自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年09月03日

仙台戦 速感

今日の結果は3ー2

『勝利』の定義をどうするかによるが、
与えられたタスクを成し遂げることとすれば
今日の試合は負けだろう

場内アナウンスで
『鹿島アントラーズの勝利です』なんて言葉は要らない

LIXIL賞を貰った優磨も気の毒でしかない

もっともその優磨も試合中、
熱くなって相手DFと小競り合いをしており
そんな暇あったら次のプレーに集中して欲しかったので
その罰ゲームという気もしなくもない

戦犯を探すの好きではないが、
敢えて敗因を書くとすれば
中村と三竿雄斗の交代が遅かったように思う

中村は終始からブレーキになっており
前半終了間際の決定機も外してしまった

あれが決まっていれば展開も違っただろう


三竿雄斗はどこかおっかなびっくりで
プレーに迷いが感じられた

結局また失点に絡んでしまったことで
今後の起用も遠くなってしまう

それでも中村が決めてくれていれば
少しは印象は違っただろうが・・・


最後に、試合終了後の選手達

ゴール裏に来て目を伏せながらお辞儀して帰っていく

それがあるべき姿なのか?

そりゃあ時には大きなブーイングだってある
『金払って見てる』と居丈高に言いたいわけでもない

ただ、選手達が悔しいとき、
間違いなくサポーターも悔しいのだ

そんなサポーターの前を通るとき
俯いたまま顔も見ず、
ただ嵐が過ぎ去ることを待つように
ただただ嫌な場所を早く通り抜けるように
つらい苦行を強いられたかのように
素通りしていくのはやめて欲しい

タイトルは、勝利は地面に落ちていない

顔を上げて前を向き、
喜びも悔しさも分かち合いながら
進んで欲しい

↓お疲れ様でした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by knz at 20:59 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。