自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年02月28日

ムアントン戦 速感

なにやってんだか・・・と言いたくなる試合

前半先制され、後半追い付くも最後の最後で決められて
1ー2で敗戦

高温のタイで省エネ作戦で運動量を抑えるのは良いとして
だからこそ確実なパスワークが必要だったのに
前半から要のレオ・シルバがパスミス連発し
相手にリズムを与えてしまった

またまたPKを獲得した優磨だが、今回はPK失敗

厳しい試合だっただけに、
停められるならまだしも、枠外はあってはならなかった

これがPKの怖さなのか、
後半は終始鹿島ペースだったにも関わらず、
アディショナルタイムに一瞬の隙を突かれて
『決敗弾』を決められてしまった

もちろん相手が決まった上手く戦った部分もあるだろうが、
はっきりいって自滅の部類

良かったところを挙げるなら、
PJ今期初ゴール

↓お疲れさまでした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:41 | Comment(2) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

ACL GS第2節 "希望"スタメン

明日はACLグループステージ第2節
アウェーのタイに乗り込みムアントンとの一戦

J初戦では不本意な敗戦を喫したが、
気を取り直してしっかりと勝ち点を積み上げたい

インターリーグカップで、
バンコクユナイテッドにまさかの(?)敗戦があったが!
チーム始動直後、ある意味始動前の試合であり
今回はどんなメンバーでも、余裕を持った勝利が望まれるところ

ACLGS2-01.png

GKは曽ヶ端

曽ヶ端はセカンドGKではない

ここまで公式戦ではクォンがゴールマウスを守ってきたが、
昨シーズンまで鹿島不動の守護神として戦ってきた経験は伊達ではない

この一戦でまた存在感を発揮して欲しい

CBの一角には町田に入って欲しい

町田には次期鹿島のディフェンスリーダーとして、
そして、日本を代表するCBとして期待がかかる

昌子の横で、その業を間近で盗んで欲しい

それは三竿(健)にも言えること

守備面を中心に、昨期からの成長を感じさせてくれている

兄と共に勝利に貢献してもらいたい

2列目には中村とレアンドロ

この二人は本来、遠藤と共に鹿島OHの核となって貰わなけれぼならない存在

真剣勝負の場で、本来の力を発揮して欲しい

FWはPJと赤崎

PJは今期FWの核との期待がかかる
調子を取り戻す意味でも得点を期待したい

赤崎は決意の残留だったはず

裏への抜け出しは鹿島の攻撃パターンの1つであり
彼の持ち味の1つでもあるはず

相手は引いてくるかもしれないが、
得点に絡む、直結するプレーを期待したい

GS突破のために、明日は勝ち点を落とせない

必ず勝って帰ってきて欲しい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:58 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

FC東京戦 雑感

開幕戦でいきなりの敗戦を喫した我らがアントラーズ

確かにFC東京は良い補強を行い、
良いチームに仕上がってきているとは感じるものの
それが負けて良い理由にはなりはしない

奇しくもカンファレンスで優磨が言っていた様に
攻撃陣が得点出来れば勝てるという状況となり、
そして得点出来ずに負けてしまった

とはいえ、ポジティブに考えれば
早々と問題点を確認し、修正する事が出来るのであれば
この敗戦も無駄ではないだろう

攻撃のパターンが単調な部分があった

ワイドに開いたCBとDH1枚でのパス交換から
サイドで1列前にボールを上げて・・・と1列ずつボールを繋ぎ
アクセントは個人のドリブル突破位でボールロストという形が多い

昨季終盤の良い時期は、どんどん裏を狙う姿勢があった

FC東京は、ドン引きしているチームではなかったのだから
もっと後ろから裏を狙ったボールを増やして良かったと思う


それとシュート数

別に以前の様に『下手な鉄砲・・・』に
戻すのが良いと言いたいわけではないが、
それにしても公式6本は少なすぎる

特に気になるのが、カウンターをシュートで終われない事と、
ミドルシュートが少ない事

ペドロであったり土居であったり、
カウンターで攻め上がったシーンがあったが
結局相手を交わしに行って奪われたり、
パスを選択してオフサイドを取られたりと
シュートで終わる事が出来ていない

また、相手がゴール前を固めた時、鹿島の攻撃は
強引に中までボールを通すか、サイドからクロスを上げるかのほぼ2択

もっとミドルを狙って相手のガードを広げなければ
中も有効に使えない

昨季終盤、昌子は目の覚める様なロングシュートを放ったり、
一昨年は植田も凄いシュートを放っていた

レオ・シルバも永木も十分なキック力を持っているのだから
どんどん撃っていかなければいけない

あとはサイドバック問題か・・・

西は負傷退場だったらしいが、
その影響で山本が右に、雄斗が左に入ったが、
やはり本職でないからか右からの攻撃が形になっていない

サイド攻撃がなんだかんだで生命線の鹿島にとって
ちょっとこの状況が続くのは頂けない

伊東も前日練習を回避だったとのことだが、
西と二人とも早く傷を癒して復帰してもらいたい

火曜日にはもうACLのムアントン戦が控えている

問題点を修正する時間はないかもしれないが、
少なくとも気持ちは切り替え、意識でどうにかなる部分は変えて
遠征に臨んでもらいたい

↓CKが続いたときに得点しておかなきゃだったね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


posted by knz at 23:55 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする