自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年09月01日

1stレグの雑感と2ndレグ 展望

さて、1−3と惨敗に終わったルヴァン杯準々決勝1stレグ

しかも1stレグではレアンドロという最近の得点源に
大会2枚目のイエローカードが出され、
昌子・植田を欠いたCBからブエノには一発レッドと
この2人を2ndレグ出場停止という逆境に逆境が重なっている

1stレグ

レギュラーCB2人を欠いた守備に安定感はなかった

周囲がバランスをとりある程度のブロックを作っているうちは
決定的な破たんは無かったものの
セットプレーから失点してしまい得点を奪いに前掛りになって
バランスが変ってくると途端に対応出来なくなり
最後の最後で3失点目を食らってしまった

ここから2ndレグはさらにブエノを欠くので
思い切った選手起用が、もしかしたらシステム変更も
視野に入れなければならないかもしれない

4バックなら伊藤、三竿、山本、西の最終ラインが順当だろうが
西、三竿、山本の3バックも有り得るだろうか

仙台の前線は決して高さがあるわけではないので
最終ラインに高さを求める必要はないだろう

逆に鹿島は前線で起点を作りたい

金崎はFWの軸だが、高さのある鈴木
受けて前を向くのが上手い土居、そして司令塔となる遠藤

彼等にボールを早目に送り込み、チャンスを多く作る事が出来れば
逆転の芽も出てくることだろう

そしてもう一つ大切なのは急造最終ラインで戦う事を考え
必ずシュートで終わる事を意識して戦ってもらいたい

極端に言えば、相手に奪われるくらいなら
エンドラインに向けてボールを出すくらいの気持ちでも良い

決定機を作る事が目的ではない
得点を奪う事が目的でもない

ただ勝利を、2−0もしくは3点差以上の勝利こそが
目的であり使命でもある

選手そして監督・スタッフ、そしてサポーターまで一丸となって
与えられたタスクを見事完遂する事を信じている

↓ここから逆転して周囲をギャフンと言わせてやろう!(笑)
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

2017ルヴァン杯準々決勝 ”希望”スタメン

アウェーで仙台と対戦するルヴァン杯準々決勝1stレグ

鹿島はレギュラーCB二人を代表招集で欠き、
町田は未だに怪我でプレー出来ない中
だれをCBに据えてどのようなサッカーをしていくのかが気になるところ

ルヴァン杯R8-1st-01.png

正直大岩監督がブエノを戦力として高く評価しているとは思っていない

それは先日植田が数試合欠場していたときに
本職ではない三竿健をCBに下げた事からも伺える

正直西と三竿健の2CBで記事を欠こうかとも迷ったが、
ここは敢えてブエノのCB起用を”希望”したい

このルヴァン杯

アウェーゴール優先ルールが適用されるので
必ずしもアウェーは引いて引き分け狙いの様な戦術が正しいとは限らない

むしろ攻めて攻めて0−0よりも1−1、2−2、
極端に言えば3−4位で負けてしまったとしても
2ndで失点を2点以下に抑えて勝てば良いともいえる

そう考えれば、ホームで戦う前に、この仙台戦で
ブエノは試合勘を養って信頼を勝ち取り
ホームでの2ndレグでは自信を持って送り出せるようになって貰いたい

相手によって、状況に応じて戦い方を変えられるのが
『鹿島らしさ』の一つであるならば
守備で踏ん張れないかもしれないこの試合、
攻撃陣に期待して応援したい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

仙台戦 展望

今巷でサッカーの話題と言えば
31日のA代表オーストラリア戦だろうが、
我々鹿島サポーターにとってはもちろんその前日の
ルブァン杯準々決勝1stレグ

アウェーユアスタでの仙台戦だろう

そして注目は、昌子・植田の両CBを代表に出し
誰をこのポジションに据えるのかということ

順当に考えれば、ブエノと三竿健斗の二人となるだろうが
これまでの大岩采配を考えると他の可能性もあるかもしれない

メンバーの固定よりもコンディションや『戦う準備』を優先し
大岩監督は、選手を起用しているフシがある

裏を返せば、PJが怪我で離脱しても
ベンチにこそ入るものの、ブエノにチャンスがほとんどないのは
その準備が出来ていないと見なされているのかもしれない

むしろ西や、身長も踏まえれば山本を
CBとする可能性も捨てきれない

山本の怪我時、伊東を右に、西を左SBで起用したことも
記憶に新しいが、あれがルブァン杯へのテストだったのかもしれない

大穴的に、三竿と西、山本で3バックという選択もあり得るだろうか

大岩監督の信頼を誰が得ているのかが見えてくる試合となりそうだ


さて、試合はDHに入るだろう小笠原とレアンドロが
急造CBの前で、どれだけ踏ん張れるかが重要になる

レアンドロは対人に強いが、一方で持ち場から離れ
ぽっかりと中盤に穴を開けることもしばしば

このカバーリングと、ポイントを見極めたビルドアップ、
小笠原の舵取りが重要になるだろう

それと、アウェーゴールが重要になる試合

0ー0よりも1ー1、2ー2と得点を奪えれば有利になる

守ってばかりもいられない

勝負どころを見極めた戦いに期待したい

↓やっぱり小笠原の舵取りが重要になるのかな
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする