自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年07月15日

【W杯】いよいよフィナーレ

ちょうど1カ月に渡って開催された、ロシアワールドカップも、
まもなく始まるフランスとクロアチアの決勝戦で終焉を迎える

開幕前から市場価格がNo.1と言われ、優勝候補の一角だったフランスが勝つのか

はたまた少なくとも日本国内では『ダークホース』と思われていたクロアチアが
ミラクルを起こして初優勝を飾るのか

フランスは強い

19歳の10番エムバペやグリーズマンはもちろん
アジリティとフィジカルに優れた選手をそろえる

かつての組織的な『シャンパンサッカー』を捨て
圧倒的な個の力を集合させ戦う彼らのサッカーは
現実的で素晴らしいものだと思う

だが、何度も書いてはいるが、個人的にはクロアチアに頑張ってもらい、
フィジカルがサッカーの優劣を必ずしもつけるものではないことを証明してもらいたい

フィジカルで勝てないなら、テクニックと組織力で上回ることで
勝利を奪えることを証明してもらいたい


ただ、いずれにせよファイナルまで進んだ両チームが
フェアでクリーンに全力で戦いあい、白熱した好ゲームとなることを期待したい

何よりもそれが、世界中のサッカーファンに対して
最高の贈り物になるだろう

↓最高の試合を期待したい
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 22:47 | Comment(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

【W杯】いよいよ決勝と準決勝

先月15日に開幕し、ちょうど1カ月間に渡って開催されたロシアW杯

いよいよ残すは順位決定戦2試合となった

まずは今日、3位4位決定戦を迎えるのが、優勝候補最右翼フランスに敗れたベルギー
もう一方は先制しながらも、東欧のブラジルクロアチアに敗れたイングランド

これまでの試合と違い、泣いても笑っても
勝っても負けてもこの試合が最後となる

両チームとも悔いを残さないように、精いっぱいのプレーを見せてもらいたい

大会序盤、有力チームが初戦を落とし、
『波乱の大会』と思われたが、決勝T』に入ると
そこまで珍しい顔ぶれではなかった


だが、ことベスト4に至り、その顔触れは
フランス、イングランド等古豪に加え
クロアチアとベルギーという新たなチームの台頭も見えてきた

ラスト2試合

今期W杯の最後の最後

どの様に大会として〆られるのか

楽しみに待ちたい
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ
posted by knz at 23:59 | Comment(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

植田とPJが移籍とのこと

植田とPJの移籍が相次いで発表された

植田選手のセルクル・ブルージュKSV移籍合意(オフィシャル)
ペドロ ジュニオール選手が武漢卓爾職業足球倶楽部に期限付き移籍(オフィシャル)

※植田に関しては、正確にはクラブ間の移籍合意ではあるが


植田は、ジョルジーニョが監督を務めていた2012に鹿島の練習に参加し、
入団が決まった選手

当時鹿島のCBといえば岩政を中心に中田と青木がおり、
ルーキーの昌子、山村がその座を奪わんと競っており、
経験豊富なベテランと能力は高いルーキーが揃っているとはいえ
どちらかといえば混迷期だった

そんな中入団が発表された植田は、
中学時代、テコンドーで日本一に輝いており
その異色の経歴から非常に注目されて鹿島に入団した

その容姿と経歴に違わず年を追うごとに鹿島に欠かせない選手となり
遂には一気にW杯日本代表にまで昇りつめた

だが、あと一歩

あと一歩出場までには至らなかったことが
ベルギーへの移籍に対して背中を押したのだろう

良いCBが育つのに、DFが成長するには
良い対戦相手、素晴らしい攻撃陣が必要

日本での戦いに、どこか物足りなさを感じていたのかもしれない

未だに海外で『成功』を収めた日本人CBは殆どおらず
サウサンプトンに所属する吉田のみが活躍する程度

だが、その能力で言えば植田は吉田をはるかに上回る

植田がベルギーの地から大きく飛躍してくれる事を期待し
快く送り出してあげたい


そんな中発表されたPJの中国への移籍

これに意図を感じずにはいられない

犬飼は、悪いCBとは言わないが、正直まだまだプレーが荒く
ゴール前での不用意なファールや不注意からのギャップを作ってしまっている

また町田は、将来鹿島のCBを背負って立つ逸材だとも思っているが、
いかんせん怪我もあり経験が不足している


W杯の活躍で昌子の去就にも注目が集まる中
経験があり、見本となるようなCBが欲しいところ

PJの移籍で外国人選手枠は1枠空いた

これは適任のブラジル人選手に目処が付いたという事なのだろうか

いつも微妙な人選が多い鹿島強化部の
今度こその大当たりを期待したい

↓植田と豊川の、彼の地での対戦にも注目したい
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 移籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする