自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年08月27日

C大阪戦 雑感

1−0の接戦を制したC大阪戦

この試合、唯一の得点を挙げたレアンドロが
メディアではピックアップされるが、
実際にはそれ以上に曽ヶ端と
曽ヶ端を中心としたDF陣こそ勝利の立役者だという事は
多くの方が感じている事だろう

前半では柿谷がヘディングでゴールに迫ったシーンは危険だったし
後半杉本に昌子が交わされて放たれたシュートは
曽ヶ端の片手でのセービングに救われたし
CKをすらすように放たれた杉本のヘディングも
どうにか弾いてその後みんなでクリアしきった

終始C大阪に押し込まれる内容の中で
守備陣が、いやチーム全員が守備の意識を切らさず
最後まで集中して耐えて耐えて耐え抜いたことで
最後に神様からご褒美を賜れた

レアンドロは試合を通じて活躍出来ているわけではないのは変わらないが、
まず守備をしっかり頑張れるようになったことは大きなポイントだろう

この試合では、攻撃で流れを止めてしまう場面もあったが、
逆に軽いプレーでピンチを招く様な場面もなかった

むしろ守備では周囲と呼吸を合わせて、
今まででもベストなパフォーマンスだったかもしれない
(あくまで守備だけ)

チームに馴染んできただけなのか、成長しているのか

『よくわからない』レアンドロにこれからも期待したい


優磨はちょっと簡単に倒れすぎだろう

ボールが回ってくる『運』を持ち合わせている様に見受けられる選手だが、
ちょっとした接触プレーで簡単にファールを貰いに行く姿は
本格派のストライカーには似合わない

むしろかつてのクリスティアン・ビエリの様に、相手DFを吹っ飛ばしながら
相手ゴールに向かっていく様な凄みが欲しい

本人が海外への気持ちがあるのであれば、なおの事簡単に倒れてはいけない

這いつくばってでもボールをゴールに押し込む様な姿を見せて欲しい


さてリーグ戦では、今日行われた甲府−川崎Fがドローだったので
2位となった横浜との勝点差が5に開いた

まあまだ何も楽観視出来る差でもないのだが
中断を前に良い位置につける事が出来た事は
素直に喜ばしい

ここから代表ウィークでリーグ戦は中断されるが
変わって昌子と植田がいないルヴァン杯決勝Tがスタートする

CBがいないことを言い訳にしてはいけない

良い準備をして仙台戦を迎えたい

↓スカパー!の契約内容確認をお忘れなく!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by knz at 23:59 | Comment(1) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さま。

こんにちは。
C大阪戦は結果が大事な試合。中断前に勝ち切ったのは、1位・2位決戦と言う意味で大きいですね。

C大阪もユンジョンファン監督のもと組織された良いチームですね。
あれで、山村選手が入ると他のチームが勝つのは簡単では無いという印象です。

あと10試合。1つ1つ勝って最後まで勝ち抜けたいですね。
Posted by 草しか〜 at 2017年08月29日 07:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。