自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年03月25日

篤人、90分プレー

篤人が現地のチャリティーマッチで、90分間フル出場をこなしたとのこと

シャルケは23日にハノーファーとの親善試合を行い、
篤人が右SBとしてスタメン出場し、
そのまま90分間、誰にもその席を譲ることなく
ピッチに立ち続けたとのこと

昨年12月、ヨーロッパリーグにて実戦復帰は果たしていたが、
この試合はグループステージ首位突破を決めていたシャルケと
相手のザルツブルクの敗退が決まっていた『消化試合』ではあったものの
相手チームを含め、多くのファン・サポーターから
ピッチに帰還した篤人に暖かい拍手が送られた

あれから三月半、篤人は間違いなく次のステップに駒を進めたのだろう

試合後、篤人は
「一番嬉しいのは、1日たっても痛いところがないこと。
 ケガしたところも、内転筋も腿うらも、普通のいい感じの筋肉痛。
 リバウンドがきてないからね」
と語っており、ここまでの道のりの険しさ、困難、長さを感じさせる

先日のUAE戦、やはり何かが足りなかったと思うのは、
右SBに篤人がいない事

確かに酒井は成長したが、篤人の鮮烈な印象を与えるプレーには及ばない

もちろん贔屓目はあるだろうが、シャルケで、そして代表で
そしていつかは再び鹿島で

そのプレーに魅せられる日が来ると信じて待ちたい

↓焦りは禁物だけどね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:51 | Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

【A代表】UAE戦 雑感

ホームでのUAE戦とは大きく違い、
強敵であったはずの相手に終始主導権を奪い続け
得点は2点に留まったものの、
点差以上の強さを見せてくれた

ホームの時と何が違ったのかといえば
贔屓目かもしれないが、
そこに大迫がいたことだろうと思っている

ドイツで更なる磨きをかけたポストプレーは
味方が奪ったボールを確実に相手陣内で保持し、
バランスをとった上でのビルドアップ煮より
日本はローリスクでアタッキングサードまで攻め上がれた

また、『苦手』とされたヘディングも
見違えるほどのレベルアップを果たし、
2点目の今野のゴールにつながるポストプレーは
やはり『半端ない』実力を感じさせてくれた

最後相手と交錯し、負傷退場となったのが心配ではあるが
本人は試合後のコメントで『大丈夫でしょう』と語っており
無理はしてほしくはないが、期待したい

(あのプレー、UAEの選手は
足掛けにいったように見えたのは私だけ?)

次節タイ戦も楽しみにしたい

↓昌子と植田が見れなかったのが残念
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ




posted by knz at 18:38 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

本田(圭)の選考について

さて、もうすぐロシアW杯最終予選
vsUAE戦がキックオフとなる23時半過ぎ

おっしゃる通り(?)代表だと話しが膨らまないのも事実ではあるものの、
とはいっても今は代表も気になるので代表ネタを

個人的には、OBの大迫がハットでも決めて、
守備では昌子と植田が大活躍して
敵の攻撃に耐え、シャットアウトしてもらいたい

・・・だが、今この二人が鹿島を抜けると困るのもまた事実なので、
『大活躍』ではなく『ほどほどの活躍』で良いのかもしれない

さて今回の先行メンバーに、チームで出場出来ていない本田(圭)を
呼んだことが物議をかもしたりしたらしい

確かに選手には『試合勘』が必要であり、名選手でもこれが欠落すると
試合で活躍することは難しい

だが、98年フランスW杯目前に、代表からカズが外れ
その後本大会GSで3連敗を喫した際
どこまで本気かは分からないが、ベンチにいるだけで良いから
カズが残れば違う結果が出たのではを話題になった

今回の本田(圭)も同じような理由だろう

今の代表は皆、本田や香川の背中をみて育った選手

それだけに今回香川・長谷部が不在であるからこそ
本田の存在感が必要になる場面があるのかもしれない

願わくば、当然の事ながらそんな場面に出くわすことなく、
すんなりと勝点3を手に入れて欲しい

↓さあ!そろそろキックオフ!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:54 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする