自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2017年08月06日

仙台戦 雑感

霧の中で行われた仙台戦

一件ボールが良く見えずにだれた試合になりそうだが、
実際にはそこまででもなく、結果も2−0としまったものだった

双方ロングボールは少なくし、
しっかりとボールを繋ぐサッカーにシフトしたことで
質を落とさずにプレーをし続けられたのだろう

試合中小笠原が累積4枚目となるイエローを貰い、
次節出場停止とはなったが、成長著しい三竿健に
逆に期待があるまる

三竿健の起用は大岩監督就任後に一気に推し進められている
目玉ポジションの一つ

鹿島で最も層が厚いとされてきたDHの一角を
三竿健が本当に実力で勝ち取っているのなら
(育成枠としての起用でなければ)当然今後代表への期待も高まる

先日のvs嵐では唯一知名度が低かったが、
そんな状況を覆すのは三竿健自身

次節は、話題の新加入・ポドルスキーを擁する神戸が相手

当然三竿が潰しに行く場面もあるだろう

物怖じしない性格で、世界的プレーヤーにも
ガッツリ当たりに行ってくれることを期待したい

今節もしっかりと勝ったものの、首位のC大阪も勝利したことで
勝点差は変わらず鹿島は依然2位

消化試合の違いがあり、実質鹿島が首位という見方もあるが、
まだ戦っていない試合の勝点を当てにするのも
獲らぬ狸の皮算用というもの

暫定とはいえ2位は2位

1試合1試合、勝点3を目指して
次節は間違いなく難敵を相手に
対策に当てられるのは実質2日

身体を回復させたうえで、それぞれのタスクを明確に
勝利を勝ち取ってもらいたい

↓三竿健は、本当にこの何節かで成長が見られるね(ってなると増々梅鉢の立場が・・・)
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
ノエスタ周辺宿・ホテル
 2010年OPEN以来、お客様の総合評価は5つ星☆館内はスタイリッシュでありながら、どこか落ち着いた雰囲気が漂います。
 海と空と夜景のホテル.目の前に広がる海と空の眺望を楽しむ全室バルコニー付きのリゾートホテルで心ときめく船旅風ステイ。
 天然自家源泉100%・神戸六甲温泉「濱泉」開業(宿泊者は滞在中無料)。
 海と山に囲まれた国際都市・神戸の、美しい眺望が自慢のシティリゾート アクセス抜群で神戸・関西の観光に最適のホテル


posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

仙台戦 速感

土居のゴール、優磨のゴール

よりもこのゲームは霧の鹿島

試合開始前からスタジアムに降りてきた霧は、
瞬く間にピッチ全体を覆いつくした

絵的に大分インパクトが強く、
恐らく今後メディアにも取り上げられそうだ

先制弾は前半アディショナルタイム

スルーパスに反応した土居がGKを確認して
ファーサイドに蹴りこんだ

そして追加点もアディショナルタイム
今度は途中出場の優磨が浮き球をコントロールし
落ち着いてインサイドキックでゴールを決めた

何度も何度も決定機を決めきれなかったし
あれだけ霧が濃いならミドルも狙って良かったと思うが
何だかんだでこの試合も複数得点は頼もしい

だがそれ以上に頼もしかったのが曽ヶ端だろう

見えにくいであろう状況の中、何度もシュートを止めてくれた

何度かあった危険な場面を曽ヶ端が防ぎ続けてくれたことが
その後の2得点に繋がった

『濃霧のカシマ』が、おそらく取り上げられるだろうが、
そんな中で勝ち抜く逞しさを感じさせてくれた良い勝利だった

↓お疲れ様でした!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ




posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

2017Jリーグ第20節 ”希望”スタメン

さて、明日はリーグ戦第20節となるホーム仙台戦

その後に続く第21節、22節を含めた3連戦の初戦となるこの試合
スッキリ勝って後ろに繋げたい

JL20-01.png

先日も書いたが、仙台はセンターラインを中心に
良い選手がそろっている

GKに世代別代表のダニエル・シュミット
CBに増嶋、MFにはエースの梁、FWには平山相太と
おそらく多くの人が名を耳にしたことがあるだろう

このラインがキッチリしているチームは
決して侮る事は出来ない

何故か順位は中の下辺りではあるが
ルヴァン杯でGSを突破し決勝Tにまで進出したのも
決してまぐれや偶然の類ではないだろう

とは言えそのルヴァン杯の準々決勝で仙台と対戦するのは
我らが鹿島アントラーズ

精神的優位に立つためにベストメンバーで臨むのか、
連戦になることと戦力の全容を見せない為に
ある程度落としたメンバーで臨むのか

石井前監督は、ACLでその辺りのマネージメントを失敗して
最終的に解任に至ってしまった

大会はACLとルヴァン杯と違うものの
大岩監督がどの様なマネージメントを見せてくれるのか

単なる連戦という事ではなく、
異なる大会との兼ね合いでの采配に
興味がわくところ

特に復調してきた優磨、そして期待が増すばかりの安部の2人は
ルヴァン杯ではニューヒーロー賞の対象となってくるだろう

どの様な選手起用を見せてくれるのか、楽しみにしたい

↓共に勝利を目指そう!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ


posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 試合展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする