自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年07月10日

天皇杯3回戦 ”希望”スタメン

さて、待ちに待った恵みの鹿島、
天皇杯3回戦vs町田戦が明日に迫った

J2で上位につける町田は、侮っていい相手ではない

だがそれと同時に、ある程度怪我明けであったり若手であったりを
試したい試合でもある

テストをしながら勝つ

そんな戦いを見せてもらいたい

e-cup3回戦-01.png

町田もまた怪我があるとの噂なので、
CBは休養中の昌子に代わって犬飼に頑張ってもらいたい

だが、これまで犬飼と植田のコンビをみれば、
指示出しには今一・・・若干・・・だいぶ・・・不安が残る

更にGKがスンテとなれば、もはや統率出来る選手が不在となるので、
曽ヶ端の先発を”希望”したい

両SBでは篤人と山本

まあ右は西でも良いと思うが、左は怪我明けとして
山本に復帰してもらいたい

左がイケイケな安西の場合、じっくりの西が右にいた方がバランスが良い気がするし、
逆にじっくりの山本が左なら、篤人がオーバーラップしやすいだろう

DHは三竿と久保田

久保田のその才には大きな期待が寄せられているが、
これまで目立った活躍はない

守備の良い三竿とコンビを組むことにより
のびのびと得意の攻撃面で良さを出してもらえれば
これからでも一皮剥けるのではなかろうか


OHは遠藤と安部

勝利の確立を極力高めたいのなら遠藤は外せない

理想的には早目に先制、追加点を上げて
後半開始から交代出来るようだと良いのだが、
そんな中途半端な使い方なら出さない方が良い気もしなくもない

だが、やはり『負けたら終わり』の天皇杯

遠藤は外したくはない

安部はこれから日本を背負う逸材の一人だと思うが、
鹿島というチームでは思うように出番は得られない可能性が高いのも事実

こういったカップ戦で『格下』のチームに格の違いを見せつける活躍をすることで
鹿島でのレギュラーの座や代表への道が開けてくるというもの

チャンスを与えてほしい

FWは優磨と土居

来週からの連戦に向けて金崎は休ませたい中で
優磨は好調をキープしており、この試合でも活躍をしてもらいたい

相方としては山口も良いのだが、DHに久保田を入れるとすれば
上手く受けてターンが出来る土居を前線に居てもらいたい

@勝つこと
A試すこと
B疲れを残さないこと

この3つをタスクとして戦ってもらいたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 20:49 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

天皇杯3回戦

日本が敗退し、多くの人がW杯から興味が失せつつあるこのタイミングで、
国内サッカーは再開される

準決勝、決勝まで勝ち残れば、このタイミングでリーグ戦はないから
W杯終了後に再開するとして、天皇杯なら問題なかろうから
サッカー熱が上がっているこのタイミングでカップ戦を持ってくるのは
ある意味サッカー協会の名采配だったのかもしれない

鹿島はこの3回戦で町田ゼルビアと当たることとなっている

町田と言えば、監督が鹿島のレジェンドである相馬氏が指揮を執っており、
FWには中島、中盤には鹿島からレンタルされている平戸がいる

それぞれ現在チーム内得点王とアシスト王

鹿島と縁のある二人がチームを引っ張っていてくれることはうれしいが、
J2リーグでは上位を走り、格下ではあるものの決して侮れないチームでもあるだろう

対して鹿島は昌子が今回は出場しないことがはっきりしており
守備で若干不安を残すところだろう

代表でベンチを温め続け、刺激はあっただろうが
コンディションは落ちてしまったであろう植田が
どれだけ維持出来ているか、
もしくは刺激を受け成長したかが鍵になるかもしれない

攻撃では優磨と田中が好調そう

他にも安部が代表合宿で良い刺激を受けており
それを上手くチームで発揮できるかが楽しみなところ

金崎はどうも相変わらずな感じで、自身の得点以上に
上手く回りと絡めることを期待したい

いよいよ熱い暑いJの日々が再開する

↓でも、負けるわけにはいかないよね!

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 20:18 | Comment(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

【W杯】ベスト4出揃う

ワールドカップもいよいよ大詰め

ベスト4残り2つの席はイングランドとクロアチアのものとなった

クロアチアは地元ロシアとの対決を制して勝ち上がり


ロシアは、ここまでの勢いそのままに先制するも、
今や優勝候補となったクロアチアもすかさず同点に

そのまま延長戦にもつれ込み、クロアチアが勝ち越すも、
なんとロシアが追いつきPK戦に

最後に得点のロシアに勢いはあるものと思ったが
ラウンド16でもPK戦を戦い抜き、3本を止めたGKスバシッチが
この試合でも2本を防ぎ(1本は外れた)勝利に貢献

エースの10番モドリッチは線が細い選手で
決して大型選手ばかりというわけではない

そもそもクロアチアやセルビア・モンテネグロといった
旧ユーゴ系のチームは『東欧のブラジル』とも呼ばれ
日本でも有名なストイコビッチをはじめ
デヤン・サビチェビッチ、ロベルト・プロシネチキ、ズボニミール・ボバン等々
フィジカルではなくテクニックで戦う伝統が根付いている気がする

1つ日本が目標とするスタイルといって良いだろう


イングランドは『母国』として1966年自国開催で優勝したが、
それから50年、W杯でもユーロでも優勝はない

しかしこの大会

これまた決して前評判が高かったわけではないイングランドが
エースFWハリー・ケインがここまで6得点とチームを牽引し
遂にベスト4まで駒を進めた


ベルギーとフランスが正直実力的には上だとは思うが、
この2チームが準決勝で対戦する事で疲弊もしくはカードトラブルで
決勝ではメンバーが落ちるかもしれない

この4チーム全てにほぼ平等に優勝の可能性はあるのではなかろうか

ここからは視聴者目線だと、試合間隔が空いてしまうので
いつの間にか終ってましたってことにならないように気を付けたい

↓個人的には、残りチームではクロアチア推しだな〜
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする