自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年07月17日

2018Jリーグ第16節 ”希望”スタメン

久方ぶりのJリーグ

おさらいをしておくと、鹿島は現在勝点18の11位

1試合他クラブより消化が少ないとはいえ、14試合で5勝3分6敗と
負けが先行している危機的状況

そんな中で対戦するのはジュビロ磐田

磐田と言えば、昨年最終節に(疑惑の判定もあったものの)スコアレスドローに持ち込まれ
ほぼ掴みかけていたリーグタイトルを失った直接の対戦相手

当然鹿島の選手・スタッフ・サポーターに至るまで
その悔しさは忘れていないハズ

気持ちは十分入れ替えているとは思うが、何も思わない方がどうかしている

また、これまで数々の対戦をしてきたが、
不思議と鹿島のターニングポイントには磐田の存在がいた

この再開一発目の戦いが磐田だという事に運命的なものも感じながら、
上昇に転じるターニングポイントとすべく全力で勝利をもぎ取って欲しい

J1-16-01.png

天皇杯町田戦、鹿島の町田もベンチに入っていた

ベンチに入っていたのなら、おそらく試合に出られる状況だったのだろう

町田戦では西がCBの一角を担ったが、個人的には本職の人間にそのポジションを託したい


とは言え町田を入れれば同サイドのSBは守備の負担が増えるだろう

町田を右に置くのなら、攻撃は左サイドで活性化させなければいけなくなる

磐田戦であれば山本をスタメンで使ってあげたいところだが、
そう考えると安西を左SBで起用となるだろう

また町田や犬飼に対してのコーチングや状況に応じた指示出しといういみで
小笠原にもピッチ上で声をかけて欲しい


攻撃では町田戦で優磨と遠藤の存在が際立っており、
また土居がリンクマンとして、そして安部がアクセントとして効いていた

これがどれだけJ1中堅以上の相手に対して通用するのかは分からないが、
分からないからこそ磐田相手に試してもらいたい

早々に失点して追い込まれなければ金崎というエースを控えさせることで、
選手交代での強度アップも図れるだろう


これまで鹿島の攻撃は、大抵の場合選手交代の度にスケールダウンしていった

そんな鹿島の状況から、相手は前半は無理せず鹿島の攻撃に耐え続け、
あわよくばカウンターで得点し、それが出来ずとも強度の落ちた後半勝負をかける事で
五分以上の戦いを仕掛けてきた

ならば鹿島も後半に、試合終盤に攻撃の迫力を増すベンチワークが必要となる

エース金崎の温存

その形が出来れば、鹿島もちょっと違う戦い方が出来るだろう

チーム状況も戦い方も、この磐田戦を機に好循環に入って欲しい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 22:21 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

天皇杯3回戦 ”希望”スタメン

さて、待ちに待った恵みの鹿島、
天皇杯3回戦vs町田戦が明日に迫った

J2で上位につける町田は、侮っていい相手ではない

だがそれと同時に、ある程度怪我明けであったり若手であったりを
試したい試合でもある

テストをしながら勝つ

そんな戦いを見せてもらいたい

e-cup3回戦-01.png

町田もまた怪我があるとの噂なので、
CBは休養中の昌子に代わって犬飼に頑張ってもらいたい

だが、これまで犬飼と植田のコンビをみれば、
指示出しには今一・・・若干・・・だいぶ・・・不安が残る

更にGKがスンテとなれば、もはや統率出来る選手が不在となるので、
曽ヶ端の先発を”希望”したい

両SBでは篤人と山本

まあ右は西でも良いと思うが、左は怪我明けとして
山本に復帰してもらいたい

左がイケイケな安西の場合、じっくりの西が右にいた方がバランスが良い気がするし、
逆にじっくりの山本が左なら、篤人がオーバーラップしやすいだろう

DHは三竿と久保田

久保田のその才には大きな期待が寄せられているが、
これまで目立った活躍はない

守備の良い三竿とコンビを組むことにより
のびのびと得意の攻撃面で良さを出してもらえれば
これからでも一皮剥けるのではなかろうか


OHは遠藤と安部

勝利の確立を極力高めたいのなら遠藤は外せない

理想的には早目に先制、追加点を上げて
後半開始から交代出来るようだと良いのだが、
そんな中途半端な使い方なら出さない方が良い気もしなくもない

だが、やはり『負けたら終わり』の天皇杯

遠藤は外したくはない

安部はこれから日本を背負う逸材の一人だと思うが、
鹿島というチームでは思うように出番は得られない可能性が高いのも事実

こういったカップ戦で『格下』のチームに格の違いを見せつける活躍をすることで
鹿島でのレギュラーの座や代表への道が開けてくるというもの

チャンスを与えてほしい

FWは優磨と土居

来週からの連戦に向けて金崎は休ませたい中で
優磨は好調をキープしており、この試合でも活躍をしてもらいたい

相方としては山口も良いのだが、DHに久保田を入れるとすれば
上手く受けてターンが出来る土居を前線に居てもらいたい

@勝つこと
A試すこと
B疲れを残さないこと

この3つをタスクとして戦ってもらいたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 20:49 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

2018Jリーグ第15節 “希望“スタメン

ACLの日程により他クラブより1試合消化が少なく、
鹿島は14節を飛ばして第15節

ホームでの仙台戦を迎える

仙台は先週末リーグ戦を戦い、
ミッドウィークにルヴァン杯で熱戦を戦った

これまでいつも鹿島が日程的に厳しかったが、
少なくともこの試合に関しては仙台の方が厳しい

言い訳できる要素はないだろう

リーグ戦ではお互い上位と下位の分岐点にいる

この試合が終われば、とりあえず6月の天皇杯まで
公式戦はない

出し切って勝利を掴み、
少なくとも真ん中よりは上で中断期間を迎えたい

J1-15.png


そう考えればこの試合
優磨や安西の疲労は心配もあるが
状態を見ながらではあるが、今組めるベストなメンバーを並べたい

上海戦では見事なセービングを見せたが、
それでもトータルで見ればやはりソガが上だろう

右SBは悩ましいところ

西と篤人、甲乙付けがたいところではあるが、
ACLが西だったのでここは篤人を”希望”したい

健斗の状態はよく分からないが、
代表に招集されるのだからプレーは出来るのだろう

本人も問題ないといっている様なので
小笠原とコンビを組んで、代表生き残りの意味も含めて
存分に働いてもらいたい


この試合勝利すれば、一気に7位、もしくは6位までの浮上も不可能ではない

首位広島だけは少しまだ遠いが、それでもそこまで上がれば上位も見えてくる

まだまだ上を見て戦っていくために、ここががんばりどころだろう

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする