自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年06月17日

札幌戦 速感

再開したJリーグ

札幌をホームに迎えた鹿島は、3−0と快勝で
暫定ながら首位柏と勝点4差の4位に浮上した

この日も2列目は中村とレアンドロで試合開始の笛を迎えたが、
広島戦に続いての活躍こそ3得点を生み出した

先制の場面

右サイドで受けた中村がPA内に侵入

深くえぐりこんだところから、フワリとファーサイドにクロスを上げた

ここに大外から走りこんだのが山本で
ドンピシャのタイミングで頭に合わせて先制

2点目も中村からのアシスト

再びPA内でボールを受けると、
今度は相手DFをキックフェイントで滑り込ませて
その後フリーでクロスを上げた

GK正面にぽっかりと空いたスペースに
上げられたクロスに飛び込んだのがPJ

簡単に頭で合わせて追加点を呼び込んだ

そしてそれから間もなく、レアンドロの左寄りのドリブルから
前をいくPJにスルーパス

これに相手DFは足が届きそうで届かず、
ゴールへ向かうPJが先に触ってコントロール

最後は上手くGKの横を抜いて、彼の得意な形でドッピエッタ

どの得点もアシストのプレーが
ゴールの7、8割を占めるゴールだったのではないだろうか

もちろん大外から、もしくは真ん中でプルアウェーした
1点目の山本、2点目のPJの動きも良かったし
3点目のスルーパスへの反応も、さすがPJといったところ

後半PJは決定機を決めきれず、ハットトリックは逃したものの
山本の得点を含めて良い3得点だったと思う

後半、怪我で離脱していた遠藤、金崎を相次いで実戦に復帰させ
このゲームの目的、すなわち勝利と復帰選手のテストを
無事完遂させることが出来た

金崎には絶好機もあり得点を挙げたかっただろうが
それは次戦へのお預けとなってしまったものの
彼らの動き自体に大きな問題は無く、
活躍したレアンドロ・中村もしくはPJにとっても
その座は安泰ではないだろうが、それはチームにとっては大きなプラス

ここからまた連勝を続け、上位に引き離されることなく
上位に食らいつき、そして首位の座を奪い返そう

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ



posted by knz at 22:04 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

2017Jリーグ第17節 "希望"スタメン

代表戦が終わり、我々にとっての日常
すなわちリーグ戦の日々が戻ってくる

その初戦はホームカシマスタジアムに
コンサドーレ札幌を迎えての第15節

今シーズン、ホームでの戦績が芳しくないなか
大岩新体制で新しい歴史を刻む
本当の第一歩となる試合

しっかり勝点3を勝ち取りたいJL15.png

代表帰りの昌子だが、個人的には一度休みをとって欲しい

昌子を欠くディフェンスラインに不安がないと言えば嘘になるが
今後ずっと昌子と植田のみで戦い続けることは出来ない

プチ中断中チーム練習で築いた守備の連携を
ブエノにここで発揮してもらいたい


怪我明けの遠藤だが、既に練習試合もこなしており
試合に向けて不安はないだろう

広島戦ではレアンドロが活躍したが、
一試合を通したゲーム体力には不安がある

その点は中村にも共通するので
中村と遠藤でゲームを作り、駄目を押す役割を
レアンドロには担って欲しい

それと金崎

怪我の不安もあるが、試合に出られるなら
そしてどうせ最後になって出すなら
頭からピッチに立たせてもらいたい

彼がゴールを決めればチームは乗ってくる

何分出るかははその後の計算で良いと思う

石井体制時では『ホームでなかなか勝てない』と
誰もが思っていたが、大岩監督になり
そんな雰囲気を一掃する試合を期待したい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

まとまりのないつぶやき

負傷離脱者も町田を除き、その多くがチームに戻ってきている

代表で離脱していた昌子も疲労を考慮し別メニューながら合流し
過酷な夏場を前に今度こそターンオーバーとまでは言わずとも
ローテーションを実行できる様な環境にしていきたい

広島戦、今シーズンこれまで活躍できず、
助っ人としての実力を疑問視され始めていたレアンドロだが、
素晴らしいゴールを2本も決め、これまでの評価を覆そうとしている

また実力は折り紙付きながら、
なかなか『実戦力』を発揮できなかった中村も
同じ広島戦で1G1Aの活躍を果たし
少なくとも2列目に関しては駒が揃いつつある

もっともそれでも遠藤の変わりはいないのが現状で、
彼もターンオーバーに加えるのであれば
サッカーのやり方を変える(増やす)か
『ポスト遠藤』となり得る選手を育成又は獲得する必要が
あるといっても過言ではない

昨年2ndステージの失速も
多くはカイオの移籍が大きく影響したと言っていたけれど
実際には遠藤の負傷離脱の方が大きな要因だったと思っている

その遠藤もおそらく札幌戦から復帰を果たす

今後遠藤が怪我をしないで使い続けられることが一番だが、
今後『脱・遠藤』を進めていく事も肝要だろう


奇しくもC大阪で山村がポジションを
トップ下に上げて大活躍している

鹿島でも久保田や、レンタル移籍しているが平戸等
鹿島の2列目に、ポスト遠藤としての可能性を持つ
『周りを使う』系の選手もいる

もちろん田中等がそのように成長するのも良い

形が出来てしまっている中堅以上の選手より
彼らの様にこれから形を作っていける選手にこそ
可能性は多く残っているのかもしれない

今後若手をもっともっと巻き込んで
選手全体を使って戦って行く事が
安定して上位を獲得し、ACLでも勝ち続けていく為に必要だろう

↓正直言ってなんもまとまっていない内容だな・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


posted by knz at 23:51 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする