自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年05月04日

2018Jリーグ第13節 ”希望”スタメン

いよいよかつての『恩師』であるオリヴェイラが率いる
浦和との対戦の時が来た

折も折、GW終盤ということもあり、否が応でも盛り上がる試合となるだろう

現在鹿島が13位、対する浦和が11と、共に波に乗れないチーム同士ではあるが、
この『大一番』に勝利する事で流れが変わっていく事を期待したい


J1-13-01.png

連戦を戦う選手達に疲労はあるだろう

だが、この試合に勝つのか、引き分けるのか、もしくは敗れるのか

それによってチームの今後のメンタリティは大きく変わってくる

前節長崎に勝利したが、連勝をしなければ自信は取り戻せないだろうし、
自信さえ取り戻せば、選手の入れ替えも利いてくるだろう


失点は少ないが勝てないGKと、
失点は多くとも試合は何故か勝つGKであれば、
私は迷わず試合に勝てるGKを”希望”したい

それすなわちスンテと曽ヶ端の事となるが、
もちろん相手も違ってくるのだから一概には言えないのだが、
曽ヶ端の勝率が良いのは最早純然たる事実だろう

ここは曽ヶ端で勝利を期したい

小田はまた怪我をしてしまったという事で、
山本が離脱している今、大きくアピールしたかったであろうにツイていないが、
ここはきちんと怪我を治す事が重要となる

そうなるとSBの台所事情がまた厳しくなってくるが、
篤人、安西がいて、バックアップに両サイドこなせる西を中心に
どうにか回していくしかない

CBでは、前節またちょっとミスをしてしまったが、
昌子がいる・いないは大きい

少なくとも曽ヶ端か昌子のどちらかがピッチに立てばOKというくらいになって欲しいが、
少なくとも今現在ではまだちょっと昌子抜きというのは厳しいのが現状

また個の能力が高い浦和に対し、身体能力に秀でた植田も外せない

結果いつもの2人にCBは任せるしかないだろう


変え所としては左SH(OH)だろうか

前節右サイドを中心に見事な連携で2得点を得たが、
左サイドの中村は、あまり好機を演出出来なかった

離脱していた安部が全体練習に合流しているとのことで
出場が可能であれば、是非彼のプレーを見てみたい

FWは金崎と優磨

疲れはあると思うが、この2人も今外すわけにはいかない

特に優磨は今鹿島の攻撃の要となっている

彼が前線で献身的なプレーをしてくれている事が
どれだけ鹿島の攻撃にプラスになっているかは言うまでもないところ

疲労の見極めはしなければならないが、
連勝するまではこの2人にお願いしたい


浦和という『鬼』がオリヴェイラという『金棒』を手に入れたのか、
浦和が金棒で、オリヴェイラという鬼を引き寄せたのかは分からないが、
順位以上に強いチームであることは間違いない

だからこそ勝利し、勝点3を手にして、連勝して連戦終盤戦に臨みたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(1) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

2018Jリーグ第12節 ”希望”スタメン



『衝撃的な結果』だった前節・横浜戦から中3日

もう明日にはV長崎戦が迫っている

長崎は、シーズン序盤こそ苦しんだが、
その後4連勝を飾るなど、初のJ1とは思えぬ戦いをしてきている

長崎は、3−4−2−1、もしくは3−4−1−2のシステムが多く
これだけでも堅守速攻型のチームという事が分かる

勝てなかった第6節までは失点13と『堅守』とは程遠いが、
第7節以降前節まで5試合で3失点と立て直している


別に長崎の様に、完全守備型のチームになるべきとは思わないが、
鹿島もまずは守備を立て直さないと、穴の開いたバケツの様に
得点を取っても取っても失点数が上回れば勝てない

今必要なのは、必ず勝点1は取れる守備力と、
その上で得点を奪い切り、勝点3を競り落とせる攻撃力だと思う

皆が嵩にかかって攻め上がる必要はない

落ち着いてじっくり失点を防ぎ、得点を奪いたい

J1-12-01.png

流石に優磨は試合に出ずっぱり過ぎだろう

以前は血液検査で疲労が蓄積していると
強制的にベンチ外に置かれた様な覚えがあるが、
その制度はもうなくなってしまったのだろうか?

だとしたらしっかりとコーチと監督が見極めて判断してもらいたい


2列目に関しては、西を頭から見てみたい

バランス感覚を持った攻め上がりと落ち着きあるプレー、
そしてミート力が生み出すボレーシュート等
前に置きたい要素は以前から多くあった

何故今までそうしなかったかと言えば、右SBの人材不足となるのだが、
伊東も成長し、何より篤人が鹿島に復帰し、ピッチに立てるようになった事が
西を前に上げる事を可能とした

篤人はやはり上手い

前に上がるタイミング、簡単にワン・ツーで抜いていくかと思えば、
上手く相手をずらしてしまったり、トラップで入れ替わったりと
随所に彼の真骨頂がちりばめられている

残念ながら、まだクロスの精度にばらつきがある気がするが、
それもこれから良くなっていくだろう

代表復帰を目指し、焦るところもあるだろうが、
先ずはチームの勝利こそ重要となるのは重々承知してくれているだろう

そして何度も言うが曽ヶ端をスタメンに戻す事こそ今本当に”希望”すること

それで失点が減るのかは、本当のところ分からない

だが、何か流れを変えるなら、まず最初のポイントはここだろう


リーグ戦も1/3を消化し、気が付けば勝点12で残留ギリギリの15位
16位のG大阪と勝点差で僅か2差

とは言え首位広島こそ勝点28と遠く霞んで見えないが、
3位川崎Fは勝点21とちょうど3ゲーム差

昨年第27節で首位鹿島と2位川崎の勝点差は8

この長崎戦から流れを変え、下ではなく、上を向いて戦える体制に変えていきたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(1) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

2018Jリーグ第10節 ”希望”スタメン

早いもので今年のJリーグももう第10節

早い気がしたが、今年はW杯の関係で、実際に早いのだった

そんな状態で、コンディションが上がらないのだから
坂道を転げ落ちるような今の鹿島の状況は
一刻も早く打破したいところ

そして、そのキッカケとなってくれるであろう選手達が戻ってくる

J1-10-01.png

遠藤、安西、PJ、レオ・シルバが復帰出来そう

PJやレオ・シルバは、常々勝利への執念であったり
貢献度で疑問符をつけてはきた

だが、そもそもマンパワー以上の過密日程で
疲れが溜まりパフォーマンスが落ち、だからプレスもかからず成績が落ちる

成績が落ちたからもっと動こうとしてより疲労が溜まり
成績がまた落ち、遂には怪我もする

という典型的な悪循環にはまり込んでしまっていた鹿島にとっては
怪我人が戻って選手層が厚くなることは、これ以上ない薬となる


前節、昌子がレッドカードを受けたり、スンテだけの責任ではないが
4失点も喫したことを考えれば、DF陣は総とっかえしたいところ
(懲罰という意味ではなく)

町田がまだ復帰していないみたいなので植田は残さざるを得ないが、
ここに復帰の安西を使いたいところ


DHもレオを復帰させ、疲れがたまっているだろう健斗も
一度しっかりと休ませたい

そして2列目の遠藤

彼がどれだけ戻っているかに鹿島の浮沈がかかっていると言っても過言ではない

PJは古巣相手に暴れて欲しい

優磨は疲れてはいるだろうがもうひと踏ん張り

得点こそ少ないものの、実は今の鹿島で一番やれていたのは優磨ではと思える

金崎とPJでは、あまりコンビネーションがなさそうな気もするので
優磨と組ませて金崎は休んで欲しい

代表を狙う当落線上の選手にとっては、1試合でも多く出たいところかもしれないが、
そもそも怪我をしてはしょうがない

休むべきは休み、戦える時に最大限に戦う

で、お願いしたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする