自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年05月06日

浦和戦 雑感

1−0で競り勝った『頂上決戦』浦和戦

鹿島にとって大きかったのは柏木と遠藤(航)という
浦和の攻撃を組み立てる二つの軸が欠けていた事だろう

興梠もラファエル・シルバも『使われる側』の選手であり
使う側、ましてや攻撃を組み立てる選手ではなかった

浦和の攻撃にアイデアが乏しく、どこか単調だった

とは言え技術や強さのある浦和だけに、それでも十分危険はあったが、
それでも決定的な場面は後半ラファエル・シルバに与えた1回位で
それ以外は大きなピンチを迎える事は無かった

一方鹿島も『アンタッチャブル』な一人、山本を欠いたわけだが、
これまで批判はありながらも何度も西を左で試しており
今回はそれが奏功した

山本の様に大きく駆け上がってゴール前まで入り込むわけではないが、
ボールを落ち着かせ、レオ・シルバの上がったスペースを埋め
左サイドでゲームを組み立てる事に成功した

浦和に対してもスカウティングとおそらくスカウティングとは違っており
相手を混乱させることも出来たのではなかろうか

金崎のゴールは、森脇の足に当たってコースが変ったものだが、
その前にボールを受けてからのターンが鋭く
相手を一瞬引き離せたことがゴールに繋がった

ボールを受けた時点では、相手2人のDFとGKが控えており
ゴールの確率は決して高くはなかったと思う

だがここで一瞬間をずらしてのターンで対するDFを1人にし、
西川のポジショニングも録画で見ると正しかったとは思えず
ニアが大きく空いていた

結果としては森脇の足に当たったから入ったのではあるが、
もし金崎がニアに蹴れていれば、それはそれで決まった可能性もある

そう考えれば、ボールを受けて数秒後に
ゴールの可能性を大きく上げた金崎のプレーが光るゴールだった


思った通り森脇の『プレー』は大きな波紋を呼んでいる

正直レオ・シルバが目を剥くタイミングを見れば
森脇が言っている『小笠原に対して』言っているとは思えない

浦和は各選手への聞き取り調査では問題は無かったとしたという事だし、
鹿島は鹿島でなにか処分を求めるモノではないとして
Jリーグに判断を委ねるということ

Jリーグが、特に浦和に何か処分を科すとは思えず
形としてはもうこれでひとまず話しは終息に向かうのだろうとは思うが
『JAPANESE ONLY』横断幕問題と言い
浦和にはどこか『そういう空気』があるのかもしれない

ちなみに(?)以前ダヴィが退場になった浦和戦(2013年第29節)も
主審は松尾一さんだった

もし森脇の暴言が今回だけでなく以前からあったとすれば、
おそらくダヴィの時にも当てはまるような行為があったと思う

Jリーグは浦和と鹿島だけではなく、他クラブに対しても
自チーム内と他チームに、その様な行為を働く選手がいないか
アンケートを取って『再発』防止に努めた方が良いのではなかろうか


試合はその後も鹿島が決定機を増やしたが、
シュート精度の悪さからか結局それ以上の得点は奪えず
1−0のまま試合終了

勝ったしスリリングで悪くはなかったが、
あれだけのチャンスがあればあと1、2点加えておけば
金森や雄斗を出して選手層の強化も出来たハズ

贅沢な考えではあるけれど、ちょっぴり残念だった

何はともあれ、G大阪が引き分けた事で
これで正真正銘鹿島が首位に立った

現状それに見合ったチーム力が備わっているかは微妙だが、
首位に立った事で見えてくる課題もあり、徐々に相応しい力が身につくだろう

最後までこの位置をキープしたい

選手達の動きが重くなりつつあるので
ACLムアントン戦は、普段なかなか試合に出られない選手を中心に
ギラギラした闘志で勝利を目指して欲しい

↓浦和の内部調査は、『虚偽報告はJ3降格』位科さないと真実は見えないだろうな
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
広島遠征に!

ワンランク上のカテゴリー「シェラトングランドホテル広島」はJR広島駅直結、観光地にも近く、便利な場所に位置しております。

広島バスセンター隣、平和記念公園へ徒歩5分の好立地!恋人の聖地サテライトに選定

広島駅直結でレジャー、ビジネスに絶好のロケーション。全室インターネット無線LAN(Wi-Fi)接続無料!!

楽天トラベルアワード2016『ダイヤモンド賞』受賞!和洋バイキング朝食無料(6:30〜9:30)!全室WIFI無料!



posted by knz at 23:53 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする