自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年03月18日

清水戦 速感

大逆転勝利!

0−2とされた後半25分過ぎから、
およそ10分程度で3得点を奪って
鹿島が見事逆転勝利を飾った

1失点目はミスというか一瞬の隙をつかれた

鹿島が常にゲームを支配する中、
相手のフィードを昌子と鄭大世が競り合い、
こぼれたところを植田がクリアを試みるが、
そこに相手選手が詰めており、リフレクトを奪われてクォンと1対1

これを豪快に決められて今季リーグ戦『初失点』を喫した

前半終了間際、セットプレーで植田の落としから優磨が決定機を迎えるも
鹿島がかつてオファーを出した相手GK六反に阻まれた


後半、山本に替えて西が左SBに入り、
1点ビハインドでも、慌てずじっくり攻める構えの鹿島だったが、
今度はカウンターから失点を喫した

この失点で2点のビハインドとなり、
遂に鹿島の攻撃に火が付いた

縦に入るパスのテンポが上がり、
前半からかき回されていた清水の足も止まってくる

もしかしたら2点リードして試合を締めにかかり
心が緩んだのかもしれない

攻撃のテンポを上げた鹿島に対し、守備のテンポを遅らせた清水

鹿島のパスは繋がり、相手のプレスは遅れて
セットプレーのチャンスが増えたのかもしれない

反撃の狼煙は遠藤の左足から

鹿島右サイドで貰ったFKを遠藤がゴールのファーサイドに上げると
これを植田がほぼ真上に飛び上がってヘディングシュート

叩き込むような力強さは無かったが、相手GKが出ていたおかげもあってか
当てただけだったヘディングが相手ゴールに吸い込まれた

ただ、このヘディング自体が密集地の中で
相手の寄せにも負けずに、どの選手よりも頭一つ以上高く飛んでのヘディングは
彼の身体能力を物語るある意味スーパープレイ

このゴールで更に火が付いた鹿島は、
またしてもセットプレーから左サイドで永木が受けると
ゴールファーサイドに入っていく優磨にクロス

これを優磨が斜め後ろに飛んでヘディングシュート

相手GKが触りながらも、しっかりと叩いたシュートはゴールに吸い込まれた

これで優磨は公式戦3試合、リーグ戦2試合連続ゴールで
一気に試合を振り出しに戻した

さあ、こうなったら一気に逆転
ここで立ち止まるなんて下の下の下

更に鹿島が圧力を高めると、土居がPA内で素晴らしい切り返しでチャンスを作ると
その流れからセットプレーが続き、今度は遠藤がニアに低いクロスを上げる

これを西(?)がスルーするとボールは金崎の足元に入って
ワントラップからシュート、遂に逆転に成功する

後は存分に『鹿島』って時間を使いながら、チャンスがあればダメ押し点を狙う展開

追加点は奪えなかったものの、最後まで清水の攻撃を防ぎ切って
見事に逆転勝利を達成してくれた

もちろん2失点には反省するところも多い事だろうが、
それでも勝利を収めての中断期間は、負けてのそれとは大きく違うだろう

もちろんサポーターの心は天と地の差

勝利してくれた選手達と、信じて後押しし続けたサポーター

両方が勝ち取った勝点3を誇らしく思う

↓お疲れさまでした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 17:27 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする