自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年09月09日

大宮戦 速感

仕切り直しの一戦は、大宮をホームで1−0で下し、
ルヴァン杯敗退の嫌な流れに乗らずに、
リーグ戦で連勝の流れに上手く戻って勝点3を手に入れた

最初にビッグチャンスを迎えたのは大宮

試合開始から10分ほどで右からのクロスを
曽ヶ端の正面で頭で合わされた

教科書通りGKの足元を狙った良いヘディングで
あわやとは思ったがこれを曽ヶ端がビッグセーブ

他にも、今日の試合も曽ヶ端は、『神』とまでは言わないが
堅実に、そして時にナイスセーブを連発し
決して簡単ではない試合でクリーンシートをマークしてくれた

もちろんその影には昌子・植田の代表コンビも存在する

どうしてこうも違うのだろうというほどの安定感で
カウンターやセットプレー以外の流れの中で
危ないシーンはほとんど見られなかった

今日の試合、唯一の得点は金森の折り返しを
金崎がワンタッチで蹴り込んだもの

金森は、クロスに至るドリブルで相手の逆をとり、
さらにゴール前にの折り返すと見せかけて
マイナス位置の金崎に出すことで
もう一人DFの逆をとって転ばした

如何に金森の動きがキレていたかが分かるというもの

また金崎は得点シーンのみでなく、
積極的にゴールを狙う意思がよく見れた

前半のミドル、後半のロングループ等々
得点になってもおかしくないシュートを連発

仙台戦ではおとなしく、代表落選が影響?とも心配したが
もう吹っ切れたと思って良いだろう
(もともと吹っ切れていたかもしれないが)

もしかして昌子とかがハリル氏のメッセージを伝えたのかな?

安部はやはり面白い

遠藤に代わって後半から入った安部は
キレ味鋭いドリブルや、イマジネーションに富んだパスで
見ているみんなをドキドキさせてくれた

残念ながら相手を交わしてほぼフリーで放ったシュートは
GKの正面を突いてしまい無得点に終わったが、
もう彼の活躍はまぐれやラッキーではなく
実力を伴った必然と言っても過言ではないだろう


最後三竿にイエローが出たが、
だいぶ納得していなかった様に見受けられた

相手の7番(?)とはその前からバチバチやっており
その流れかとも思うが、後で見逃し再生でよく確認したい

横浜FMが負け、川崎Fが浮上したので
2位となった川崎Fとの勝点差は6

その差はやや微増ではあるが、着実に下との差を広げる事が出来た

結果を出してくれた選手・監督スタッフに感謝したい

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


スポンサーリンク

posted by knz at 21:11 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。