自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年05月13日

2017Jリーグ ”希望”スタメン

明日の神戸戦

特に意識していなかったのだが、
近年あまり神戸に対しての対戦成績は良くないようだ

リーグ戦では2014年に神戸がJ1に再昇格して依頼
ホームカシマで3連敗中

ナビスコ杯(現ルヴァン杯)で勝っているので、
『カシマ3連敗』とまでではないのだが、
それでもここ14年〜16年の3年間で
全公式戦対戦成績5勝5敗1分と勝ち越せてもいない

特にカップ戦のトーナメントでは必ず勝てているが、
リーグ戦の様な『なんてことない』試合では勝てない試合も多い

これはチームとしての実力以上に気持ちの問題である事が伺えなくもない

浦和戦終了後に昌子が語っていた様に、この試合で勝てなかったら
浦和戦の勝利が無駄になってしまいかねない

強い気持ちで戦ってもらいたい

JL11.png

昨日、ムアントン戦での昌子が負傷した事を考え、
植田にリーダーシップを取ってもらい
町田等を引っ張ってもらいたいという趣旨でブログを書いたが
その植田が太ももの張りで練習を回避したとの事

となると是非もなく、ここは昌子に頑張ってもらわざるを得ない

昌子と町田の2人で『先ずはディフェンス』を実践してもらいたい

FWではペドロは周囲との連係は良くなってきており、
その辺りは神戸時代の裏への飛び出しに偏るプレーとは違うだろう

むしろ神戸のディフェンス陣とは紅白戦で何度もやりあっており
ペドロには特に期待したいところである

もちろんムアントン戦で、ラッキーもあって2得点を決めた
今乗っている優磨にも期待したい

怪我で離れていた中村も、明日はベンチに入れるかもしれない

出ずっぱりの土居は、プレーの質が向上しているが、
その代わりに後半にはガス欠気味に陥り
体力面での低下もあるのかもしれない

中村が復帰したことで、土居のコンディション向上にもつながり
レギュラー争いをすることでチームとしての力も向上する

互いに切磋琢磨を続けるためにも、明日の試合ででも中村の活躍を期待したい

試合になれば首位もなにも関係ない
目の前の一勝にすべてを捧げたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら





posted by knz at 23:44 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

ムアントン戦 雑感

逆転でグループ首位塚を決めたムアントン戦

他の方々も言うように、優磨の2点目はハンドがあったように見える

まあそれを自己申請で取り消させることは無いので
あれは優磨の演技力(>)の賜物だろう

1点目は上手く相手GGKを動かし
足を広げさせたところで狙って股抜き

ゴールへのアイデア、そしてそれを実行する決断力
決め切った技術、全て含めてナイスゴールだった

この試合もクォン・スンテのセーブが光った

試合開始まもなく放たれたシュートを
素晴らしい反応で弾くと、
その後も相手の鋭いシュートを何度も防いでくれた

PA外に飛び出しボールに触れられず、
結局相手のユニを引っ張ってファールで止めた場面は
レッドカードでもおかしくなく、イエローで済んでよかった

なんて場面もあったものの、試合全体で見れば
彼の貢献は決して小さくない試合だったと思う

1失点は相手のシュートも素晴らしく、
クォン・スンテの『せい』としてはちょっと酷だろう


相手サポーターだと思うが、試合中ずっと女性の叫び声が聞こえていた

あれは何となく気になってしまい応援に集中するのが大変だったが、
選手達もどこか集中力に欠けたところが見えたのは
あの叫び声のせいだったのかもしれない

まるで『ゾンビ・スタジアム』が続いているのかのようだった
(ゾンビ・スタジアムには行っていませんが・・・)


この試合、本当は出ずっぱりの選手を休ませてあげて欲しかった

だがそれは、鹿島のアイデンティティーに反するという事だろう

ならば頭を切り替えて、勝ちに行くとすればこの布陣だったということ

そんな中で優磨が2得点を奪ったことは大きい

このところ湿りがちだった優磨だが
『ケシャップドバドバ』とかつて本田圭佑が言ったように
一度ゴールを決めればそこからゴールを奪い続ける事も多い

このゴールで吹っ切れたことと期待したい

あとはこの勢いを継続しつつ、選手の体調を見極めて
ポイントポイントで上手く選手をやりくりして戦って行くしかない

選手総とっかえ以上に監督の手腕が問われることとなりそうだ

↓土居も惜しい場面があり、決めてくれていれば吹っ切れたんだろうけどな
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:54 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

大宮戦 速感

待ち望んだ瞬間は後半終了も近くなった80分過ぎ

お互いオープンになっており、優磨が高い位置でボールを受けると
そのままドリブル

公式戦3試合連続の優磨に相手ディフェンスの意識が集中すると、
優磨の左を駆け上がる土居にスルーパス

土居はこれを、『変な』リズムのトラップ&シュートし
ボールはGKをすり抜けゴールに転がり込んだ

後は相手の攻撃を十分に『鹿島る』ことでいなし続けて
リーグ戦4連勝を飾った

今日はPJの出来も良かった

ドリブルは切れていたし周囲との絡みも
中断前とは格段の差であり、チーム始動から初めて
まとまったチーム練習が出来た成果がいきなり出たのかもしれない

またこの試合、ルーキーの安部も出場

0−0の時間帯にPA内で土居に素晴らしい落としで
もう少しでリーグ戦初出場初アシストが着くところだったが
残念ながらその辺りの数字はお預けとなった

優磨はなんとなくファールを簡単に貰おうとし過ぎな気がする

もちろん本当にファールを受けて、倒れてしまうのは仕方がないし、
おそらく優磨は本当にファールを受けていることも多いとも思う

だが、ファールの笛がなれば少し笑っている姿は
私が審判だったら『だまされたか?』と勘ぐってしまう

もちろんファールをもらうのもテクニックの一つだろうが、
そういう『テクニック』はもう少ししてから本格導入することとして、
今はファールを受けても簡単に倒れないプレーをして欲しいと思ってしまう

この試合、ゴールマウスを守るのは曽ヶ端

周囲との連携で『(枠内)シュートを撃たせない』守備をしていたのか
相手シュート数はたったの4本

横っ飛びでセービングなどの派手なプレーは無かったが
相手のシュートを正面で処理し続ける曽ヶ端には凄みを感じた

次は来週ホームにC大阪を迎え、その直後にオーストラリアに向かう

中断前からの良い流れを継続し、連勝を伸ばして欲しい

↓お疲れさまでした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:55 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする