自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年08月10日

神戸戦 雑感

開始早々、噂のポドルスキーさんがあいさつ代わりに
後ろからのボールをPA外でダイレクボレー

これは狙い通りにはヒットせずに失点には至らなかったが、
『どんなボールでもシュート出来るぞ』と
我々を威嚇する様な場面だった

だが、鹿島のディフェンスはその威嚇に屈しなかった

守備時でも全体的にズルズル下がることなく
積極的に前で守備をする

前半のポゼッションは神戸に分があったかもしれないが、
高い位置からの守備でボール奪取からショートカウンター気味に
相手ゴール前まで押し返すという形で
トータルで考えれば五分の展開だったと言えるだろう

神戸はそのポドルスキーのシュートを曽ヶ端が僅かに足に当てて
ポストに弾かれた場面等も危なかったが、
鹿島はレオ・シルバのFKで直接ゴールを狙ったシュートや
中村がダイレクトでスルーパスを出し、レアンドロが抜け出した場面等
得点機の質・量とも互角の展開だった

均衡が破れたのが後半開始後すぐ

ポドルスキーのPA内でのシュートを、
どうにか曽ヶ端が弾き、山本がエンドにクリアするが、
これで得たCKから頭にあわされ失点してしまう

駆け引きの部分で植田がマークを一瞬外されて決められたゴールで
彼がもう1段階上の選手になる為には、こういう部分で
もっとこだわりを持っていかなければいけないだろう

だが、この失点で鹿島に火が付いたのか、
単に前半から飛ばし過ぎ、得点で気が抜けたのか
鹿島の動きが相対的に活性化した

失点後、金崎の相棒を土居から優磨に替えると、
その優磨が左サイドを突破しクロス

これを中村が落とし・・・た様には見えないのだが、
トラップがちょうど良く金崎への落としとなり
金崎が相手GKが一歩も動けない完璧なシュートを放ち同点

こうなればもう時間の問題とは思っていたが、
粘る神戸になかなか得点は奪えないまま試合は終盤

だがそれでも最後には勝ち切れてしまうのが今の鹿島

レアンドロからのスルーパスに金崎が絶妙なタイミングで抜け出しGKと1対1

そして最後は冷静にGKを交わしてシュートをゴールに流し込んだ

これが決勝弾となりチームは3連勝、引き分けを挟んでリーグ戦8連勝で
敗戦したC大阪を追い抜き首位奪取

注目のポドルスキーは、確かに上手い選手ではあったし
良いところに『いる』選手ではあったが、
『J随一』と言えるほど突出した存在ではなかった

もちろん今後コンビネーションを高めれば変わってくるのかもしれないが、
それでも移籍金3億円超、年棒6億円超という金額に見合うかは疑わしい

まあその他のマーケティングもあるので、
お金のことは複雑なのではあるけれどね


週末C大阪は試合がないので、ここは一気に突き放すチャンス

C大阪は、2得点後に3失点で逆転負けと
勢いを落としている感があり、むしろ3位の横浜FMの方が
リーグ戦11戦負けなし(8勝3分)と勢いがあり上がってくるかもしれない

次節は難敵川崎F

前回はホームで0−3と屈辱的敗戦を喫しており
同じ相手に連敗は許されない

むしろ相手のホームで3点差以上の点差をつけ勝利したいところ

夏場の連戦で体力的に苦しいかもしれないが、
良い準備をして等々力に乗り込みたい

↓優磨のはともかく、前半のレアンドロのはPKでも良かった気もする
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ





posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする