自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2016年01月31日

AFC U−23選手権 制覇!

AFC U−23選手権決勝

アンビリーバボー!

ちょっと劇的過ぎて興奮の逆転劇で日本が韓国を3−2で下し、
見事にアジア王者の椅子を勝ち取った

前半に先制され、後半開始早々に追加点を奪われた時点では
日本は攻守にどうしていいのか分からないような状態に見えた

攻められればどうにか跳ね返すだけで、たまにセカンドボールを拾っても
効果的な組み立てには程遠く、裏を狙う一発にチャレンジする事にもビビっていた

だが、浅野が途中出場で入ったことで、狙いが明確になったのか
遠藤、中島が裏を狙い、そのシャドーの様に矢島がチャンスを伺う形になり
見事狙いが的中、韓国の足が止まったこともあって一気に逆転に漕ぎつけた

どこかの時点で韓国の足は止まると思っていたが、
日本が1点返したことで、韓国はそこまで張っていた緊張の糸が切れ
一気に同点、逆転に繋がったのだろう


この大会、日本はグループステージ第2節タイ戦こそ4−0で快勝したが、
それ以外はなかなか得点が奪えなかった北朝鮮
不可解判定(?)でPK献上し詰め寄られたサウジアラビア戦
延長までもつれ込んだ決勝T1回戦のイラン戦に
後半ロスタイムで勝ち越した準決勝のイラク戦

そして今日の逆転で制した韓国戦と、パターンこそ違うものの
楽には勝てない試合が続いたにもかかわらず、終わってみれば全勝で優勝を決めた

苦しい試合の連続が、チームと選手個人の力を伸ばし、短い期間でも
急激な成長を促してくれたのだろう

これまで悔しい思いばかりしてきた現U−23世代だが、
『準々決勝の壁』をブレイクスルーしたことで
ここから一気に高見まで登っていくのかもしれない

まずは各自がチームに戻り、本大会でのメンバーに名を連ね
そしてケチ臭いことは言わない

メキシコ以来のメダルなんてちっちゃいこと言わず
一番きれいな色のメダルを取りに行こう!

↓優勝おめでとう!さあ、今日からはJリーグだ!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
リオ五輪出場おめでとう!
 
 
 
 
posted by knz at 02:51 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

【U23代表】韓国戦

今夜はリオ五輪予選兼AFC U−23選手権決勝

昨晩のイラク対カタールの一戦は、延長戦の末イラクが勝利を収めたようで、
これでリオ五輪のアジアの3枠が日本、韓国、イラクとすべて埋まった

だからもう、今日の決勝に関してだけは『リオ五輪予選兼』の冠部分は外し、
純粋に『AFC U−23選手権』として世代アジアNo.1を決める争いと言えるだろう

今日の試合、手倉森監督が言うには怪我で出れないのは鈴木武蔵一人という事で
腰を痛めているという豊川については出場もあり得る状況のようだ

もちろんここまで日本の快進撃を支えた堅守の屋台骨である植田と櫛引は
今日の試合でも存在感を見せてくれるだろう

彼ら二人は、宮崎で行われている合宿に参加出来ない分
石井監督にもその存在を知らしめる『鹿島でのレギュラー争い』という意味もある

GKは曽ヶ端、CBは昌子とファン・ソッコが昨季終盤までレギュラーとなっていたが、
植田と櫛引の二人は、その座を狙うに十分な実力を身に着けつつあると思う

もう一人の鹿島人である三竿は、ここまでなかなかチャンスを貰えてはいないが、
だからこそ逆に、今日の試合での出場機会があれば大きなアピールともなる

前回のロンドン五輪では、本大会メンバーから大迫がまさかの落選

逆に言えば、今レギュラーとして出ている遠藤(航)等の座も安泰ではない

三竿自身が試合に出ることが叶わなくても、間近でチームメイトのプレイを観て、
そして空気を感じることでも成長に繋がっていくはず

ましてや試合に出れない『悔しさ』というスパイスもかかっている

自分の課題を見出し、その解決策も同年代の仲間のプレーの中から探し出し
鹿島に戻って取り組んでほしい

日本戦での韓国が放つ闘志は凄まじいものがある

闘志というより執念という方がイメージが強いほど

それが故に、日本でも韓国戦は一種独特な空気感がある

なんとしても勝利を勝ち取り、もぎ取り、奪い取って欲しい

↓相手が韓国とあっては、今日の試合も『絶対に負けられない!』
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
リオ五輪出場おめでとう!
 
 
 
 
posted by knz at 12:01 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

盤石崩壊なポジション

PSMとしての要素が強いかもしれないが、
今シーズン最初の大会であるニューイヤーカップが
沖縄ラウンドから既に開催されている

鹿島が参加する宮崎ラウンドは31日から始まるわけだが、
そろそろ2016シーズンのスタメンについて
石井監督の中では青写真が出来ていることだろう

順当に考えれば、現段階では大よそのスタメンは昨シーズン終盤とほぼ同じであり、
金崎が抜けたポジションにジネイがそのまま収まるという事になるだろう

だが今年は、例年になく『盤石』だったポジションのスタメン争いが
熱いシーズンとなりそうだ

【GK】
昨季調子を落とした時期、控えに回る事となった曽ヶ端だが、
シーズン終盤にスタメンに復帰してからは、再びその存在を顕示し続けている

2001年から15年間、正GKとしてゴールマウスの前で
相手チームに対してだけではなく、自チームの他GKに対しても立ちはだかり続けてきた

だが今年は清水から櫛引が加入となり、潮目が大きく変わる可能性も出てきた

現在行われている五輪予選兼AFC U−23選手権で活躍する櫛引は
ここまで4試合にフル出場してわずか1失点

もちろん櫛引だけの力で失点を抑えているわけではないが、
一瞬の隙を突かれ、相手FWと1対1となる場面も何度かあった中
鋭く思い切りの良い飛び出しでピンチを防いできた

そんな櫛引が15年ぶりの政権交代に挑むのが今シーズンのGK争い

櫛引には、明日の韓国戦も0封して優勝GKとして鹿島に凱旋入団を果たして欲しい

【DH】
もう一つの『盤石』なポジションと言えばDHだろうか

小笠原と柴崎のドイスボランチは高さこそないものの
二人で攻撃の起点となり、昨季終盤は守備でも小笠原が獅子奮迅の活躍を見せていた

その動きはまるで2007年から2009年の3連覇時期、
小笠原の『ここまででの全盛期』に匹敵する様な動きだった

その動きがそのまま継続出来るのであれば、
彼等の椅子を奪うことは常人には成しえない事の様に感じる

高さという小笠原・柴崎にない武器を携えた山村が
昨季DHにコンバートとなり存在感を示したが、
レギュラーを奪うまでには至らなかった

だがここに、今季は永木という新しい才能が加わった

チームプレイに徹し、サボらず怠らずに走り回りボールを奪い、
正確なキックで攻撃を展開する

そして直接FKという『飛び道具』も持っている永木は
『ここまででの全盛期』の小笠原を彷彿させる

永木が加わったDHのポジション争いも
今シーズンを通して目玉となるところだろう

入れ替わりが少なかった二つのポジションが
今年一気に動き出す歴史の転換期となるかもしれないシーズンインが
もうそこまで近づいている

↓代表も良いけど、やっぱり鹿島だよね!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

【広告】
17個の星を掲げよう!
 
 
 
 
posted by knz at 23:27 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする