自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年03月11日

赤崎期限付き移籍

このブログ主の推しメンが赤アである事は
これまで何度も書いてきたが、
その赤ア、いつか来るのではとも思っていたが、
遂に期限付きとは言え、移籍のニュースがオフィシャルにアップされた

赤崎選手がガンバ大阪に期限付き移籍

予想はされていたとは言え、個人的にこれは残念

横浜FM戦では、ベンチ外メンバーによる募金活動が行われており、
その際に赤アには握手を交わしながら『信じている』と伝えたのだが、
彼はそれをどのような気持ちで聞いたのだろうか

願わくば、『新天地で活躍し、巻き返してくれると信じている』と
捉えてくれていれば幸いである

一度鹿島のユニに袖を通し、選手・監督・スタッフと同じ釜の飯を食えば
どこに行ったとしても鹿島のファミリー

大阪の地で赤アが大暴れしてくれることを期待したい


赤アは入団前、2012年の天皇杯で当時在籍していた筑波大学との対戦で、
7−0と大量リードした後半ロスタイム、意地の一発を決めて見せ、
鹿島サポーターの一部にはその存在をアピールした

その後、鹿島初の強化指定選手となって加入が決まり、
翌年正式に入団、初年度から5得点を挙げるなど活躍してくれた

短い出場でも高い決定力で得点を重ね、
2年目となる2015年には、ナビスコ杯(現ルヴァン杯)の
ニューヒーロー賞も獲得、飛躍が期待された

だが翌年、開幕戦となるG大阪戦で
チーム内シーズン最初のゴールとなるシュートを放つも
オフサイドの判定でノーゴールとなったところからケチが付いた

その後は打てども撃てどもゴールネットを揺らす事が出来ず、
絶好のポジションに入ってもパスは貰えず
初ゴールは2ndステージに入ってから

結局シーズン2ゴール(公式戦全体で5ゴール)に終わり
今期はPJ達の加入もあり、鹿島におけるFWの序列では、
金崎、PJ、優磨、土居の下、もしかすると新加入の金森よりも下で
試合出場の機会を得る事はかなり厳しい状況となってしまった

そうなれば当然出てくるのが移籍の話しであり、
今回その移籍先となったのが、昨年『ケチ』がついた
G大阪というのは、一つの奇縁とも言えるかもしれない

この期限付き移籍の後、赤アがどのように身を振りたいと考えているのかは分からない

だが、彼自身が選択肢を持てるような活躍を
彼の地で果たしてくれることを願っている

↓どうせだったら鹿島戦で成長を見せて欲しかったけどね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:52 | Comment(0) | 移籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする