自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年06月12日

レオ・シルバも合流

レオ・シルバが驚異的な回復力を見せている

5月14日の神戸戦で負傷し、全治6〜8週間と診断されたレオ・シルバだが、
今日のAntlersTodayではトレーニングに復帰した姿が公開されている

しかも公式SNSから読み取るに、ほぼ皆と同じメニューをこなしている様子がうかがえる

まさかとは思うが、札幌戦での復活もあり得るのではとも思える
驚異的な回復力を見せてくれている

もちろん、無理して早く復帰して、再発等という話しは聞きたくもないので
当人はドクターやチームとよく相談して復帰時期を計るのだろうが
いずれにしてもチームにとって明るく、ポジションを争う選手にとって
ますますモチベーションの上がる状況と言えるだろう


技術力は皆高い鹿島だが、それ故にかパスで崩そうとする事が多く、
次いで土居や中村等はドリブルで仕掛けて状況の打開を試みる

だがそれは、ある意味どこをとっても全体的に押し上げる形で
横方向のギャップは作れても、縦方向にはなかなか崩れてくれない

だが、金崎と、そしてレオ・シルバは少し違う

オフ・ザ・ボールの動きで縦方向にポジションを変えてボールを受ける

特にDHのレオ・シルバは、大きく前の選手を追い越し
まるでFWの様な場所にまで顔を出し続ける

もちろんリスク管理という意味で、やみくもな飛び出しは危険だが、
そこは後ろをカバーしてくれる味方の存在を信じての事

ハイリスク・ハイリターンな試みを、
少しでもリスクを減らし、リターンを大きくする準備を怠らなければ
更に大きなリターンを求める事も夢ではない

レオ・シルバの復帰もまた、大岩新監督にとって大きな朗報

一日も早い完治と実戦復帰を願っている

↓逆襲に向けて、役者がそろってきたね!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 22:46 | Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

ここからの土居に期待

さて、世の中(?)は代表Weekで
この週末は試合のないJリーグ

今シーズンは年初にタイでのインターリーグマッチもあり
まとまったフィジカルトレーニングも出来ていなかった鹿島だが、
今週はフィジカル中心にトレーニングを行ってきたとのこと

監督も石井さんから大岩さんに交代したタイミングであり
チームを仕切り直す意味で、良いトレーニングを
送れているのだろうと思う

離脱していた遠藤も復帰してきており
中断明けから快進撃に期待が高まるところ


広島戦ではFWに戻って活躍した土居

大岩監督は『DFとボランチの間で受ける能力』を絶賛しており
もしかすると金崎、PJ、優磨の様に得点能力の高いFWと
土居を組み合わせる形が、今の鹿島には合っているのかもしれない

おそらく同じような役割は安部にも引き継がれるのだろう

思い起こせば、かつて形は違うも
柳沢がコンビを組むFWの能力を引き出したように
鹿島の2トップの一角は、アタッカーではなく
トップ下もしくはシャドーが良いのかもしれない

2列目に遠藤が戻り、中村やレアンドロに目処が立てば
土居を抵抗なくFWに戻す事が出来る

私生活でもこの中断に結婚を果たし、
公私ともに充実した時間を過ごしているのだろう

土居もここから、遠藤や山本の様に
『替えの効かない選手』となっていくのかもしれないし、
ユース出身の土居がトップで揺るぎない地位を築くことが
今後の鹿島全体の発展に対しても、大きな意味を持ってくる

チームでも、新しい家庭でも、
大黒柱になってくれることを期待したい

↓もしかしたら8番ではなく10番がだったのかもね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


posted by knz at 23:51 | Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

西、植田 復帰

チーム練習に西と植田が復帰したとの事




これで最終ラインはレギュラーメンバーをそろえる事が出来る

レオ・シルバと遠藤はもちろん火曜日の一戦には間に合わないが、
DHは小笠原と永木がおり、後は遠藤の穴を誰が埋めるかといったところだろう


守備陣が安定するのは大きい

攻と守が一体となるサッカーでは、後ろが安定することで
攻撃力も高まるというもの

永木や小笠原にレオ・シルバの様なアップダウンは望めないものの、
その分しっかりと穴を作らない『土台』の様なディフェンスをしてくれるだろう

これで前線の選手達はより攻撃に注力することが可能となり
得点力も増してくれるだろう

更にセットプレーでは植田というストロングヘッダーが戻る事で
選択肢が大きく広がることも見逃せない

『あと1点』が欲しいとき、セットプレーは大きなチャンス

アウェーではレアンドロの守備力と伊東・三竿のサブ組3人の連携不足を突かれて
鹿島の右サイドが沈黙、逆に押し込まれたところから上手くいかなかった

だが、少なくとも今度は違う

少なくとも後衛は勝手知ったる西と植田

見事クリーンシートを達成して、準々決勝への扉を
FPの一番後ろからこじ開けてもらいたい

↓金森も大丈夫みたいだし、2ndレグに向けて上がってきているハズ
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 20:54 | Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする