自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年05月14日

神戸戦 速感

負ける試合の典型の様な試合で1−2で敗戦

三日天下とは言わないが、浦和が6−1で新潟に勝利し
切なくも悲しい1週間での首位陥落となってしまった

【典型的な負けパターン】
まず第一に出足が悪い

試合の入りで『まず1歩』のダッシュが甘く、
相手に主導権を渡してしまう

ここで耐えきってその『1歩』が出るようになれば
鹿島の試合に出来るのだが、今日はその『1歩』が出る前に
不運な形で失点してしまう

不運とは言え、それはセットプレーの中でのこと

FKに対して西が競り合ったが、その西の頭で弾かれたボールが
なんとゴール右隅にきれいに決まってしまった

これ自体は不運

だが、そのFKを与えてしまった場面は、
本来であれば三竿、レオ・シルバ、土居、小笠原の誰かが
バランスを見ながら対応し、PJはカバーに入る程度のハズが
ガッツリ相手のプレスに当たってあえなくファールを取られた

全体的にバランスを上手く保てなかったからだと思う

2失点目も結局は右サイド、相手の左サイドで裏のスペースを簡単に使われた結果

あのクロスに対して、元とは言え日本代表だった渡邊と
今日が初先発・町田のマッチアップでは
キレイにマークを外されても町田を責める気にはならない

セレーゾが解任される前、なかなか勝てなかった時期も
その見た目の理由は同じく『あと1歩』が出てこなかったからだと思っている

それが約束事でか練習不足かそれとも疲労かという違いはあるだろう

だが、相手より多く走る必要はないが、
相手より出足を1歩早く出来なければボールは相手に収まり続け
そしてボールを奪っても、1歩が出ないからパスコースが出来ず
結果ドリブルで仕掛けるしかなく変な場所で奪われて
より体力を消耗させて更に足が重くなる

こうなるともう典型的な負け試合

先ずは『1歩』をしっかりと踏み出さなければ勝てるものも勝てない

【それよりも恐れていた負傷者】
ムアントン戦前から金崎、ムアントン戦で昌子が負傷し、
この二人は今日の試合に出られたものの
植田が直前に太ももの張りで今日の試合を回避し、
試合中には遠藤とレオ・シルバが負傷交代

いよいよ連戦中に選手を入れ替えなかった(られなかった)ツケが
出てきたのかもしれない

不幸中の幸い(・・・というと、某大臣の様に叩かれてしまうかもしれないが)
まだバックアッパーがいるDHと右OHではあるものの
昨年も遠藤不在時には『試合を作る』事すら難しかった

そもそも昨年2ndステージの惨劇は、カイオの移籍以上に
負傷者続出でメンバーを固められなかった事の方が実際には大きかったと思う

同じ惨劇が、1シーズン制に戻った今シーズンに繰り返されることは
断じて避けなければならない

何故かムアントン戦で2つも交代枠を余らせた石井監督にとっても
もう一度選手起用について再考する契機となる試合だったのではなかろうか

一気に重苦しい空気が立ち込めてきた気もしてしまうが、
冷静に見つめればそこまで大きく何かが崩れているという事は無い

落ち着いて状況を把握して、足元を確認しつつ前を向いて進みたい

※なんかアップロード出来てなかったみたい

↓おつかれさまでした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


【広告】
広島遠征に!

ワンランク上のカテゴリー「シェラトングランドホテル広島」はJR広島駅直結、観光地にも近く、便利な場所に位置しております。

広島バスセンター隣、平和記念公園へ徒歩5分の好立地!恋人の聖地サテライトに選定

広島駅直結でレジャー、ビジネスに絶好のロケーション。全室インターネット無線LAN(Wi-Fi)接続無料!!

楽天トラベルアワード2016『ダイヤモンド賞』受賞!和洋バイキング朝食無料(6:30〜9:30)!全室WIFI無料!

posted by knz at 19:14 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする