自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年04月18日

熱い磐田戦

GWも間近に迫るなか、今週末はホーム鹿島でジュビロ磐田戦

磐田との対戦は、かつて『ナショナルダービー』とまで言われ、
(もっとも根拠もないメディアの煽りとしか思えないが・・・)
『ライバルチーム』同志の戦いは、勝つにせよ勝てぬにせよ
胸を熱くする試合が繰り返されてきた

その一つが01年のCS

初戦、不可解な判定で隆行が退場となり
後半終盤まで0ー2のビハインドから追い付いたときには
ゴール裏に雪崩が起きるほど狂喜に包まれた

その後2ndレグでは90で決着つかず、
今ならアウェーゴールでこの時点で勝利だが、
当時はゴールデンゴール方式だったことで
延長前半に小笠原の伝説のようなFKで勝利し
リーグ連覇を成し遂げた

伝説のFKと言えば99年GWの国立での一戦も思い出される

前半に小笠原のプロ初ゴールで先制するも
後半に現磐田監督・名波の芸術的なFKで追い付かれ
延長で藤田にVゴールを決められ敗戦を喫した

磐田との死闘は思い起こせば枚挙に暇がない

磐田の降格もあり、最近のライバルとしては
G大阪や浦和を推す声も多いかもしれないが、
私にとってはやはり磐田こそう呼ぶのに相応しい
(ヴェルディは川崎時代まで)

今週末、また熱い試合で魅せてくれることを期待したい

↓そしてもちろんその先に勝利を掴む!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ACLアウェーの航空券・ホテルの予約なら




posted by knz at 23:56 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

仙台戦 雑感

昨日行われた仙台戦は、4−1と『快勝』と言っていいだろうスコアで勝利を収めた

これまで首位をキープしていた神戸が遂にというか、
ある意味予想通り陥落し、変わってこれまた予想通り
浦和が首位に躍り出た

調子に乗らせるとめんどくさい相手でもあるので、
隙あらばさっさと首位を奪って突き放したいので
先ずは浦和より先に勝点を落とす事の無いよう戦っていきたい


試合は金崎・土居・中村・遠藤の4人が上手くポジションを入れ替え、
そこに後ろの選手(特に両SB)が絡んで、実に鹿島らしい攻撃を試せていたと思う

また小笠原と永木は積極的にサイドチェンジを狙っており
ブリスベン戦等では見られなかった大きなパス交換も多く見られた

上記2つの(流動性と大きなパス交換)は2つでセットであって
ポジションを入れ替えるからこそフリーの選手が出来て
大きなパスも通りやすくなるし、大きなパスが通るから
相手の隙をついてポジションを入れ替えたりプルアウェイ出来たりする

どちらか一方だけでは相手に読まれてしまうが
二つの戦術が上手く絡み合った事が、危なげなく攻撃出来た要因ではないだろうかと思う

中村は、ある意味『ファンタジスタ』らしく、消えている時間もありつつも
得点に繋がる、もしくは直結しそうなプレーを披露してくれた

中村は万能な選手ではない

彼のプレースタイル的には、昨日の様な出来が『らしい』のだろう


土居は前線でタメを作れていた

2列目サイドだと持ち過ぎ感があるものの
トップであれだけキープ出来ると、ビルドアップが容易となり
攻撃に厚みが増す

”希望”スタメンでも2列目にしてきたが、
今の土居はFWでこそ活きるのかもしれない

遠藤はブリスベン戦で吹かしてばかりいたが、
この試合の得点はお見事だった

土居からのヒールの落としをダイレクトでゴール

時間帯的にも鹿島を楽にしてくれる良いゴールだった

金崎は全体的にまだおとなしい印象

ゴールは見事だったが、『売り』であるガツガツしたところはあまり見られなかった

前半、山本のグラウンダーに届かなかったところが印象的で
万全だったら決まっていたかもしれない

もちろん西のフェイントからのゴールは素晴らしく
500試合出場の2人は、本人たちがコメントしたように
『いつもの試合』として、いつも通りにプレーしてくれた

チームとして変に舞い上がったりせず、その辺もまた鹿島らしい勝利だった

やっと形が見えてきたか・・・とも思ったけれど、
考えてみればみんな既存のメンバー

新戦力での積み上げはまだ見られていないということ

まだまだ課題は多いものの、伸び代だと思って頑張りたい

↓レアンドロって若干もてあまし気味だよな〜
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ




posted by knz at 22:06 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

仙台戦 速感

リーグ戦連敗を避けたいアウェー仙台戦は、
前半の西のゴールからラッシュが入り、
1点を失ったものの4−1と今シーズンリーグ戦初めて
点差を着けての勝利をもぎ取り
曽ヶ端、小笠原の500試合出場同時達成に華を添えた

先制点となった西のゴールは、元トップ下も務めたスキルを
いかんなく発揮したゴール

巧みなフェイントで相手を交わすと素早い振り抜きで
ゴールを奪った

2点目はPK

読まれながらもGKが届かないところに金崎が蹴りこみ
危なげなく追加点を奪った

3点目はPA内ヒールで落とされたボールを
遠藤がきれいに左足で沈めて追加点

後半に入り、相手のCKで1点を返されるも、
その後PJがカウンターからダメ押し弾を叩き込み
まあ快勝と言える試合だっただろうか

カウンター狙いとは言えないが、
この試合鹿島は省エネサッカーではあったと思う

一生懸命走って守って攻める仙台に比べて
鹿島はどこか『緩慢』にも見えかねないサッカー

だがその実パス回しに無駄は無く、ミスも少なく
相手にボールを奪われる事も少なかったし
想定外の場所で相手ボールになる事も少なかったので
危険な場面も多く作らせることもなかった

失点は余計だったが、その後に再度ダメを押せたので
試合全体の印象も悪くない

何より金崎とPJが怪我から復帰し、
そしてその試合で得点を奪えたことで
消沈しかねなかった鹿島が再び息を吹き返し
上昇気流に乗るきっかけとなれそうな試合だった

そう思える試合だった

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 22:31 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする