自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年05月15日

神戸戦 雑感

『戦術・金崎』からの脱却が出来ていない事を
感じさせられた試合だったと思う

前半、ボールに対するアプローチが遅く
球際で勝てない状況が続き、その状況が試合を難しくしてしまった

出足が良い時には、もちろんボールを奪えるだけではなく、
ボールがどこで、どのタイミングで奪えるかも
予想をつけやすい

ボールを奪えるタイミングが分かれば、
前線の選手から攻撃への予備動作、走り出しが行われるため
マイボールにした時にはパスコースが出来ており
それがパスのリズムに繋がっていく

そういう時は必然的に相手が後手に回っているので、
ボールを奪われてもまた奪い返す事も容易となる

少なくとも鹿島が続けるスタイルに於いて
出足の早さ・速さは基本中の基本であり、
それが『気持ちが重要』とも言われる所以でもある

前半、遠藤の負傷で金崎が投入されると
彼は前線からチェイシングを行ってくれたことで
相手のリズムが崩れ、金崎に引っ張られるように
鹿島の選手達にも運動量が出てきて少しずつ試合を作れるようになった

だが、既に2点をリードし、ある程度割り切って戦える神戸からすれば
それは慌てる事ではない

せめて1点差であの状況に至っていれば、
少しは違う状況になったかもしれない

そういう意味で優磨とPJの責は少なくない

特に優磨については、ムアントン戦後に
金崎をお手本にして戦っていると語っており、
その中で前線からのプレスについての重要性も語っていた

FW2人がチェイシングにあまり走り過ぎる必要は無いだろうが、
全体的に運動量が高いと言えない状況の中で
彼等2人が、特に優磨にはもっと走ってもらいたかった

とは言え勝つチャンスが無かったわけではない

後半、金崎と優磨が被った場面や、町田のボレー
その後頭で押し込もうとした場面や
相手がPA内でハンドを犯した様に見える場面等
もっと早い時間に得点出来れば、違った結末が有ったのかもしれない

だが、結果としては『時すでに遅く』と形容される時間で
やっと1点を返すのが精いっぱいで、またもやホームで敗れてしまった

更にはメンバー固定の弊害である疲労の蓄積か、
主力選手3人に怪我が出てしまい、
遠藤とレオ・シルバに至っては、
中長期の離脱が濃厚という状況に陥ってしまった

怪我に関しては、結果論ではあるが、
やはり監督の選手起用に問題は有ったのだろうと思う

先に書くが、最初のシーズンにナビスコ杯(現ルヴァン杯)を、
そして昨年は年間王者と天皇杯を制し、
CWCではアジア勢初の決勝進出を成し遂げた手腕は
決して非凡な監督とは言えず、むしろ名監督の一人に数えて良いと思っている

確かにムアントン戦の様に選手交代枠を余らせたりと
不思議に思う場面もあるが、それでも目の前の勝利に対するアプローチとしては
『勝利至上主義』のアントラーズとしては大きく間違っていないのだろう

それだけに怪我人が出て、思い通りに選手が使えなくなったここからが
石井監督の真価を問われる場面とも言える

追い込まれた時にどれだけの力を発揮させられるか

否定するのは簡単だが、敢えて彼を信じて、
そして監督は我々を納得させてくれる戦いを
次は金曜ナイターで行われる19日の川崎戦で見せてもらいたい

↓レアンドロや金森達にとっても『正念場』!ここで活躍を見せてくれ!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 14:07 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする