自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年04月22日

磐田戦 速感

ひどい負け方

磐田はお手本の様なクロスからのヘッド弾
こぼれ球をダイレクトミドルをズドン、
シュートコースが無いところでGKの頭上を抜くダメ押し弾

どれも素晴らしい得点を奪った

対して鹿島は、後半だけでもPJがGKと1対1になるも
正面に蹴って弾かれ、土居へのクロスなのか中途半端なボールを蹴り
土居も永木も金崎も決定機を決められず、1度や2度ではなく6点7点分くらい
自分たちのミスで、焦りでゴールを逃して終わってみれば0−3と
惨敗を喫することとなった

更に言えばPA内で金崎が倒されるもノーファールだったり
この試合の佐藤主審のジャッジもあってイライラが募る試合だった
(佐藤主審への不信感も未だにある)


1点入れば立て続けにゴールを奪えそうな雰囲気はあったものの
その1点が遠かったこの試合

ジュビロの守備陣も頑張ったのだろうが、
鹿島攻撃陣が焦って自分たちでチャンスを潰した印象が強い


レオ・シルバが入ってからは改善されたが、
サイドチェンジが相変わらず少なく展開が苦しくなる

相手PA付近まで押し込んで跳ね返されたボールは
後ろを経由して逆サイドまで運ばれるが、これは相手にとって
脅威にはならない

ビルドアップの時点で逆サイドを意識して使っていかないと
相手の密集にやみくもに突っ込んでいくだけになり、
その後相手に逆に逆サイドのスペースを使われてピンチに変わる

別に一発の大きなサイドチェンジではなくても
スムーズに相手選手の走行スピードより速く
逆サイドまで流れれば、そこから鹿島の技術力が発揮されれば
今日の磐田の様にブロックを固める相手でも陣形が乱れたんではないかと思う

1失点までは良かったが、中村の2点目が痛かったな

あれで今日の鹿島はゴールを少し焦ってしまったきがする

今更だし結果論ではあるけれど、もっと落ち着いてゴールに迫れば、
決して追いつき追い越せない相手ではなかった様に思えた

まとまりもありませんがこの辺で

↓お疲れ様でした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら




posted by knz at 17:38 | Comment(1) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする