自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2015年05月31日

松本山雅戦 雑感

昨日の松本山雅戦

結果は試合開始早々に先制されるも、すぐに取り返し
その後前半終了間際に逆転し、試合終了間際に突き放しての逆転勝利

かつては「カシマスタジアムに来ると、J1に昇格した実感が湧く」
と言われたものだが、『新参者』にしっかりと勝ちを収めることが出来た

ちなみに今日、カシマスタジアムを訪れた『新参者』は
松本山雅の選手・サポーターに限らず、
お米と肉のサポーターもコンコースにいらっしゃっていたのだが・・・


【イエス!フォーリンデブ☆】
皆様はJリーグ公式サイトの企画コラム
フォーリンデブ橋本陽の満腹スタジアム
をご存知だろうか?

私は、実はこの橋本陽氏(通称はっしーさん)が運営するブログ
イエス!フォーリンデブ☆』を熱愛しており、
昨日は2階コンコースに来る新加入選手そっちのけで
はっしーさんを探しまわり、無事一緒に写真を取らせて頂けた

はっしーさんのブログ → イエス!フォーリンデブ☆

ハッシーさんと(加工済)♪.jpg
(写真左がハッシーさん)

彼にとっては太る事が至上命題で、選手達同様、
たゆまぬトレーニング(太るトレーニング=デブトレ)を欠かさない
そのストイック(?)さ、肉と戦う姿勢は鹿島の選手に勝るとも劣らない

まだコラムはアップされていないが、
全国のスタグルメ達に名を轟かすもつ煮、
日本有数の養豚王国である茨城県が誇るハム・ソーセージ
茨城が誇るブランド牛の常陸牛

そしてそれら肉という主役を活かし
裏に控える奥ゆかしい名女房である茨城産コシヒカリ等々、
肉とお米を愛するはっしーさんにもきっとご満足頂けたことだろう

はっしー様、なんか荷物持ってキョドって写真取らせて頂いたのが私です・・・

快くお話しに応えて下さってありがとうございました!

そんな訳で、ミーハー根性丸出しで個人的に充実した試合前を送っていたわけだが・・・

【佐藤】
セレーゾはまたしても佐藤にゴールマウスを託したが、
正直言ってあいも変わらずパッとしない

開始5分であっさり先制を許したが、あの場面は相手に詰めて欲しいのは
浦和戦での2失点目と同じこと

股抜きを警戒していたようだが、相手と詰めることにより
頭上についてはシュートコースを消すことが出来るのに
それをしないでしゃがみ込んでしまっては、
相手のシュートコースを増やすだけではなかろうか?

そしてもう一つは、『静』から『動』へ移る際に、
多くの場合人は『予備動作』をしなければ動き出せない

ボールに詰めるという動きの中からの反応と
ボールを待っての静止状態からの反応では、
そのスピードが違うし、また予備動作を見られることで
その後の動きを早々に相手に察知されてしまう様な気がする

今季佐藤の先発3試合

開幕戦の清水戦、枠内シュート3本で3失点
第13節浦和戦、枠内シュート2本で2失点
そして昨日も枠内シュート1本で1失点ではあまりにも心許ない

相手GKが柴崎、土居、小笠原達のシュートに
素晴らしい反応を見せて止めていた事を考えると
物足りないと言わざるを得ないだろう

【赤ア】
もう一人は『プチ』サプライズの赤ア

前節のジネイの働きから、赤アと『どちらが鹿島らしい1トップか?』といえば
おそらく前者に分があるかと思うのだが、試合終了後のセレーゾの弁を聞けば
コンディションの問題も有って赤アを起用したとのこと
(それならなんで後半の早い時間で出たのかわからないが・・・)

その赤アが起用に『応える』

先制された直後、西からのヘッドでの折り返しを
GKの前で触ってゴールに流し込む

こういう動きは赤アの得意とするところ

自らと味方の作った『フリースポット』を見逃さず、
決定的なタイミングで飛び込むことが出来るのが強み

そしてそこで大きく外すこと無く落ち着いて流しこむことが出来るのも
赤アの真骨頂とも言えるだろう

2点目も見事なシュートで、目の前で昌子が空振りしたこぼれ球を
丁寧かつ豪快にファーサイドに蹴り込んでみせた

赤アのシュートは正確でありながら強力で振りもコンパクトなので
ダイレクトのシュートは西に引けを取らないのではなかろうか

上にも書いたが、なんでか
は分からないが後半10分過ぎで
ジネイと交代となったが、昨日のキレだったら、
ハットトリックも現実味が有っただけにもっと長く見ていたかった

【カイオ】
相手が3バックなだけに、そして後半相手は攻めるしかなかっただけに
カイオの存在は大きかった

再三裏に出来たスペースを使ってのカウンターで推進力を見せ
最後には素晴らしいゴールを決めてくれた

このシュート、横からの映像では上手く切り返しての『普通の』シュートかもしれないが、
正面で見ていると、モーションがわからず、突然シュートが放たれた印象を受ける

今シーズンはまだゴールが少ないが、ここからゴールを量産してくれそうな予感がする

【土居と小笠原】
土居の切り返しは本当に鋭い

ゴールには至らなかったが後半切り返してからのシュートは
分かっていても引っかからずに入られない様なキレがあった

2点目に至るファールゲットも土居の切り返しで受けたもの

切り返しは『前を向いて』ナンボなので、こちらも今後増々見る機会が増えるだろう

小笠原の終了間際の左足シュートも見事だった

得点を奪えなかったのは、防いだ相手GKを褒めるしかないが、
色々な声はあるものの、『小笠原満男の健在ぶり』をアピールする
素晴らしいシュートだった

結局(佐藤の起用についてはまだ納得はいかないものの)試合前に続き
試合後も充実感と今後への期待感が膨らむ試合だったのではなかろうか

↓やっぱジネイと赤アの2トップが見たいな〜
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 16:30 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

松本山雅戦 速感

赤崎の2ゴールとカイオのダメ押しで逆転勝利!

開始5分での失点は納得しかねるが
枠内シュートをこの1本に抑え
チャンスを作らせなかったことは評価出来るだろう

佐藤は被枠内シュート決定率100%か・・・

正直赤崎にハットを狙わせてあげて欲しかったが
後半開始からの青木投入にも現れているように
まさかの失点もしないように、守備への配慮での
ジネイ投入だっただろうか

審判の流す・流さないの判断の悪さにイライラしたが
終わってみれば快勝に近い内容と言って良いだろう

それと、松本山雅のサポーター

試合前から試合後まで、気持ちのこもった応援を続けていて
我々鹿島サポーターも負けてられないと気合いが入った

素晴らしい松本山雅のサポーターに拍手を送りたい

↓お疲れさまでした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 21:53 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ第14節 ”希望”スタメン

今日の松本山雅戦

昨今4バックが主流だったJリーグの中で、広島→浦和→松本山雅と
3−4−2−1(3−2−4−1)のチームとの3連戦というのには
何かの縁を感じる

第14節.png

前節、浦和との地力の差を感じさせられはしたものの
ジネイを1トップに置いた戦い方は、熟成させれば十分モノになる事も予感された

そう考えれば1トップはジネイで良いだろう

GKについては、”希望”は曽ヶ端なのだが、
もし引き続き外すのであれば、佐藤以外の川俣か小泉を使って欲しい

実力的には曽ヶ端>佐藤>川俣>小泉となり、佐藤がセカンドGKだとは思う

だがそれは、曽ヶ端にアクシデントが有った場合のチョイスとしてのもので、
開幕戦でも浦和戦でも結果を見せることが出来なかった現在28歳の佐藤が、
今から『鹿島の守護神』と成長するかといえば甚だ疑問であろう

であれば今後を見据え、25歳の川俣や19歳の小泉に経験を積んでもらいたい

また、『独走する首位を止める』と言う意味で大一番だった前節と違い
もちろん必要に応じてその様な策を講じるのは必要だろうが
本職ではない昌子をSBに回す様な事が常態化するのは、本来好ましくはない

山本がまだ戦線に復帰できないのであれば、隆雅を配するのが自然な流れだろう

そして隆雅というまだまだ鹿島では経験の薄い選手をバックアップするために
DHは守備力の有る青木に面倒をみてもらうことで守備力の低下を防げるだろう

もちろんこれは、前線にボールが収まるジネイがいて
大人数をかけなくても攻撃が機能するのが前提ではあるのだが

それともう一つ

前線にボールが収まるのならば、今こそフォーメーションを
4−4−2に戻しても良いのではなかろうか?

第14'節.png

ジネイがボールを収めに戻るのと入れ違いに赤アが裏に飛び出す
赤アが裏を狙ってできたスペースに土居が切れ込む
土居の切れ込みを抑えに相手ディフェンスが左に寄れば遠藤がボールを保持出来
遠藤がボールを保持すれば西、柴崎がポジションを上げて攻撃に厚みを持たせ
二人が上がってくればジネイのポストがより活きる

その様な好循環を生み出す土壌が整ってきている

ホーム鹿島の地で今後に繋がる良い勝ち方を期待したい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
posted by knz at 11:43 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする