自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年04月02日

大宮戦 雑感

さて昨日の大宮戦

前半早々から鹿島の連携が見られ、真ん中あたりまで下がったPJから
PAを横切るように走りこんだ遠藤に縦パス
これを落として土居が直接巻いたミドルを放つ

これはコントロール、カーブともイマイチで得点にはならなかったが、
いきなり見せてくれた連携で、この試合のイニシアティブを
鹿島が握れるだろう事を感じた

その後も基本的には鹿島が攻めたが、ボールを奪われると受けるカウンターで
何度かサイドを突破され、危険なシーンに繋がりかねない場面もあった

ところが、さっさと点を奪ってしまえば、間違いがない限り勝てるだろうとは思ったが、
その先制点がなかなか奪えない展開が続いてしまう

遠藤のCKから植田が高い打点のヘディングを撃つも
これを相手GKに弾かれたり、山本が少しコースをズラした(?)場面も
なんとかライン上で残されてしまった

もっともこの山本の場面
近くにいたPJはこぼれる事も想定し、
ゴールに突っ込んでってても良かったと思うが

PJが相手を交わしながらPAまでドリブルで上がり
シュートまで持ち込んだ場面もあった

このシュートはブロックされるもこぼれを遠藤がダイレクトでシュート

・・・もこのシュートはやや吹かしてしまいゴールならず

こういうシュートを強くなくても良いから
しっかり枠に蹴れていれば得点は増えるのだと思うが・・・

大宮の誤算は、あたっていたGK加藤の負傷交代だろう

後半味方選手と交錯して無念の退場となってしまった
特にその後容体を確認はしていないが、軽傷であることを祈っている

その後交代出場の安倍が、山本からのパスを横の土居に優しくパスし
本山になぞらえられる優しいタッチを披露してくれた

そして遂に先制点

相手DFを安倍がチェックに行き、パスにわずかに触れてコースを変えると
これを高い位置でレオ・シルバが奪いトップにいた優磨にパス

パスを受けた優磨はドリブルでゆるゆると上がり
左から追い越していく土居に素晴らしいタイミングでスルーパス

このボールを土居が左足右足でトラップし、次の『半テンポ』後に右足で(※)シュート
(※「右足で」は4/4追記)

交代して入った相手GK塩田の横をするりと抜けていき
ゴールネットを優しく揺らした

後はしっかりと相手攻撃をいなし、隙あらば追加点を奪うのみ

結局追加点こそ奪えなかったものの、相手に得点も許さずに
昌子がいないのが鹿島らしいスコアの1−0で無事勝利を飾れた

正直もっと得点を奪えそうなものだったが、それはまだこれから

しっかりと勝点3を積み上げられたことを高く評価したい

↓相変わらず秋田の鹿島への愛は熱いね(笑)
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:44 | Comment(2) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする