自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年04月05日

3バックと西と

さて、ACL突破が決まったと思ったら、
もう土曜日には湘南戦である

やはり試合消化のペースが早い

我々がそう思っているならば、おそらく選手達は
よりその様に思えている事だろう

それをサッカー人として喜ばしく思うのか、
大変だと思うのか・・・

前者だったら良いなとは思うが、人間皆が皆
その様な思考にはならないだろうなとも思う

願わくば大岩監督には、選手達の心理状態も見極めて
選手起用に至って頂ければと思ってしまう


話しを戻して湘南戦

湘南は昨今のJでは少数派の(?)3バックを採用するチーム

3−3−3−1か3−4−2−1で今シーズンは戦っているとのこと

相手が3バックとなれば、定石は相手CBの横、
相手陣内深くのサイドにあるスペースを起点として活用する方法

本来であれば、SHとSBが連携してここを陥れるか、
FWがサイドに流れて起点とするかだが、
今シーズンはそれがスムーズに出来ていない

昨季末に西が離脱し、遠藤も怪我で離脱で上記2つの選択肢の内
1つが機能不全に陥ったことで、FWのサイドへの展開1本となり
あまり相手にとって意外性がなくなってしまったので効果半減というところ

だが、遠藤はまだだが、鹿島には西が戻ってきた

サイドをパス交換でスルスルと上がっていく西が機能すれば、
3バックの弱点を容赦なく突けることだろう

ACL上海戦では出場無く体調も万全であることが期待される

西の活躍で、鹿島に勝利をもたらして欲しい

↓西ってエジルにちょっと似てない?
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

2018ACL GS第5節 ”希望”スタメン

さて、スコアレスドローの札幌戦から中2日

日程は待ってくれず、もうACLの試合が迫っている

札幌戦の『制裁』という意味ではなく、体調面を考えれば
この試合は出来る限り選手を入れ替えて臨みたいところ

幸い(?)上海が決勝Tに進出しようと思えば、
この試合では勝利は必須であり、序盤から点を取りに来るだろうから
引いてカウンターを想定して組んだ札幌戦メンバーとは
大きく入れ替えられる可能性は低くない

ACLGS-05-01.png

具体的には前線では、相手の裏のスペースが大きくなるだろうから
PJや金森の様に走り回れる選手をFWとして起用出来るだろう

FWが裏を狙い相手DFを引っ張れば、DHとの間にスペースが出来る

そうなればレアンドロや安部のドリブルが効いてくるだろう

DHでは、今回健斗は帯同していないようだが、
小笠原と永木が適任だろう

レオ・シルバや健斗の様に自身が動き回る以上に、
相手の動きを的確に読み取り、
DFの裏を狙うスルーパスや楔のパス等々
小笠原と永木に多彩な攻撃を指揮してもらいたい

伊東と山本も体力的に厳しいポジションだけに
出来れば休んでもらいたいし、昌子に至っては
練習も別メニューというか見学だったとの事で
この試合は休養だろう

復帰の大伍はもちろん、犬飼、小田にもこれをチャンスに
自身の存在をアピールしてもらいたい


大岩監督が会見でも語った様に、
この試合は勝点3を狙いつつ、
最終的に引き分け以上を目指すのがタスクである

『勝利』を常に求めるのが鹿島のイズムではあるが、
その『勝利』とは単に試合に勝つという事ではない

この与えられたタスクを確実に達成することこそ『勝利』と言えるだろう

鹿島にとっての『勝利』を確実に掴んでくれることを期待したい

↓共に『勝利』を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

札幌戦 速感

札幌とのJ再開戦

結果は0−0のスコアレスドロー

とは言え内容は大きく差があったと思う

正直今日の鹿島は『ツイていた』

試合開始直後の都倉が放ったシュートがバーに当たり、
その後再三撃たれたシュートも枠を外れてくれた

極めつけはハンドを見逃してくれたおかげで
札幌を0点に『抑える』事が出来た


逆に鹿島は自滅と言って良い

いや敗けていないので自滅とは言えないのかもしれないが、
それでも内容は自滅そのもの

パスを繋いで形を作っていく鹿島であるのにパスが繋がらない

相手に良い守備をされるからではなく、単にパスミス

コントロールが定まらず、お互いの呼吸も合わない

また『素人目線』と書かれるかもしれないが、
どうしてもレオ・シルバのパスミスの多さが目についてしまう

中盤の底でボールを捌いて攻撃を作っていくスタイルが
長く染み着いている鹿島であり、
そのスタイルが変ったとは思っていないが、
その中盤の底からのパスに全然精度が無ければ
鹿島の攻撃がリズムを持つ事は有り得ない

ハッキリ言ってなんでレオ・シルバを
そんな使い続けるのか分からない

もちろんチームスポーツであるサッカーで
レオ・シルバ1人のせいで勝てないという事はないのだが、
どうしてもそこは納得がいかないことを再確認した試合だった

↓お疲れさまでした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 17:19 | Comment(1) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする