自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年08月31日

【代表】オーストラリア戦 速感(祝!本大会出場決定!)

勝てば来年のロシアW杯出場が決まるオーストラリア代表との試合

日本代表が浅野と井手口のゴールで2ー0と勝利し、
見事6大会連続での本大会出場の切符を手に入れた

浅野のゴールシーンは、長友のクロスに
完璧なタイミングで抜け出してゴール

鹿島サポーターとしては、大迫が前にいて
相手の最終ラインをコントロールしたことが
このゴールに繋がったと思うが
もちろん決めきった浅野も素晴らしい

その後も圧力を増すオーストラリア代表に対し
大迫のポストプレーは素晴らしく
防戦一方になりかねない状況で
大迫が受けれることでかなり助かっていたと思う

井手口のゴールは『若手』らしい思いきりの良いゴールだった

その前にもPA内で得たチャンスがあったが
ここは相手のブロックにあってしまったが
巡ってきた再びのチャンスをものにした

ただ、井手口は守備面での貢献がやはり素晴らしい

縦横無尽に走り回り相手のチャンスを摘み取る姿は
ボランチではなくダイナモと称したい

昌子は身体を張り、屈強なオーストラリア代表にも
一歩も引けをとらずに立ちはだかった

欲を言えば、攻撃面ではまだまだで
鹿島でのように後ろからの効果的なフィードは少なく、
これからの課題となるだろう

今日代表を見ていて思ったのは
パス、プレースビードが格段に上がっているということ

これはやはり海外組が増え、
欧州の速くて早いプレースピードが
多くの選手にとって当たり前となったからだろう

一方で、リズムに緩急が無く
行ったり来たりを繰り返しているところに
サッカーの幅を感じなかったのも事実

これでは相手が同じスタイルで上を行けば
敗戦は必至となってしまう

走り勝つ、走って勝つことも重要だが、
走らないで勝つ戦い方も身に付けて欲しい

何はともあれ無事本大会出場決定は
素直に喜ばしいし称賛に値する

サウジ戦では今日出られなかったメンバーのテストも出来るし
楽しんでみていられるだろう

↓6大会連続なんて、ドーハの頃には思いもよらなかったのにね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
仙台市内おすすめホテル・宿
 ◆楽天トラベルアワード2011受賞◆仙台駅東口より徒歩5分◆ビデオ・オンデマンドで200本の映画配信・Wi-Fi無料◆
 ◆楽天トラベルアワード6年連続ダイヤモンド賞受賞◆2015年12月リニューアル◆仙台駅から徒歩3分◆朝食/ラウンジ無料◆
 世界水準のホスピタリティでお客様をお迎えいたします。
 繁華街のショッピングに便利。JRや地下鉄を使って宮城球場や仙台スタジアムへのアクセスも良い。
posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

嵐、石川、土居

【vs嵐】
vs嵐見ましたか?

私は自分でブログに書いていたにも関わらず、
直前で忘れて(しかも録画もしていなかった)後半しか見れませんでした・・・(笑)

にしても、最後のキックターゲット(?)での
大迫のシュートは『半端ない』外し方でしたね(笑)

そして三竿も『きっちり』外すあたり、
狙ってか天然かは分かりませんが、しっかりとわきまえてますね〜

もちろん勝ったから言えるんですけどね

もちろん試合ではないので何とも言えないのですが、
篤人の明るい表情が見られてよかったです。

【石川】
さて、FC東京の石川直宏選手が今季限りの引退を発表しましたね

石川選手は負傷によるリハビリ中でゲームには出れない日々が続いているようですが、
先月のリーグ戦、鹿島との一戦では、ゴール裏の前でトラメガを持って
サポーターと一緒に声を出していたという事です。

現役引退へ 石川直宏の一番長い日となった2017年8月2日(VICTRY)

そんな石川選手は『ファンとは何か?』という問いかけに対し
「なかなか言葉に直しづらい。先日、鹿島戦で自分は選手、スタッフ、サポーターをひとつにしたいと行動に出ました。その場で受けたエネルギーが自分の元気の源で、クラブの、チームの源で。反対に、自分たちは自分たちで、応援してくれる人たちの生きる力の源になっている。あの場にいればきっとそういう雰囲気を感じてもらえると思う。そこに言葉はいらないし、自分はそう感じながらプレーしてきました。いつもいて当たり前になっている存在であり、指摘を受けながらともに成長し、歩んでいける関係だと思います」
と答えたという

この言葉はまさにサポーター冥利に尽きるというか、
サポーターが描く理想の形であって、
そして時に本当はそんな風にはなれるはず無いのではないかと
自棄してしまいそうになる思いでもある

試合終了後にゴール裏に来てトラメガであいさつする選手はいるが、
試合中に一緒にゴール裏で声を張り上げる選手はなかなかいないだろう

他クラブの選手で、鹿島との縁は薄いものの、
この様な選手が引退するのは残念ではあるが、
彼の残した種はFC東京に、そして鹿島を含めた多くのクラブに伝わり
文化となっていく事だろう

【土居】
『イケメンJリーガー 2017』において、
土居が1位に輝いたとの事

「イケメンJリーガー選手権」、TOP10が決定!1位は鹿島のあのMFだ(Qoly)

本人は『顔でサッカーをやるわけではない』と浮かれる事は無い様子だが、
『これでクラブの知名度が上がるのであれば』と受賞には感謝している模様

柴崎が移籍したことで、まだまだ選手としての知名度では
篤人や大迫からは比較にならない土居ではあるが、
この様な賞を受賞した事で、今後プレー面でも注目されていくだろう

確かにサッカーは顔でするものではない

だが、『プロ』サッカー選手は、ファン・サポーター、
そして時にサッカーに興味の無い人々までを
楽しませ、魅了させることが仕事である

もちろんプレーで魅了する事が第一ではあるが、
その他ピッチを離れた場所ででも夢を与えられる選手が
本当の『プロフェッショナル』だと、
かつてジーコは鹿島の選手達に伝えたという

プレーで魅せ、顔で魅せ、そして人間性で魅せる

土居には、そんな選手になって欲しい

↓何気に鹿島ってイケメン選手排出率高いよね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

柴崎、ヘタフェ入団

開幕前、スペイン2部のテネリフェに加入した柴崎だが、
チームは今期の1部昇格を、ブレーオフの末に逃し、
1部でのプレーを望む柴崎は、退団の予定だった

そしてこの度、正式にテネリフェ退団と、
新チーム後決めたようである

柴崎の新天地はなんとヘタフェ

新シーズンから1部のに昇格するチーム、
即ち、テネリフェの1部昇格を邪魔した
『ライバル』チームへの移籍となる

移籍の頻繁な欧州では問題ないのかもしれないが
なんとなく日本ならひともんちゃくあるかもしれない

少なくともテネリフェのサポーターは
裏切りと感じるかもしれない

だからこそ柴崎には、新天地で益々の活躍をして欲しい

『移籍は成功だった』と思わせることこそ
選手に出来る責任の取り方だろう

世界トップクラスのリーガで
柴崎が存在感を示してくれることを
心から期待している

↓大岩も鹿島に来たとき、磐田サポはそう思ったのかな?
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする