自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年03月22日

明日はUAE戦

さて、明日は代表戦

ロシアW杯最終予選も折り返しを過ぎ第6節となる

相手はこの最終予選初戦に、ホームでまさかの敗北を喫したUAE

明日はアウェーだが、ホーム(相手のアウェー)で受けた借りは
こちらもアウェー(向こうのホーム)で勝利しなければ返せない

正直、まだハリルホジッチがどんなサッカーをしたいのか
私自身には具体的な部分は見えてこないが、鹿島から昌子と植田のCBコンビ、
それと鹿島出身のFW大迫が選出されている

彼らのプレーが生(放送)で見られるいいチャンス
是非とも出場し、プレーを見せてもらいたい

↓昌子も植田も、昨年一気に伸びたから、その力を見せるいい機会だね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:34 | Comment(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

清水・角田にクラブが出した処分について

ちょっと話題は古くなるけれど、この(?)週末はこまごまと話題が豊富だった

まずは鹿島の清水戦

報道が多くなされているように、清水DFの角田が中指立てた行為の処分として
1試合の出場停止と罰金になったとの事

これはJリーグが科した処分ではなく、クラブが決めた処分との事であり
もしかすると追加制裁があるのかもしれないが、
日本の組織体質的に、『自ら襟を正した』のだからと
それ以上の処分は科さない気がする

が、これはちょっと軽すぎる

本来この様な挑発行為は1発レッド対象であり
当然1試合の出場停止となる

角田はその後もプレーし続けたのだから
75分+α、処分を免れたという見方も出来る

そう考えれば、少なくともクラブは2試合の出場停止を科さなければ
この行為を重大だと感じているとは納得出来ない気がする

ただ、あくまで私個人の感想としては、まぁ正直日本で中指立てる行為が、
海外のそれと同じだけの意味を持つとは思ってはいない

もちろん挑発行為と知ってやったのだろうから
処分対象である事に異論はないが、
そのジェスチャーに優磨なり他の選手が
本音としてどれだけ反応するかと言えば疑問ではある
(もちろん試合を有利に進めるために、審判には強く抗議するとは思うが)

むしろ問題(?)は、中継にも映ったようなこの行為が見逃され
試合終了まで彼がプレー出来た事の方が問題な様に感じられる

この『行為』がなされたのは前半15分頃

あれだけハッキリ中継に映っていれば
おそらくハーフタイムにはもう世の話題にはなっていただろうと思う

問題のシーンを確認し、後半開始時点でレッドカードを
出すくらいの事は出来なければいけないのではなかろうか

確かにファールかファール無し等の判断については
その一瞬一瞬が大切であり、間違いに気付いたとしても取り戻せるものではない
1か0かの判断となる

だが、『退場』については気付いた時点で科しても
その後のプレー人数を減らす事になり、『その一瞬』だけの話しではない

なのだから、後から処分を科すくらいだったら
試合途中でも、気付いた時点で処分を科しても良いと思う

ハイヴィジョンかや多カメラ化が進む以上、
判断出来てしまう人数だって当然増える

それだけに、より多くの人が納得出来る競技システムに
アップデートしていく事も必要となると
思わせてくれる『プレー』だった

↓よっぽど昔広島がやってたゴールパフォーマンスのが挑発行為な気がするがね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 22:08 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

伸び代がいっぱい

今期ここまでリーグ戦で4戦3勝1敗、
公式戦8戦6勝2敗(0分)と、数字で見れば好調の鹿島

だが内容としてみれば、まだまだ完成形には程遠く
毎試合『シーズン終盤』の様に、内容よりも結果で
何とかさらっていく様な形で勝点を積み上げている

もちろん、それが必ずしも悪いというわけではなく、
『勝利至上主義』である鹿島にとっては、それもまた鹿島らしさだろう

だが、今後もっと試合を有利に運ぶためにも
この中断期間、連携力をもっともっと深めてもらいたい

今期加入したPJ、レアンドロ、レオ・シルバ

皆テクニックがある選手達なので
周囲と息が合わなくても技術でそれをカバーし
ミスが表に出づらいのかもしれないが、
彼らのテクニックが周囲とのコンビネーションに結びつけば
相手にとって大きな脅威となる事は間違いない

もちろんフロントもそれを期待して彼らを獲得しているのだろうし、
チーム始動からおそらく初めて確保出来た連携強化のこのチャンスを活かし
『チーム』としての力を向上させてもらいたい

逆に言えば、連携がまだまだにも関わらず
ここまで結果として良い数字を残せているのだから
ここからコンビネーションが高まった時、どれだけ強くなるのか

中断明けを楽しみに待ちたい

↓さて、次は代表か・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:53 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする