自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年03月14日

ブリスベン戦 速感

ACL第3節は、前半に優磨、後半に植田と遠藤のゴールで3−0と快勝!

この試合何度も見られたのが、オーストラリアのチームらしい
『フィジカルを活かした』ブリスベンのプレーと、
その強い当たりによろけながらも、
安易に倒れず持ちこたえようと踏ん張っていた鹿島の選手達の姿

相手がファールで止めようとする場面は、裏を返せばそれに耐え、
突破すれば大きなチャンスが待っている

その姿勢が3−0という結果にもつながったのだと思う


伊東のクロスはおそらくそれ程狙い通りのパスではないと思う

それどころか、相手を交わす事に集中して
それ程中を確認してクロスを送った様には見えなかった

だが、優磨はそんな伊東と呼吸を合わせ、
どの辺り狙うのか察知していたように感じる

それは『嗅覚』というよりも、真のコンビネーションと言えるだろう

また、やや後ろに来た低いクロスに上手く足を合わせて
ボレーでシュートしたのも良かった

植田のゴールは若干ファールぽくは見えた

混戦の中、相手GKが胸に掴んだボールを
足で小突いてゴールの様にも見えたがどうだっただろうか

それでもかの揉み合いの中に、
相手GK以外は鹿島の選手しかいなかった事が
このゴールで重要なところだろう

攻め込む気迫が生んだゴールとも言えるだろう

遠藤のゴールも良かった

周囲のデコイでマークは厳しくなかったものの、
上手く相手を交わして左足でゴール

ゆりかごダンス(?)もきっちり決めて相手に止めを刺してくれた

久々に出場の曽ヶ端も、好プレーを連発し、健在ぶりをアピール成功

曽ヶ端とクォン・スンテ

偉大なGKを2人そろえている鹿島は果報ものであろう

これからも、彼らと共に歩んでいきたい

↓おつかれさまでした!
posted by knz at 21:51 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする