自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年09月04日

仙台戦 雑感

結果として2戦合計4−5で敗れたルヴァン杯仙台戦

その結果自体は悔しく、受け入れがたい現実ではあるものの
受け入れて次への糧として行くしかないのだが、
とは言えこの仙台戦は悪いところばかりではなかったと思う

そもそも大岩監督が
『これからは攻撃的な部分もこだわっていきたい』と
依然コメントしていたが、裏を返せばやはり鹿島は
『まずは守備から』が浸透しているチームといえる

そんな鹿島にとって、生命線となるCB二人が代表で抜け、
次世代を担い、彼らのバックアッパーと目されていた町田も
大けがで戦線離脱中となっている

初戦でブエノがレッドカードを受けた事は残念だが、
そんな『CB不在』の中で三竿健が責任を持って
このポジションを経験出来たことは、
今後DHとして成長していく中でも活きてくるだろう

また、かつて青木や中田がそうであったように
DHから将来的にCBにコンバートされる選手も多い

その時にスムーズに入っていける布石となるかもしれない

いずれにせよ失敗もあったが、5失点中4失点がセットプレー
流れの中ではそれなりにやれていたのかもしれない
(2戦目の先制されたFKを与えるファールもあったが・・・)

そしてなんといっても安部の活躍

大岩監督がどう見ているかは分からないが、
既にそのプレーは別格の雰囲気を醸し出している

正直この試合では、中村のプレーに失望させられたのだが、
その分安部のプレーはより一層輝いて見えた

もちろん、もう攻めるしかないという状態の中で
バランスをとる必要がないので
思い切り良くプレー出来たのかもしれないが
それでも前を向いてボールを持つと、
そこに得点が産れる気配を感じさせてくれた
(思えばこの感覚を、少なくとも私は中村に求めていた)

それとサポーター

現金と言えば現金だが、
1点目、2点目、3点目と得点を加えるにつれ
明らかにチャントが揃い、逆転を感じさせる空気を作り上げていった

結局そうはならなかったものの、おそらく相手選手達には脅威を、
そして鹿島の選手達には勇気を与える事が出来たと思う

願わくば追い詰められる前に、そして得点を奪ってからではなく
これから得点を奪っていきたいときに
もっと早くこれが出来ればと思ってしまうものの
サポーターのポテンシャルを見せてくれた試合でもあったと思う

もうルヴァン杯を失った現実は変わらない

早く切り替えて次の大宮戦に備えたい

↓ところで西の負傷ってどの程度なんだろう?
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする