自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年10月14日

広島戦 速感

苦しみながらも勝利!

エース金崎出場停止も若いFW二人のゴールで連敗回避に成功!
また一段、タイトルへの階段を登ってくれた

試合序盤から相手の流れで試合が進むも、
一瞬の隙を突いての土居のゴールで先制し、
曽ヶ端のファインセーブもありクリーンシートを達成し
苦しみながらも2−0で広島をねじ伏せる事に成功!


序盤は広島の出足に苦しめられた

濡れたピッチに中々対応しきれていないのか
出足の遅い鹿島に対し、広島は最初から鋭い出足で
セカンドボールの多くを相手に奪われてしまっていた

なので当然の如く、そしていつも通りに相手に攻められ受ける展開が続く

だが、ボール奪取から土居が受けると、PAすぐ外ゴール正面で
繊細なボールタッチから相手を交わすと左足一閃

強い弾道がゴールに突き刺さった

まるで居合の達人の一太刀の如く正に一瞬の出来事だった


これでここからは鹿島の試合かというと、それはそれでそうではなく
得点直後には相手助っ人のアンデルソン・ロペス(?)に抜け出され曽ヶ端と1対1

これは曽ヶ端が素晴らしい反応で、
自身の左を抜かれそうになったシュートを片手で弾き
どうにか失点を防いでくれた

その後も結局ゴールを割られなかったのは
この1プレーで曽ヶ端が相手にプレッシャーをかけたからだとも思う

”A penny saved is a penny earned”
(1ドルの節約は1ドルのもうけに等しい)
ということわざがある

いうなれば
”A goal saved is a goal got”
といったところ

曽ヶ端の『得点級』のファインセーブは今年何度目だろうか?
彼にチーム得点王を差し上げたい程だろう

後半もスリリングな展開は続くが、どこかフワフワというか
マンネリというか、空気がダレて来たところで空気を入れ替える選手交代

先ずは得点を焦ってきた感のあったPJに替えて優磨
次いで優磨と相性の良い伊東を入れて西を1列上げた

これがハマって追加点

1列上がった西がドリブルで押し上がり、
右サイドでオーバーラップを伺う伊東にスルーパス

これを抉りこんで受けた伊東がグラウンダーでゴール前に流すと、
前で潰れた土居をすり抜け後ろでファーで控える優磨の元に

フリーでまっていた優磨は目の前に広がる無人のゴールに
太ももか腰の辺りで押し込むようにゴールにボールを送ってゲットゴール

こういう得点もストライカーらしい得点

エース不在時に、曽ヶ端等先輩達に支えられ
その座を狙う若きFWの活躍で得点して勝利する

川崎Fも勝利し勝点差は変わらないものの
何も焦る必要も悲観する必要もない

エンジンを吹かした様な一時の勢いではなく、
チームの成長というもっと必然的で大きな流れの様な力が
今の、そして今日の鹿島が持っていた勢いには感じられた

反省点も多いのだろうが、良い勝利を見せてもらったと思う

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 20:48 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

2017Jリーグ第29節 ”希望”スタメン

さあ!リーグ再開

ここからは今季リーグ戦最終章

泣き言も甘えも慢心も言い訳も通用しない

優勝という名の天国と、その他という地獄

唯一自力優勝が残されている我々鹿島の到着地が
どちらになるのかはつまり我々に委ねられている

JL29-01.png

つまるところサッカーは、『いかに得点を奪い、いかに失点を防ぐか』ではなく
『いかに失点を防ぎ、いかに得点を奪うか』だろう

まずは守備、そして攻撃という基本スタンスは既に長らく鹿島に根付き
攻撃にこだわりを増した大岩体制でもその点は変わらないと思っている

川崎Fに1−3で敗戦後、3戦連続クリーンシートがあり、
その後3戦連続失点と守備に不安定さを残す鹿島だが
あいにく代表ウィークにはレギュラーCB二人を持っていかれ
コンビネーションを築くための時間に乏しかった

先日の鳥栖戦での失点でもわかるように
今鹿島ゴール前は実はホットスポットで
シュートを受ける場面も少なくないだろう

3戦連続で失点を喫し、前節では試合にも敗れた今
クォン・スンテを再度スタメンに名を刻むのに
ちょうど良いタイミングだろう

コンディション的な事は分からないが、
ここらでクォン・スンテの起用が在っても良いだろう

金崎出場停止の中、先発はPJとなるだろう

ではPJを使える選手とは?

自ら仕掛けてPA内に入っていくレアンドロや
足下でボールを扱い相手を翻弄する中村は
PJに決定的なパスを送るタイプというより
自ら仕掛けていくタイプ

結果として誰が決めても勝ってくれればいいのだが
やはりここは遠藤しかいないのではなかろうか

FW、OHのユニットがいかに機能するかが重要になる

タイトルに向けて連敗は許されない

勝点3を積み上げ、『裏開催』の川崎Fにプレッシャーを与えたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:58 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

一番有利なのは鹿島だよ?

代表ウィークも過ぎて、
いよいよ今週末我々のJリーグが再開される

前節鳥栖に敗れ2位川崎Fとの勝点差が5となった

がだからなんだと言うのだろう?

勝点差が5『も』付けて首位に立つ鹿島

間違いなくタイトルに一番近いのは鹿島である


確かに勝点差は8から5に縮まった

が、これをどう捉えるか

『縮まった』とネガティブに捉えるか
『余裕があって良かった』とポジティブに捉えるか

意外とこの捉え方の差は大きい

残り6試合で勝点差5は
現実的にかなり大きいもの

それを一度の敗戦で浮き足立ってしまっては
それこそ相手に有利になってしまう

むしろまだ余裕があるとどっしり構え
その上で反省点・課題をしっかりと消化した戦いを見せて欲しい

さて問題はそっちではない

前節エース金崎がイエローをもらい
累積で今節出場停止

怪我から復帰したPJの先発が予想されるが
試合勘という意味ではどうだろうか

PJといえば、相手のライン裏に抜け出して
独走してゴールというイメージが強い

広島がラインを押し上げてくれれば良いが
そうでない場合はいかに高い位置でボールをキープし
相手ディフェンスを引きつけギャップを作る事が肝要になるだろう

相手に合わせてサッカーを変えられるのが鹿島の強みならば
自チームの陣容に合わせられるのもまた鹿島の強みだろう

金崎からPJへ

個の能力として大きく劣るということはない

準備期間もしっかり確保出来ていた中
PJと周囲の連携も存分に図れたであろう

慢心は論外だが、勝点差にも余裕があり
戦力も充実して準備も万端のハズ

自信を持ってスタジアムに向かおう!

↓もちろんテレビやPC・タブレットの前でも!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする