自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年03月01日

ムアントン戦 雑感

ムアントン戦の雑感というか、なんというか

ここ数年、鹿島の攻撃はDHが主導して行ってきた

小笠原然り、柴崎然り、永木然り

それが今の鹿島の形であり、少なくともあと数年は
このトレンドが続くと思う

そこから柴崎が抜け、レオ・シルバが加入した訳で、
彼等二人の特徴は違うものの、
『力』という意味では決して落ちたりはしていないだろう

だが、その特徴の違いからか、コンビネーションの改善が
求められる部分がありそうではある

同じDHでも小笠原や柴崎(と久保田)と、永木やレオ・シルバ(と三竿健・梅鉢)は
そのプレースタイルが異なっている

前者が主にパスで局面を打開し、守備ではスペースを埋めて
プレスから対人に行くと思うが、
後者は運動量を軸にプレーし、攻撃参加から一気に戻ってガッツリ対人守備をこなしてくれる

前者2人であれば、片方が攻撃参加するにしても、
もう一人はポジションをキープしてスペースを小さくするが
後者2人だと運動量が裏目に出ると、急なボールロストがあると
バイタルでポッカリスペースが空いてたりする

そこを慌てて埋めようと走るから消耗はより激しくなり
ムアントン戦のようにレオ・シルバのガス欠気味なプレーに繋がるのだと思う
(レオ・シルバはFC東京戦でもガス欠気味だったけど)

『何事も基礎が大事』とよく言われるが、
鹿島の攻撃について、その土台はDH

決して永木、レオ・シルバのコンビが悪いという訳ではなく
上手く役割分担や約束事をきっちりと確認し
『鹿島の土台』となってもらいたい

↓我々は信じて応援し続けるしかないんだと思っている
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:54 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする