自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2020年10月24日

【リーグ戦】広島戦 速感

値千金、エヴェラウドのゴールで1−0の勝利

まぁ、狙った形ではなかったかもしれない

三竿からのややルーズなフィードに相手がクリアに来たところでエヴェラウドが入れ替わりGKと1対1に

これをしっかりと決め切り勝利を手繰り寄せた

こういう『決めるだけ』をキッチリ決められることが本当に大切で、勝てない時期はこれが決まらなかった

この試合でも和泉、町田が外し、広島も何本か外していた


前半はまだ強度の高いプレスからの攻撃が出来ていたが、後半はコンパクトに高い位置からプレスをかけたいところで、アウェー連戦の疲れからか掛かり切らずにややオープンな戦いになってしまった

これはある程度仕方がないところ

そこでやり方を変え、勝利を掴んだことには価値がある


ただ、小泉やレオ・シルバ等は足を痛めている場面もあり、ここからも連戦が続く中、そろそろ選手起用に工夫を持たせて欲しいなとも思わせる試合だったな

↓お疲れ様でした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

  


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

  

スポンサーリンク

posted by knz at 19:20 | Comment(1) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
広島戦の薄氷勝利は素晴しいと思う反面、リプレイで改善点もいくつか見えたので、


〇広島戦の守備について

1-鹿島のバイタルエリアで、レオシルバが敵ボールに猛然と食い付くが、するりとボールが抜けて再び敵ボールに。というシーンが5回程あり、その内、2回はシュートまで持っていかれた。沖がセーブしてくれたが。

レオは、自陣バイタルエリアで食い付いたらマイボールにできなくても、最悪クリアしてくれないと危険すぎると思う。どの試合でも見る光景だが、特に広島戦はレオが悪い意味で独り舞台をしているシーンが散見された。


2-町田がドリブルする敵FWと並走して、スピード勝負の徒競走シーンが2回あり、1回は走り負けてシュートされギリギリでゴールポスト当たって救われた。この時は町田の戻り判断がほんの少し遅れた。

町田でなく、足の速い犬飼が帰陣する工夫が必要だが、どの試合でも犬飼でない町田(関川)の裏に落とす作戦は仕掛けられるだろう。そうなると町田(関川)の速い判断と予測が必要。町田と関川だけは戻り易いようラインを上げ過ぎないのも手だが、それは、やはりザーゴが歓迎しないのだろうか?


3−鹿島ペナルティエリア内で敵選手がゴール正面にクロスを上げ、中央から走り込んできたフリーの敵選手がキーパーと1対1の状態でシュート、大きくふかしてくれて助かる。かなり決定的な問題シーン。

この時は犬飼がクロスを上げる敵選手の1.5m手前にいたがゴール方向のシュートコースを切る事を優先して中へのクロスコースを切る事ができなかった。
そうなるとシュートを打った敵選手をフリーにしたのは誰かとなるが、候補はレオシルバ、小泉、三竿。この内、誰かが付かなくてはいけないシーンだった。あるいは犬飼がゴール方向を切りながらあと1歩2歩敵に詰めていたら楽なクロスにならなかったと思う。


〇攻撃について

試合開始18分の町田の惜しいシュートのシーン。またも町田のヘディングシュートはキーパー正面なのか、どうして決められないんだ!というプレーのひとつ手前。

この時、珍しく鹿島はCKを少し工夫してニアで必ず高さでは勝てる町田にフリックさせ、こぼれを誰かがシュートする狙い。
これは、今の鹿島にふさわしいCK攻撃戦術だと思う。

ところが必ず勝てるはずの町田は敵2人の圧力でCKの落下地点の目測を誤り、空振りしてフリック失敗、偶然こぼれてきたボールを三竿が戻してくれ、それがまたも町田へ、それを町田が敵キーパー正面にヘディングシュート。
とまあ、町田が短時間の2回のヘディングチャンスで良い結果を出せなかった。

これはもうシュート練習しかないのかもしれないが、やはりシュート直前の冷静さ、落ち着きなどのメンタルトレーニングが絶対に必要な気がする。アラーノにも必要。
Posted by at 2020年10月25日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
   ※基本的に無記名のコメントには返信いたしません