自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年06月24日

2017Jリーグ第16節 ”希望”スタメン

消化が1試合少ないながら、現在首位と勝点差4で
4位につける我らがアントラーズ

少なくとも上にいる柏・C大阪、同じく消化の少ないG大阪がコケるまで
我々は勝点3を確実に積み上げていきたいところ

そんな中で行われる第16節の相手は、現在最下位に沈む新潟

単純に考えれば絶好の相手ではあるが、
昌子もコメントしているように、
選手個々の能力としては決して低いチームではない

元代表の矢野や田中(達)、世代別の鈴木武蔵等々
攻撃陣にタレントもそろっている

札幌戦、マルヤス岡崎戦とクリーンシートが続いたが、
実際にはそこまで安定した守備力が整っているわけではない

気を緩めれば足元を掬われることも有り得る

90分間気を引き締めて戦い抜いてもらいたい

JL16-01.png

この試合、レオ・シルバがベンチ入り出来そうとのこと

昨年まで新潟に所属し、チームの中心だった彼にとって
この試合には特別な意味もあるだろう

ピッチに立つ・立たないに関わらず、新潟のサポーターに
その姿を見せる事を一つの目標にしてリハビリに励んだに違いない

少なくともベンチには入ってくれることを”希望”したい

先日のマルヤス岡崎戦で、各選手良いアピールをしていたが、
それでも札幌戦からメンバーを変えたくなるのは
元々中心の遠藤と、MVPだった安部位だろうか

とは言えこのところレアンドロも結果を出しており
メンバー選びは難しいところ

金崎の足首の状態にもよるものの、金崎にはスタメンとして
試合を作ってもらいたい

先制出来れば早々にPJと入れ替え、得点に来た新潟の
裏を狙っていきたい

逆にもし先制されたり同点のまま時間が過ぎ、相手が引き始めたら
高さのある鈴木と、中でアイデアを出せる安部を投入し
状況の打開を狙いたい

エンターテインメントとしての側面を考えれば
出来ればどこかでレオ・シルバを投入して欲しいが、
こればっかりは試合が進んでみないと何とも言えない

厳しくない状況を作り上げた上での投入をしてあげたい

ハッキリ言ってしまえば、今節上位陣はみな
『負けるはずがない相手』との試合ばかりで
もし勝点3を得られなければ、一気にその差を広げられてしまうだろう

鹿島もキッチリ勝利を収めたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:48 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

日曜日に新潟戦

マルヤス岡崎戦ではいつもと違うメンバーで快勝し、
レギュラーメンバーとしてはリフレッシュすると共に
チーム内でのポジション争いも活性化したことだろう

大岩新体制になり、戦力の掘り起こしと安定化という
二つのタスクを上手く進められている

この流れを継続し促進させるためにも
日曜日の新潟戦もホームで快勝を狙いたいところ

このところ攻撃陣は毎試合複数得点の結果をだしているが
守備陣は相手のミスに助けられている感は否めない

岡崎戦でも本来『何もさせない』位の差を見せつけたかったが、
判断ミスから相手に決定機を作られヒヤリとさせられた

新潟も今シーズンここまで下位に沈んでいるが、
同じカテゴリーの相手だけに、隙を見せれば
あっという間に失点してしまうかもしれない

試合を通して集中を切らさず戦い抜きたい

新潟と言えば長年レオ・シルバに苦しめられてきた

だが、そのレオ・シルバは今鹿島にいる

相手を舐めるわけではないが、
今の新潟に勝てないようでは
王者として、そしてまた王者を目指すチームとして
あってはならない

『きっちりと』勝ちたい

↓レオ・シルバは出たかっただろうね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:50 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

2017天皇杯2回戦 ”希望”スタメン

明日の天皇杯2回戦

昨日も書いたが、今年からこの時期からの参戦となるわけだが、
少なくとも今年に関しては良いタイミングの開幕と言えるだろう

ACLに向けて多くの戦力を保有した鹿島にとって
選手をローテーションさせていき、
全ての選手が実戦で力を振るえる状況が理想となる

しかし現実は、その実戦で選手の組み合わせを
あまりテストしていく事は出来ないのだから
天皇杯の様に、ある程度実力差のある相手との対戦は
選手起用の幅という意味で非常に有意義と言えるだろう

EC.2回戦.png

さて、対戦相手となるマルヤス岡崎というチーム

正直どんなチームかは分かりかねるが、
それでもポジションをしっちゃかめっちゃかにする
無茶苦茶な選手起用でない限りは
鹿島が勝たなければいけない相手ではあるだろう
ちなみに出てくるかは分からないが、相手の32番杉本は
鹿島が地元の選手

おそらく家族・友人たちも応援に訪れることだろう

故郷に錦を飾らんとする杉本に
50m走5.8秒という俊足が今も残っていれば
鹿島にとって十分・・・いや、非常に脅威的な選手の一人

かつては名古屋で大活躍をしていた選手だけに侮れない

そんな選手もおり、当たり前だが舐めてかかったり手を抜いたりすれば、
たちまち大きなしっぺ返しを食らうのがサッカーというスポーツ

選手によっては日ごろ中々試合に出られない鬱憤もたまっているだろう

この試合にはそういう熱い気持ちを大いにぶつけてもらいたい

但し、心はクールに保って、『俺が俺が』になるようでは
鹿島の選手として失格の烙印を押されてしまう

『献身・誠実・尊重』を忘れずに戦ってもらいたい


↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:53 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする