前後期優勝の2チームであり、
年間勝点での進出可能性を考えるのならば、
前期にしても最後まで優勝争いに食い込んでいなければ
現実的には厳しくなるだろう

つまりこのGWで首位から突き放されれば、
5つのプレーオフ進出条件の内、4つを放棄する結果になりかねない

今季鹿島が年間王者を目指せるかの分水嶺にこのGWはなるだろう

さて、前置きが長くなったが仙台戦

第8節.png

昨日も書いたように、鹿島のPA付近でFKを与えれば
それは即決定的なピンチとなる

逆に無駄なファールさえ与えなければ、
目下昨シーズンから17試合連続失点中という
不名誉な連続記録に終止符を打つことも出来るだろう

その為にも、今日の鹿島は高い位置でポゼッションをとり
相手の両サイドを押し込んで、前線を孤立させたい

鹿島の一つの得点パターンである(ショート)カウンターは
得点しやすい反面ファールも受けやすい

その為に遠藤だけでなく、1トップに中村、トップ下に本山と
キープ出来る選手を”希望”したい

野沢は今シーズン、左SHでレギュラーを確保しているもよう

鹿島時代、野沢は守備に対する汗のかき方が少なかった

その傾向が変わっていないなら、マッチアップする遠藤は
ボールを保持しやすい

また逆サイド、仙台の右サイドは、18歳高卒ルーキーの茂木が
開幕からここまでスタメンを張っている

突破力のある豊川を当てて相手のポジションを下げて欲しい

今日の試合、ラインを高く押し上げて、相手に何もさせない位の気迫で
勝利をもぎ取って欲しい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

posted by knz at 08:05 | Comment(2) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする