自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年09月07日

週末からJリーグ再開

さて、無事日本がW杯本大会出場を決め、
代表戦が終わっていよいよ残り10戦となった
Jリーグが今週末から再開する

代表で2試合フル出場だった昌子については
怪我をしてしまえば元も子もない
ちょっと今週末の大宮戦は休んで欲しいが、
ルヴァン杯の結果をみれば、植田には疲れはあるだろうが
即レギュラーとして試合に出てもらいたい

本人にも代表に選ばれるも
試合には出られなかった悔しさもあるだろう

その悔しさをJリーグの中で晴らしてもらいたい

ただそれでも鹿島のディフェンスは昌子頼りな部分もある

昌子不在でどれだけ守り切れるかは未知数

攻撃陣には1点と言わず複数得点をお願いしたい

大宮も残留争い真っ只中で、必死に戦ってくるだろうから
順位が低迷していると言っても決してなめてかかってしまってはいけない

全力で叩き潰す気持ちで試合にのぞんでもらいたい

3冠の内すでに1つを落としてしまった鹿島にとって
残りの試合、全てで勝利する気持ちで戦ってもらいたい

↓出場停止はレアンドロだけだっけ?
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ




posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

2017ルヴァン杯 準々決勝2ndレグ ”希望”スタメン

CB4人が出場出来ない上に、西大伍まで負傷ということで
更にスクランブルになり、もはや何が何やら分からなくなりつつある最終ライン

だが、そんな時にも混乱せずに、与えられた状況の中で
ベストを尽くすのが本当の『鹿島の流儀』であろう

捨て鉢にもやけっぱちにもならずに、最善を尽くし
そして『それでも勝つのが鹿島』を見せつけてやろう


ルヴァン杯R8-2nd-01.png

そんな中で朗報は、永木が復帰しているという事

この試合は『失点せずに大量得点を奪う』という
難しいタスクを背負わされている

一番簡単『に見える』のは、2−0での勝利でも
アウェーゴール差で勝ちぬけるので、まずは目指すのはここだろう

そう考えると、攻撃力は増すものの、バランスを崩しがちな
レオ・シルバよりも、しっかりとバランスを取れる永木に
DHに入って試合を作ってもらいたい

CBには、身長のある山本を中央としSBを三竿雄斗というのが
この中でのオーソドックスな考え方だろう

永木、もしくはレオ・シルバをCBに・・・とも考えたが、
永木には身長が、レオ・シルバには落ち着きがそれぞれ足りない気もする

山本は攻撃時のセットプレーで、空中戦の能力は証明されており
シンプルに守備に専念すれば、しっかりと守り切れるだけの力はある

三竿雄斗は、元々守備面では山本に引けを取らないように見られており
課題は攻撃面にあると考えられていると思うが、
で、あればこの試合、その守備面でクリーンシートに貢献し
必要最小限の得点でも勝ち抜けられる様に力を発揮して欲しい

前線4人(土居・鈴木・金崎・遠藤)はみな
自分で受けられて、タメを作れて、そしてフィニッシュも出来る選手

もちろんSBやDHのサポートも入るものの
それでも失点は極力避けたいこの試合
まずは4人で決め切ってしまうくらいの気持ちで戦ってもらいたい

どんな結果を迎えるにしても、今この時点では
勝ち抜けることを信じて、全力でタスク達成を目指すだけ

鹿島の力を見せつけよう!

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

1stレグの雑感と2ndレグ 展望

さて、1−3と惨敗に終わったルヴァン杯準々決勝1stレグ

しかも1stレグではレアンドロという最近の得点源に
大会2枚目のイエローカードが出され、
昌子・植田を欠いたCBからブエノには一発レッドと
この2人を2ndレグ出場停止という逆境に逆境が重なっている

1stレグ

レギュラーCB2人を欠いた守備に安定感はなかった

周囲がバランスをとりある程度のブロックを作っているうちは
決定的な破たんは無かったものの
セットプレーから失点してしまい得点を奪いに前掛りになって
バランスが変ってくると途端に対応出来なくなり
最後の最後で3失点目を食らってしまった

ここから2ndレグはさらにブエノを欠くので
思い切った選手起用が、もしかしたらシステム変更も
視野に入れなければならないかもしれない

4バックなら伊藤、三竿、山本、西の最終ラインが順当だろうが
西、三竿、山本の3バックも有り得るだろうか

仙台の前線は決して高さがあるわけではないので
最終ラインに高さを求める必要はないだろう

逆に鹿島は前線で起点を作りたい

金崎はFWの軸だが、高さのある鈴木
受けて前を向くのが上手い土居、そして司令塔となる遠藤

彼等にボールを早目に送り込み、チャンスを多く作る事が出来れば
逆転の芽も出てくることだろう

そしてもう一つ大切なのは急造最終ラインで戦う事を考え
必ずシュートで終わる事を意識して戦ってもらいたい

極端に言えば、相手に奪われるくらいなら
エンドラインに向けてボールを出すくらいの気持ちでも良い

決定機を作る事が目的ではない
得点を奪う事が目的でもない

ただ勝利を、2−0もしくは3点差以上の勝利こそが
目的であり使命でもある

選手そして監督・スタッフ、そしてサポーターまで一丸となって
与えられたタスクを見事完遂する事を信じている

↓ここから逆転して周囲をギャフンと言わせてやろう!(笑)
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする