自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2016年02月29日

G大阪戦 雑感

鹿島の2016年Jリーグの開幕戦はアウェーの地でG大阪と対戦し、
後半途中出場のカイオと優磨のコンビで上げた1点が決勝点となり
見事に勝点3をもぎ取った

PSM水戸戦までは、連動性やボールフォルダーに対するチェック等
石井監督の言う『昨年ナビスコ決勝をデフォルトに』というレベルからは程遠かった

だが、それから1週間、まだそのレベルに達しているわけではないが、
それでも粗削りながらもチームとしてその片鱗を見せ、
選手1人1人の戦う姿勢も大きく違っていた

選手で言ってしまえば、金崎と柴崎の復帰は間違いなく大きかった

金崎が戻ったことで前線からの追い回しが格段に向上し、
G大阪の最終ラインに、前を向いての余裕を持ったボール回しをさせなかった

決してジネイと赤アのコンビがサボっていたわけではなく、
昨年築いた金崎と赤アのコンビネーションが
相手最終ラインに対して効率的にチェックに入れた理由なのだろう

こうして相手が出す縦パスの精度が下がった事で次の展開が産み出される

もう一人、柴崎の復帰も大きい

PSMでは攻撃のスイッチを入れるパスを、結局小笠原一人で担う形となっていた

出所がはっきりしている分相手チームは守りやすく、
パスを引っ掛ける事も容易となるのは必然のこと

それが虫垂炎で開幕戦は絶望的だと思っていた柴崎が
端から見れば『なんてことなく』スタメンフル出場している

G大阪としては十分なスカウティングも出来ていないだろう状況で
精度の高い柴崎の縦パスが何度も決まり、その柴崎に相手が注意する事で
小笠原も自由にプレーし、この2人から何度もチャンスが作り出された

得点を決めたのは優磨であり、アシストはカイオだが
その土壌を作り上げられた要素として、二人の復帰は非常に大きな意味を持っていたと思う


開始間もなくのカウンター、遠藤が引っ掛け赤アに出し、
右サイドの金崎を走らせて折り返しを貰ってゴールに流し込んだ

惜しくもこれはオフサイドとなるが、
遠藤−赤ア−金崎の意思の連動が作ったビッグチャンス

オフサイドラインは赤アと金崎の間にいたDFだったのだから
赤アは確認してオフサイドを回避出来たハズで、
この部分でもう少し落ち着きが欲しいところ

逆に言えば、それさえ出来れば今季ゴール量産も見えてくるだろう

守備で言えば植田や昌子の集中力も素晴らしく、
危険に至りそうな場面では、早い段階で相手を潰せており、
G大阪MF藤本のシュートがゴールバーに嫌われた場面以外は
失点しそうな場面は作らせなかった

そしてカイオと優磨の決勝点

カイオは個人で突破する場面が多くなるので一本調子になりやすく、
スタメンしたときはゲームを作ることは出来ないのだが、
途中出場するとその個人技がそれまでのゲーム内容に対してアクセントとなって
一気に爆発する

選手交代の妙もあった

交代直前にG大阪は宇佐美をピッチに送り出したが、
カイオが入ったことで彼の特徴である攻撃力を発揮させずに
得意とは言えない守備に奔走させる事となったと思うが、
これは宇佐美が攻撃のプラス選手としてピッチに入ったのに、
結果としては守備のマイナス要因としてしまった

優磨は本当に精神力が素晴らしい

試合直後のインタビューでは、
『ゴール以外何もしていない』と言っていたが、
彼に求められていたのは正にその一点だっただろう

カイオが上げたクロスの先には相手DF2人がいたが、
そこに躊躇なく飛び込んでいきしっかりとボールを頭で叩いた

彼のヘディングの師匠は鹿島OBの長谷川とのことだが、
その長谷川も現役時代、相手がいようがポストがあろうが
ボールが上がったらそこに頭から突っ込んでいった

優磨のその姿勢は師匠譲りと言って良いだろう


昨日の試合は、誰か一人のスーパープレーがあったわけではない
良いプレーを選手全員が繰り返し、気持ちを切らさず続けた事で
チーム全体でもぎ取った1点を、チーム全体で守り通したチームでの勝利だろう

最初にも書いた様に、まだまだ完成形には至っておらず、
その基礎となる気持ちの部分はしっかりと伝わってきた
(そのせいでイエローも多かったのかもしれない)

いよいよ始まった今シーズン

昨日の勝利で勢いに乗りつつ、浮かれすぎる事無く気を引き締め
長いシーズンを戦い抜いて欲しい

↓さあ、今季こそリーグタイトルを、そして三冠+αを奪い返そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
仙台市内おすすめホテル・宿
 ◆楽天トラベルアワード2011受賞◆仙台駅東口より徒歩5分◆ビデオ・オンデマンドで200本の映画配信・Wi-Fi無料◆
 ◆楽天トラベルアワード6年連続ダイヤモンド賞受賞◆2015年12月リニューアル◆仙台駅から徒歩3分◆朝食/ラウンジ無料◆
 世界水準のホスピタリティでお客様をお迎えいたします。
 繁華街のショッピングに便利。JRや地下鉄を使って宮城球場や仙台スタジアムへのアクセスも良い。


【広告】
神戸市内おすすめホテル・宿
 2010年OPEN以来、お客様の総合評価は5つ星☆館内はスタイリッシュでありながら、どこか落ち着いた雰囲気が漂います。
 海と空と夜景のホテル.目の前に広がる海と空の眺望を楽しむ全室バルコニー付きのリゾートホテルで心ときめく船旅風ステイ。
 天然自家源泉100%・神戸六甲温泉「濱泉」開業(宿泊者は滞在中無料)。
 海と山に囲まれた国際都市・神戸の、美しい眺望が自慢のシティリゾート アクセス抜群で神戸・関西の観光に最適のホテル
posted by knz at 16:00 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

G大阪戦 速感

2016年開幕戦

我らがアントラーズは、アウェーの地で1−0で見事勝利を収めた


PSMはPSM

PSMでは球際やプレスに強さを感じなかったものの
今日の試合では、まだまだ昨年のナビスコ決勝の様な成熟を感じる事は出来ないものの
それでも気持ちを込めて激しく闘う事を繰り返した

何度か危ない場面を作られるものの、それと同じだけ鹿島も惜しい場面を作り続けた

前半の赤アオフサイドのシーンなどはその象徴

勇み足があり得点にはならなかったものの、きれいな形でゴールネットを揺らす事は出来た

一進一退(?)の攻防の末、途中出場のカイオのクロスを
これまた途中出場の優磨が頭で押し込み、これが決勝弾となり
鹿島が大一番を1−0で勝利を収めた

この勝利

なんというか、勝ち方、気持ちの強さ、そして試合の綾

全てがここから勢いに乗るだけの要素に満ちている

なにがどうこう今夜はいいや

良く勝ってくれた、ありがとう!

↓お疲れさまでした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
準備は良いかい?
 

 


 


 
posted by knz at 23:23 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016シーズン J1開幕戦 ”希望”スタメン

いよいよ鹿島も今日、今シーズンの船出を迎える

相手は『J1最強チーム』の一角、G大阪

初戦から気合の入るカードであり、相手にとって不足ない
(余りはある・・・!?)

1st第1節.png

【GK】
スタメンに曽ヶ端の名前を入れなかったのは、
もしかしたら初めてかもしれない

櫛引の実力が、曽ヶ端のそれを確実に上回っているとは思わない
むしろ、安定感や安心感では曽ヶ端が上だろう

だが、昨年の佐藤が『どう考えても曽ヶ端が上』という感じだったのに対し、
櫛引はそこまでの差は無いだろう

そうなれば、移籍してきた本人のモチベーションや、
五輪でも活躍してもらう希望、そして現在のレンタルから
完全移籍に契約を移行し、近い将来鹿島のゴールを守る
新守護神へと変貌を遂げて欲しい

そんな”希望”を込めて、櫛引を今日のスタメンに”希望”したい

【DF】
両SBと昌子は、良くも悪くも選択肢があまりない

問題はもう1枚だが、個人的にブエノの入る最終ラインは
信頼に足る布陣とは思えない

逆に植田はU−23代表で自信を身に付け、
元々持っているロングボール力も発揮しはじめ
守備でも攻撃でも、鹿島の中心に、日本の中心になれる逸材

【MF】
DHに関しては、柴崎が離脱し、永木が完調とは言えない中
小笠原と誰が組むか、久保田か三竿か悩むところ

だが、上下動し相手ゴール前にも顔を出すダイナミクスという点で
この開幕戦は三竿を推したい

鹿島の攻撃で生命線となる両SBの上り、
特にPSMで秀逸だった西のパフォーマンスを活かすも殺すも
DHの2人次第

小笠原が1人で展開するようだと、チームとして苦しくなる

三竿が小笠原の回りを良く動き、
相手の狙いどころを絞らせない様に出来れば
鹿島のゲームと出来るだろう

首尾よく鹿島がリードすれば、全体練習に合流している永木も
少し試してもらいたいが、守備固めであれば大橋も働いてくれるだろう

OHは遠藤のパフォーマンスはまだいまいちだが、
プレースキッカーとしての役割もあるので外しづらい

もう一翼はカイオと中村を比べた時、
個のパフォーマンスはカイオが上回るとは思うが、
先日の水戸戦でもそうだったように
チームとして機能させる為に中村を”希望”したい

【FW】
金曜日に金崎が正式に登録完了となったものの
いきなりのスタメンでは他選手に示しがつかない気がする

以前西がチーム始動後まで、他クラブの練習に参加したりと
背信行為ともとれる行動をとり、自主的な出場停止となったが、
金崎の行為も、昨年と今季の契約内容を考えれば『違法』ではないものの
チームとの口頭でのやり取りを考えれば、それに近いところもある

金崎のプレーには期待したいところも、この試合はカイオと共に
『Joker』としてベンチに控えてもらいたい

スタメンを”希望”する赤アには、昨年見せていたように
前線からの積極的なプレス・チェイスで、相手の展開を鈍らせ
鹿島の時間を多くするという重大な役割がある

PSM水戸戦ではあまり見せてくれなかったが、
あれは開幕戦に向けての温存だったと思いたい

いよいよ迎える今季開幕戦
スタートダッシュを決めたいのはどのチームも一緒だろうが、
G大阪という好クラブを叩ければ、一気に勢いを付ける事が出来るだろう

この初戦が、1stステージの行方を担うという思いで
出し惜しみせず全力で戦って欲しい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
17個の星を掲げよう!
 
 
 
 


posted by knz at 06:42 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする