自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年09月10日

大宮戦 雑感

仕切り直しの大宮戦

この試合は課題もあったものの、
鹿島にとっては明るい内容だったと思う

試合の序盤と終盤に押し込まれる時間帯もあったが、
大抵どんな試合でもそういう時間帯はあるもの

そんな中で相手に決定的な場面を作られるも
曽ヶ端のファインセーブ連発もあり無失点に抑えられたのは
逆にそれはそれで誇らしい


この試合では金崎をはじめ、皆が積極的に
シュートを放っていたのが印象的だった

公式スタッツでのチームシュート数は13

リーグ戦直近3試合でシュート数が二桁だったのは、
2得点の清水戦で10本だっただけ

さすがにルヴァン杯の2ndレグは19本のシュートだったが、
特殊な状況以外ではそこそこ多くのシュートを放ったと言える

だが、元々鹿島は『下手な鉄砲』タイプで
多くシュートを放ってナンボのチーム

セレーゾ時代から昨年までは、平均15本以上程度は確保していたので
今期ここからでも、シュート数を以前の水準に戻してもらいたい

鹿島にとって最もうれしいのは、
抜擢された選手が活躍し続けている事

監督交代後、中村とレアンドロが大岩監督になって起用されると
いきなり大当たりで大活躍

最近その勢いが陰ってきたかと見るや金森や安部を抜擢

するとこの2人もアシスト・得点に絡みはじめてきた

こういう連鎖が好循環となり、お互いを切磋琢磨し
チームとしてのレベルを1つも2つも向上させる土壌が出来る

チームの成長に期待したい

↓さて、こちら何処から始めましょうかね・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする