自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年05月26日

西、植田 復帰

チーム練習に西と植田が復帰したとの事




これで最終ラインはレギュラーメンバーをそろえる事が出来る

レオ・シルバと遠藤はもちろん火曜日の一戦には間に合わないが、
DHは小笠原と永木がおり、後は遠藤の穴を誰が埋めるかといったところだろう


守備陣が安定するのは大きい

攻と守が一体となるサッカーでは、後ろが安定することで
攻撃力も高まるというもの

永木や小笠原にレオ・シルバの様なアップダウンは望めないものの、
その分しっかりと穴を作らない『土台』の様なディフェンスをしてくれるだろう

これで前線の選手達はより攻撃に注力することが可能となり
得点力も増してくれるだろう

更にセットプレーでは植田というストロングヘッダーが戻る事で
選択肢が大きく広がることも見逃せない

『あと1点』が欲しいとき、セットプレーは大きなチャンス

アウェーではレアンドロの守備力と伊東・三竿のサブ組3人の連携不足を突かれて
鹿島の右サイドが沈黙、逆に押し込まれたところから上手くいかなかった

だが、少なくとも今度は違う

少なくとも後衛は勝手知ったる西と植田

見事クリーンシートを達成して、準々決勝への扉を
FPの一番後ろからこじ開けてもらいたい

↓金森も大丈夫みたいだし、2ndレグに向けて上がってきているハズ
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 20:54 | Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

【A代表】6/13 イラク戦 招集メンバー発表

ロシアW杯アジア最終予選に向けたメンバー発表が有り、
鹿島からは昌子が選出された

コンスタントに選ばれる事は誇らしいが、
結局ほとんど試合に出ることは無いのに
代表選手の宿命とはいえ、チームのオフでもトレーニングを続け、
休みを取れずに疲労を蓄積してしまうであろうことは心配でもある

とは言え選出されなかった永木の気持ちも思えば
複雑なところもあるだろう

代表での競争が激しいポジションとは言え
選ばれたり選ばれなかったりの状況は
永木のメンタルにとって、決して良好な環境とは言えないだろう

今回は休暇を貰ったととらえて、しっかりとチームに専念して欲しい

鹿島系で言えば、ドイツに渡った大迫が選出されている

彼の地では先日も得点を決め、存在感も示している

今回のシリア戦、イラク戦で代表でも存在感を示し
代表のレギュラー定着を狙って欲しい


鹿島系ではないが、本田の放出はミランにとってはもったいない気がした

まあミランの中でもサラリーが高いという話しだから
それ単体では難しい話しだが、先日のボローニャ戦で見れば
ミランの中で本田は十分に輝いていた

正直今のミランは、かつての『憧れのミラン』からは程遠く、
選手一人ひとりの技術は低く、それを補おうとする情熱も感じない
(GKのドンナルンマは良い選手だが)

そんな中に合って、本田を外し続けたモンテッラ監督にも
何かしらの意図はあったのだとは思うが、
在籍していたのだからもう少し使ってみたらよかった気がする

本田にとっても試合に出られない不毛な時間だったし、
ミランにとっても働いていない本田に無駄銭使う不毛な時間だった

鹿島でも代表当落線上の選手がレギュラーを取れず
選手を固定しがちなチーム事情でなかなか芽が出ない選手もいる気がする

ターンオーバーやローテーションとまでもう贅沢は言わないので
疲労がたまってくる選手に代わって、将来の有望株を
少しずつ試合に出す采配くらいは見せて欲しい

↓植田は怪我を癒して早く復帰したいだろうな
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:54 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

広州恒大戦 雑感

まず第一に言いたいのは、まだまだ結果が出たわけではないという事

『何故か』というほど不思議な事でもないけれど、
1stレグの敗戦を受けて、ラウンド16突破に
悲観的な見解が多すぎる気がする

確かにアウェーで少なくとも引分けを、
更にはアウェーゴールを奪いたかった

奪っていれば大きなアドバンテージを得た上で
ホームの後押しを受けた上で戦う事が出来た

それが出来なかったことは非常に残念ではある

だけれども、0−1の敗戦が
大きなハンデとなったかというとそうとも思わない

そもそも1stレグを0−0で引き分けで終えても
2ndレグを勝利しなければならない事に変わりはない

0−0だった場合のみ延長に入れるというオプションはあるが、
それ以外の引分けもアウェーゴールで敗退となる

なので0−0も0−1もそこまで大きな差とまでは言えない

むしろアウェーゴールが取れなかったことが
こうなると苦しいかもしれない

現状で鹿島は2ndレグ、最低でも90分で1点は必要になったが、
90分内で相手に得点を許せば、一気に3得点が必要となる

そう考えると、多くの人が『最低でも引分け』を目論んで
試合展開を想像していたなかで、おそらく石井監督は
『アウェーゴール』を狙って戦術をくみ上げていたのだろうと思う

そう考えると、意外性を持つレアンドロを
引っ張りたくなった心情も分からなくはない・・・かもしれない

正直あそこまで何も出来ていないと『あり得ない』としか思えないが・・・


いずれにしても、まだラウンド16は半分しか戦っていない

半分終わって1点差で負けているだけの状況

どこに諦める要素があるのだろう?

世の中には、ちょっと上手くいかないと
スグに諦めてしまう人も多くなったのかもしれないが、
せめて『諦めの悪い』鹿島のファン・サポーターは
皆で最後まで逆転勝利を信じてチームを応援して欲しい

↓少なくとも、選手たちは全く諦めてないよ?
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
広島遠征に!

ワンランク上のカテゴリー「シェラトングランドホテル広島」はJR広島駅直結、観光地にも近く、便利な場所に位置しております。

広島バスセンター隣、平和記念公園へ徒歩5分の好立地!恋人の聖地サテライトに選定

広島駅直結でレジャー、ビジネスに絶好のロケーション。全室インターネット無線LAN(Wi-Fi)接続無料!!

楽天トラベルアワード2016『ダイヤモンド賞』受賞!和洋バイキング朝食無料(6:30〜9:30)!全室WIFI無料!

posted by knz at 23:40 | Comment(2) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする