自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年08月01日

今後比較されるだろう監督解任

さて、鹿島と浦和

なにかと比較されたり引合いに出されたりと
お互いにカウンターパートとして扱われることの多い両チーム

今シーズンに関しては、『シーズン途中での監督解任』という
非常に稀なケースでも一致し、今後また色々と引合いに出されるだろう

もっとも鹿島は3回目とはいえ、2015年にセレーゾから石井に替わって
それ程間が空いたわけではないし、浦和もこれで6回目?になるので
それぞれで言えばそこまで珍しいという訳ではないのかもしれない

ただ、『通常』監督解任は『最後の手段』的な大鉈であって
セレーゾ解任の際、もしくは石井前監督解任の際にも言われたが、
『優勝争いからの脱落を危惧して』というのは、一般的には珍しい

鹿島は、99年こそ、解任後同シーズンにタイトルを得られなかったが、
当時のナビスコ杯では準優勝し、翌年の3冠制覇への礎を築き、
また記憶に新しい15年はナビスコ杯制覇し、翌年年間と天皇杯と
確実に結果を出してきている

今シーズンも監督交代の前後で明らかに戦績が回復している

更に言えば、過去2回の解任では、惜しいところで
リーグ制覇には届かず、若干ながらも遅きに失した感がぬぐえないが、
今シーズンはその経験から、『少し早いのでは』というタイミングで断行し
現状1試合消化が少ないながら、首位と1差の2位と
今後に向けて視界は良好と言える

比べてここまで解任を引き伸ばし、遂に監督解任に踏み切った浦和

浦和はリーグ戦では戦績を落としているものの、
ACLでは準々決勝に駒を進めており
この交代が吉と出るか凶と出るか難しいところではある

『ペトロビッチのサッカー』と言われるほどの特殊戦術を
5年半もの間しみこませ続けた浦和に、
そのサッカーを根底から変える劇薬は
ギャンブルを通り越して無謀なチャレンジにも見える
(もちろんギャンブルも時には勝ちも有り得るが・・・)

冒頭にも書いたように、よく比較される2チームだが、
こういったチームではなくクラブとしての姿勢を見ても
鹿島が組織として如何に素晴らしいかが良く見えてくるというもの

ここから取れるタイトルは全て頂き、
その素晴らしさを証明したい

↓もっとも浦和は後任に森保をって噂も有るんだけどね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ノエスタ周辺宿・ホテル
 2010年OPEN以来、お客様の総合評価は5つ星☆館内はスタイリッシュでありながら、どこか落ち着いた雰囲気が漂います。
 海と空と夜景のホテル.目の前に広がる海と空の眺望を楽しむ全室バルコニー付きのリゾートホテルで心ときめく船旅風ステイ。
 天然自家源泉100%・神戸六甲温泉「濱泉」開業(宿泊者は滞在中無料)。
 海と山に囲まれた国際都市・神戸の、美しい眺望が自慢のシティリゾート アクセス抜群で神戸・関西の観光に最適のホテル
posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする