自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年07月19日

磐田戦 雑感

返す返すも3失点は厳しい

磐田が良い攻撃をしていたとまでは思えず、
鹿島が『普通に』守れていれば
どれも防げたものだったように思う

昨日の磐田の攻撃で3失点では、
川崎や浦和とだったら何点取られてしまうのか・・・

何度も書くが、スンテは非常に良いGKであることは認めるが、
意思疎通や咄嗟の指示出しという面では、
言葉の壁もあって曽ヶ端のそれには及ばないのではと
どうしても思ってしまう

また経験の浅い町田はともかく、
即戦力と期待して獲得したはずの犬飼にしても
1対1で勝てる場面に乏しい

更には手の使い方が危うく、
そこは直していかないと、
大事な場面でファールで危険な場面を招きそうでもある

3失点という結果が示すように
守備をテコ入れしないと浮上は覚束無いだろう


ところで審判の判定もやや納得がいかない

W杯ではVARが脚光を浴びたが、
それも限定的な使われ方であることが再認識された

すなわち、サイド・エンドラインを越えた時
どちらのボールかや、PA外のファールについては
従来通り主審(と副審)の一瞬の判断に委ねられる

もちろんそれはそれで良いと思うし、
サッカーという目まぐるしいスポーツの魅力を
毀損しないためにギリギリのラインなのだとは思うが
それだけに今後増々審判の技量を高めなければ
リプレイが当たり前の世では不満ばかりが募ってしまう

W杯直後だからこそ、選手とともに
審判もモチベーションを高く持って
『プレー』に臨めているだろう

審判の講習等により、より良いジャッジを求めたい

↓ただ昌子の起用に関しては、慎重を期してもらいたいな
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

磐田戦 速感

勝てないのか―い!

昨年最終節はスコアレスドローだった磐田と
今節は3−3と打ち合った末に結局ドロー

攻撃面では連携も見られて形も増えたが、
守備面では移籍の植田と疲労の昌子が抜けた穴は大きすぎた

1失点目はコーチングが足りていなかったのか
後ろから入ってきた磐田の上原にフリーでヘディングを決められた

その後右に流れた安部からファーサイドに挙げられたクロスを
優磨が頭で折り返し遠藤が豪快ボレーで追いつく

左右のポジションチェンジとファーサイドへのクロス
そして折り返して中央でフィニッシュと非常にきれいな形での得点

中断期間のトレーニングの成果が出た良い特典だった

ところがここでアクシデント

ゴールを決めた遠藤が負傷交代

司令塔の早々の離脱は痛い


だが後半ひょんな事から逆転に成功

磐田が自陣ゴール前からのパスをミスすると
遠藤に替わって入った中村がカットし、DFを引き付けた上で
フリーになった安部にパス

これを安部は小憎たらしいループで磐田GKカミンスキーの上を抜いてゴール

大胆さ、落ち着きと言い実に19歳らしくなく、そして安部らしいゴールだった


だがこれだけでは終わらない

今度は磐田松浦のドリブルを永木がどうにか潰したが、
これに町田が巻き込まれてこぼれたボールを拾えない

そこに磐田の山田が走り込みシュート

犬飼が不思議な形で身体を投げ出すも届かず失点

更に犬飼が競り合うも、川又にも決められ3失点

3失点全てがCBが守り切れない形で失点だったのは
如何に今まで彼等に頼り切っていたかが分かる

外国人枠が空き、ブエノをレンタルバックという選択肢もあるが、
正直そんなレベルでこの穴は埋められない


とは言え正直コーチングでどうにかなる部分、
特に1失点目はどうにかなったのではと思っている

少なくともCBのレベルや連携が整うまでは
スンテではなく曽ヶ端の方がふさわしいと思うのだが・・・


だが試合自体の主導権は鹿島が握り続けていたので
最後には同点に、そして逆転できると思っていた

するともうすぐ90分というところで優磨から
右サイドの山口にスルーパス

スピードを落とさず走り込む山口から、磐田のDF3人を越え
更にファーで走り込む土居にグラウンダーのクロスが入り
土居はこれを押し込むだけ

結局このままタイムアップとなり3−3のドロー

主導権を握っていただけに勝利が欲しかったが、
正直このレベルのCBコンビで勝点を得られたことは最低でもない

とは言え上位3チームは全て勝利しており、益々状況は厳しくなった

攻撃を喜ぶのか守備の不甲斐なさを嘆くのか・・・

判断が難しいが、そんな時は選手スタッフにはしっかり反省はしてもらいつつ、
我々サポーターはポジティブに捉えて信じて応援してあげたい

また動き出したJリーグ

どうにかここから這い上がっていきたい

↓お疲れさまでした
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 22:02 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

天皇杯 町田戦 速感

5−1で見事勝利

点差で見れば快勝・圧勝

だが、正直まだまだJ1トップレベルと、
何より鹿島のトップフォームと比べれば
チグハグで物足りない印象が拭えないのは
W杯で各国代表の、世界最高峰の戦いを
このところ見続けたからだけではないと思う

一本のパスの精度、ドリブルのタッチ
動き出しのタイミング

正直町田がメンバーを落としていたのか、
殆どの得点が相手の拙さに救われた形で、
綺麗だったのは優磨の2点目くらい

とはいえ改善の兆しも多々あった

まず目立ったのが大きなサイドチェンジ

両SB、SHと優磨が積極的に繋いでいた

精度もスピードもまだまだなところもあるが、
その意識が根付いただけでも大きな進歩だろう

また横パスと縦に入れるボールの使い分けで
サイドが中心ながらも一辺倒にならず、
ドリブルでもパスで崩す形があり
攻撃のバリエーションが大幅に増えており
これらを詰めていけば大きな武器になる

若手の成長も目覚しい

優磨や安部はもちろんのこと、
田中のキレも後半戦に向けて武器になるだろう

また、相手ながらもレンタル中の平戸も
両足で高い精度のキックを蹴り、
ポジショニングや走り出し等
十分鹿島に戻っても戦力になるだろう

もちろんこのまま完全になるかもしれないが、
鹿島ファミリーの成長を目の当たりにできたことは
素直り嬉しかった

まだまだこれからと思いつつも、
リザルト以上に色々と嬉しい試合だった

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


posted by knz at 23:39 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする