自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年05月17日

プロ選手にとってはこの状況をチャンスと捉えて欲しい

鹿島は本日、変則的な(?)リーグ日程で
金曜日に開催される第12節、ホーム川崎F戦に向けて
紅白戦を実施したとの事

主力メンバーだけでも遠藤、レオ・シルバ、植田が離脱し、
金崎、PJ、山本が別メニューがちだったりする中
ほぼそのままスタメンとなる紅白戦主力組は
どの様な布陣だったのだろうか

レオ・シルバについては『今季絶望ではなかったことだけは救い』とのこと

夏以降の復帰を目指すとの事だが、裏を返せば『絶望的』ではないだけで、
今期中に復帰出来る保証は無いとも受け取れる

1日も早い復帰を望むが、鹿島というチームとしても、
また『外国人助っ人』という立場も考えれば、
ファミリーとして鹿島から旅立った後の事も含めて
怪我が慢性化してしまってはレオ・シルバの為にならない

我々サポーター以上に本人には前を向いてもらい
復帰に向けて落ち着いて確実な歩みを進めてもらいたい

遠藤については復帰まで1月程度とのこと

これを長いとみるか短いと見るかは難しいところだが、
その間にACLラウンド16もある事を考えると少々苦しい

『人を使える』2列目は鹿島では遠藤のみ

神戸戦で得点を決めたレアンドロもそうなれるのかもしれないが、
現状では未知数だし、第一まだ周囲との連係も確立されていない

だがコンビネーションがある程度確立されれば
ダニーロやフェリペ・ガブリエル達の様にチームの中で
存在感を持つ選手にもなりえるだろう

ある意味このタイミングで『試合出場権』を得られれば、
チーム力アップに直結する

もしくは梅鉢や久保田等、素質は十分ながら
未だに活躍の目処が立っていない選手にとって
このチーム状況は大きなチャンスだろう

彼等には、ある意味酷だが、何事もなければ
おそらくチャンスが訪れる事は今後もまずない

少なくとも今シーズンにはあり得なかっただろう

プロ選手にとって、ある選手の怪我は自分にとってのチャンス

もちろん人として人の不幸を願う様ではどうかと思うが、
選手としてはこれをチャンスとして
『絶対にモノにしてやる!』という気概は必要だろう

他にも現状ではプレースキッカーは別としても
優磨や安倍を1列下げたり、
西を2列目に上げる事も視野に入れたりして
少しの間やり繰りすることも考えられるが、
これもチームとしての幅を広げるチャンスともいえる

鹿島はシーズン前、『チーム史上最高の補強』を行った

であるならば、今この苦しい状況でこそ、その補強が活きるハズ

下や後ろばかりを見て腐しても良い結果は産まれない

今出来る事をしっかりと行い、『あの時があって良かった』と
後から言える結果を掴む、ピンチではなくチャンスと捉えてほしい

↓反省は必要だが、後悔に浸っているヒマはない
【広告】
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら







スポンサーリンク

posted by knz at 21:54 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。