自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年04月27日

蔚山戦 雑感

金崎の先制弾、PJの追加点、更に金崎のダメ押し弾に
極めつけのレオ・シルバのスーパーミドル

磐田戦、あれだけゴールが遠かったというのに、
決まるときはこれだけ決まるんだなと思えた試合

と、言ってしまえば簡単だが、今後に繋がるヒントもあった様に思う

先制となった金崎のゴールは、その前に土居がシュートを放ち
GKが弾いたことから生まれた

土居のシュート、GKの股を狙ったのかグラウンダーのシュートを
相手GKが処理しきれず、ゴール前に弾いたところに金崎が詰めた

鹿島の選手は技術が有るが故に、相手のプレッシャーが少ないと
コントロールでGKを交わしてのシュートを狙う

もちろんそれはそれで良いのだが、『入らない日』は
それだけでは入らない

土居のシュートももちろんコントロールシュートではあったのだが、
GK正面でもグランダーでバウンドしていれば、
リフレクトを狙えるチャンスは十分にあるだろう

もっともこのゴール、金崎に着いていたマークが集中していれば
防がれたかもしれないので、他のゴールも含めて
蔚山の実力はちょっと低目ではあったのだろうが・・・

それでもゴールが決まらない時、シュートセレクトしすぎたり、
コースを狙い過ぎたりして枠を捉えられない試合では
例えGK正面でも『考えた』シュートを撃つ事で
違ったアプローチでゴールに繋がる可能性を広げる事は出来るだろう


さて、この第5節で決勝T進出を決めたわけだが、
決勝TRound16での対戦相手はグループGの突破チーム

可能性があるのは中国の広州恒大、韓国の水原三星、そして日本の川崎F

だが、グループGは鹿島が入るグループEよりも後に試合が行われ
鹿島が最終節を戦う時点で決勝T初戦の相手を選ぶことは出来ない

※4/28訂正
グループGの試合がグループEより先に行われますので、
たぶんやらないだろうけど、対戦相手を調整することも不可能ではありませんでした

さらに1位突破チームはアウェイ→ホームの順、2位突破は逆となる

となれば、若干ではあるが1位突破の方が気持ち有利の様な気がするので
対戦相手を考える事も出来ないのであれば、四の五の考えずに勝利を目指して欲しい

もっとも鹿島はそういう計算をせずにどんな試合でも勝利を目指していくのだろうが

個人的には1位突破し、相手が川崎Fだと体力面では楽だなと思うものの、
そうなると5月19日のJリーグ第12節と合わせて川崎と3連戦かと思うと
ちょっとゲンナリとしなくもない

広州恒大には2年前の借りもあるし、リベンジを期すのも良いだろう

比べて水原は今一燃えてこない

川崎F、広州恒大が上がってくることを期待したい

↓最終節、どんなメンバーで戦うのかな?
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
広島遠征に!

ワンランク上のカテゴリー「シェラトングランドホテル広島」はJR広島駅直結、観光地にも近く、便利な場所に位置しております。

広島バスセンター隣、平和記念公園へ徒歩5分の好立地!恋人の聖地サテライトに選定

広島駅直結でレジャー、ビジネスに絶好のロケーション。全室インターネット無線LAN(Wi-Fi)接続無料!!

楽天トラベルアワード2016『ダイヤモンド賞』受賞!和洋バイキング朝食無料(6:30〜9:30)!全室WIFI無料!


posted by knz at 23:54 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

蔚山戦 速感

先日の磐田戦、1得点も出来ずに
完敗した事から心配された今日の蔚山戦だったが、
終わってみれば後半怒涛の4得点で4−0の完勝を収め、
その後行われたグループEのもう1試合で
首位ムアントンがブリスベンを下し
鹿島の決勝T進出が決まった

次節首位通過をかけてムアントンと激突となる

前半は一進一退の、むしろ押されていると言っていい感覚で
最終ラインで軽いプレーをしてしまい、
相手に決定的な場面まで持っていかれる事もしばしば

ここはディフェンズ陣が意地を見せ、どうにか無失点で前半を終えると
後半攻撃陣が躍動し始める

まずは後半開始早々、PJとかぶりそうになりながら
土居が相手GKの近くからシュートを放つとこれを弾かれ、
転がるボールの先に金崎が

これをしっかりとゴール中央に押し込んで鹿島が先制

その直後に今度は相手の浮足だったプレーの隙を突き
PJがボールを奪うと一気にゴール前へ

得意のドリブル歩調(走調?)のままシュートを放つと
これがGKをすり抜け追加点

こうなるともう蔚山の集中も切れたのか
バックパスの処理に相手GKがミスをし金崎がボールを拾えば
これをしっかりとゴールに蹴りこんでダメ押しの3点目

そして終了間際、レオ・シルバがPA外からズドンのミドルで完全に止めを刺した

前半どうにか耐え忍んでの後半のゴールラッシュ

形としてはキレイにまとまって決勝T進出を決めたものの
この試合もまた前半は火がつかず、後半からヒートアップする癖が垣間見えた

石井監督もことあるごとに言っているが、
90分通したマネージメントの中で、相手に先にやられると
その後プランが難しくなるので、前半からもう少し
エンジンを回して戦って欲しいところでもある
(もちろん勝っているので、大きな不満があるわけではないが)


さて、GS突破を決めた鹿島だが、
今後決勝Tで勝ち抜くために、是非ともホームスタジアムで
地の利を生かした試合をしたいところ

次節ホームでムアントンを迎え討ち、首位突破を飾りたい

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら



posted by knz at 23:50 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

2017ACL GS第5節 ”希望”スタメン

ACLグループステージ第5節

いよいよ今回のACLのGSも佳境を迎える

前節はブリスベンと対戦し、ミスからの失点でリズムを崩し
追い上げムードは漂いつつも結果として1−2で負けてしまい
グループ順位は2位に後退

現時点で1位から4位まで全てのチームに
決勝T進出が残る混戦のリーグになってしまった

そんな中行われるGS第5節

勝てば決勝T進出決定も有り得るし、
負ければGS突破にほぼ赤に近い黄色信号が点灯する

ACLGS5-01.png

ブリスベン戦、金森の動きは良かったと思う

ここまで満足に出場機会を得られていない金森だが、
ブリスベン戦では積極的に動き回りチャンスに絡んでいた

金崎は、足の付け根に裂傷を負っているとのことだが、
磐田戦で大きな治療を受けずにプレーを続けていたことを考えれば
大きな怪我ではないのだろうとは思っている

むしろ帯同したPJの方が無理をすると長引きそうなので
出来れば出しては欲しくない

金崎・金森のゴールデンコンビで得点を奪って欲しい


冒頭にも書いたが、この試合の結果はGS突破に向け
天国と地獄程の差が出るだろう

気持ちだけで勝てるとは思わないが、
球際など戦う気持ちで大きく変わる部分もある

試合にも局面でも、絶対に負けない
絶対に勝ってやるという強い気持ちを持って
90分間余すところなく戦ってもらいたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら



posted by knz at 23:53 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする