自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年01月17日

主力流出はいつ起こるとも限らない

さて、他クラブではあるが、
浦和のラファエル・シルバが
中国2部の武漢卓爾への移籍がほぼ決まったとのこと

ラファエル・シルバといえば、
昨季のACL決勝で1st、2ndレグ共ゴールを決め
アジア制覇の立役者となった選手

浦和は既に新体制に入って沖縄でキャンプ中だが
そんな主力中の主力が突然移籍していくというのは
衝撃的な出来事だろう

プロ選手として魅力的なオファーがあれば
移籍を試みることは仕方がないとはいえ
あまりにも非倫理的というか
モラルもマナーも感じられない気がする

鹿島では今までここまでの『裏切り』はなく、
最近ではせいぜいカイオが夏の移籍期間に
中東へと移籍したくらいな気がするが、
あのときも一度は断りをいれ
再オファーが貰ってという事を思えば
『青天の霹靂』とは程遠い移籍だったとも言える

横浜FMでも10番を背負った斎藤が
今季同じ神奈川を本拠とする川崎Fに移籍とのことで
昨季の中村俊輔と2年連続の10番流出となった

ラファエル・シルバや斉藤達本人の資質と共に、
疑問というかスッキリしないものを感じるのが
チームの姿勢・体制なのかもしれない

鹿島ではかつて二人『裏切り者』と言われた選手がいた

ひとりは移籍制度のグローバル化が成されておらず
周囲の理解が得られないまま移籍した現鹿島CROの中田、
もうひとりは、起用方法に不満を持ち
浦和に移籍した興梠

やはり(J全体とはいえ)クラブの移籍に関してのルールが
整備されていなかったことや
監督やクラブの選手に対しての起用法や待遇に
不満があった結果とも言えたのだろう

中田にしろ興梠にしろ、各人にとっては
少なからず移籍は成功だったとは思うが、
当時チームとファン・サポーターに与えた衝撃は
決して小さなものではなかった

その後鹿島はJクラブの中でも早い段階で
海外との移籍ルールを整備した上で契約制度を見直し、
主力選手流出に対しての防衛策を取っている様に感じる

とはいえ生き馬の目を抜くプロサッカー界においては
今回の浦和や横浜FMの様な件はいつ鹿島に起こるとも限らない

他山の石として真摯に受け止め
鹿島の今後にも活かして欲しい

↓クラブに関わる全員が納得し祝福出来る移籍もそうそう無いだろうけどね
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら



posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

FW陣には、この合宿で足掛かりをつかんで欲しい

本格的にキャンプを開始した鹿島アントラーズ

先ずはフィジカル強化のメニューを進めていくことになるだろう

既にチーム始動から1週間経過し、
その前にも各々自主連はしていただろうが
ここからの一週間はキツイ練習となる

怪我だけはしてもらいたくないが、
さりとて強度を下げれば身体は出来ない

各自目標をたてて取り組んでもらいたいところだ


復帰の篤人はもちろんのことではあるが、
今季期待・・・というか、覚醒と活躍を願いたいのは
日本人FWの5人

すなわち10番を受け継いだ金崎、
『エースナンバー』8番を背負う土居
地元の星、リアルストライカーの優磨
昨季注目を浴びた『新ファンタジスタ』安部
そして即戦力を期待される山口

5人5様の特徴を持つタレントが
どの様に化学反応を起こしていくか

厳しいことを言えば、
正直昨季終盤に失速したのは
FWを中心とした得点力の不足にある

それをJでもアジアでも得点を取れるようにするには
助っ人PJの力だけでは全然足らない

10番をつけた金崎は攻撃の中心となる

自身の得点感覚はもちろんだが、
自らに多くの厳しいマークが付けば、
マークが手薄となった他攻撃陣に
チャンスが生まれる

そこで決定機を演出する見極めが必要になるだろう

土居は逆にまだまだ周囲に気を使いすぎているのか、
自分で行けるところで譲ってしまうところがある

決定機に迷いがあると言ってもいい

その迷いが決定力の低さにも現れているのだろう

彼もまた、見極めと、そして自信を持ってプレーして欲しい


自信に揺らぎがないのは優磨かもしれない

未熟さは認めながらも、
それでも自身のプレーに迷いなく、
ゴールに向かっていく強い意思は
チームに勇気を与えてくれる

優磨はリアルストライカー

全ての意思をゴールに向けて、
もっと金崎以上にゴールに貪欲になって欲しい

ドリブル、パス、動きだし

身体は大きくないが、あらゆるプレーで
高いポテンシャルを見せてくれる安部は、
色々な意味でかつての10番・本山を
思い出させてくれる存在

ファンタジスタはチームのゴールへの意思を
現実世界に具現化する存在とも言えるプレーヤー

世界的に見れば、彼の年齢で国を背負う選手も多々存在してきた

先ずは鹿島を背負えるだけの選手に
今季成長してもらいたい

山口は、ドリブル、パスに加えて
左右どちらの足でも質の高いシュートを放てると聞いている

まだ他チームに暴かれてはいない未知数な山口が
成長していくことで鹿島攻撃陣のポテンシャルを
高めることとなるだろう


このキャンプで全てが手に入るわけではないが、
その足掛かりを掴むキャンプとして欲しい

↓それと各個の成長と共に、それぞれの連携もだな
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら



posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

宮崎へ出発

本日チームは毎年恒例の、鹿島神宮での必勝祈願を行い、
キャンプ地である宮崎に移動した

武神・建御雷神の威をかり、
天孫降臨の地でフィジカルを鍛え上げたい

昨年はこの宮崎キャンプを
思うように消化できなかったことが
スタートダッシュ失敗に繋がり、
結果としてリーグ戦では勝点差無しでの2位に繋がった

もし石井監督時代に勝点をあと1でも積んでいれば
タラレバではあるが、結果は大きく変わった

また新加入選手との融合をもっと図れていれば!
ACLでももう少し違った展開も有ったかもしれない

実質明日からの2週間

チームとしても、
そして選手個々人としても
納得のいくキャンプを過ごして欲しい

↓デジッちも期待している
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
宮崎キャンプ・NYC観戦に!

建築家「隈研吾」氏が手掛けたラグジュアリーホテル!洗練されたデザインが導く、贅沢な宮崎でのひと時をお過ごしくださいませ。

宮崎市内では珍しい6つ部屋の和風旅館。『子宝・安産の宿』〜ここはパワースポット〜地蔵庵〜

眼前には雄大な太平洋、日向灘を一望できる。天然温泉(美人湯)で心も身体もリフレッシュ!大自然の中で戯れてみませんか

ホテル目の前は海♪宮崎を代表する観光スポット青島も徒歩圏内。リゾート感溢れるロケーションでの優雅なひとときを。

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする