自分で健康!〜健康につながる情報・商品を見つけるセルフケア支援サイト〜

2018年01月02日

3つのマスト

天皇杯決勝は、延長までもつれる熱戦も、
最後はC大阪が競り落とし見事2冠を達成

今C大阪は黄金期を迎え、
川崎Fは遂にブレイクスルーしてタイトルを掴み
浦和もアジア王者に返り咲いた

明けて2018シーズン、今季は大きな節目の年

今季鹿島がタイトルを獲れるのか否か

非常に重要なシーズンといえるだろう


昨年のタイトル逸に
自信を失っている同志も多いかもしれない

だが、積み上げた勝点は
十分に優勝に資するものではあったと思う

ただ少し、最後の最後に
心に慢心かプレッシャーかがあり、
それに負けてしまったのだろう

高い高い授業料を払ったのだから、
そこで学んだことをしっかりと生かさなければもったいない


今季、本気でタイトル総ナメを目指すなら
重要なポイントが3つはある

1つは本気でターンオーバー
もしくはローテーションをしていくこと

昨季は『十分な戦力』と言われるだけの補強をしながら
開幕前のタイ遠征等により、ろくにチーム連をしないまま
シーズンに突入してしまった

そもそもが難しいと言われる鹿島のサッカーで
そんな状態で新加入選手が十分に活躍できるわけもなく
シーズン前半は、ローテーションどころか
石井前監督の、メンバー固定とも受け取れる発言もあるという
保有戦力に見合わない戦い方をしてしまった

その反省を活かし、今季はまず新戦力と
既存戦力の融合をまず目指し、
その上でチーム内競争を活性化させて、
真に『誰が出ても鹿島は鹿島』と言える
チーム作りをしなければいけない

2つめには、ゴール前のパターン、アイデアの強化

鹿島は速攻、遅攻自在とも言われるが、
遅攻となると、悪く言えばサイドから逆サイドへ
ボールを動かすのが上手いのであって
肝心のゴール前に何か強みがあるわけではない

カウンターを除けば、
対戦相手の最終ラインの裏が
大きく空いていることは少ない

むしろ引いて守る相手が多いので、
密集の中で得点を奪えるスキルがマストになる

圧倒的高身長の選手という手もあるが、
バロン、田代、高崎等高さを売りにした選手は
足元の技術を常に求められる鹿島のサッカーのなか
常に苦戦してきた印象が強い

ならば逆に小兵ながらもアイデアを出せる選手、
遠藤、土居、そして安部等がアクセントを利かして
フィニッシュに至る場面を増やせなければならないだろう

そしてもちろん、ここぞの場面で優磨や金崎の決定力

選手の組み合わせも含めて
もっともっとパターンを増やしていかなければいけない

そして3つめはフィジカルのケア

昨季、『1つ目』にも書いたメンバー固定は
怪我人が続いたことにもよる

PJや遠藤といった主力どころから、
町田や小田といったバックアッパーとして
目処がたってきた選手まで、
結構タイミング悪く続いてしまった印象がある

1にも被るが、しっかりと選手を入れ換えつつ
過密日程に疲労を蓄積させないようにして、
そして変に筋肉をつけすぎるようなことなく
怪我をしづらい身体作りをキャンプから進めて
一年間通して戦える集団として欲しい

いよいよ来週からチーム始動

各々とチームとして高い目標を掲げ、
地道で着実な一歩から進めて欲しい

↓それでもC大阪の時代が来るとは思えないんだよな〜
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
宮崎キャンプ・NYC観戦に!

建築家「隈研吾」氏が手掛けたラグジュアリーホテル!洗練されたデザインが導く、贅沢な宮崎でのひと時をお過ごしくださいませ。

宮崎市内では珍しい6つ部屋の和風旅館。『子宝・安産の宿』〜ここはパワースポット〜地蔵庵〜

眼前には雄大な太平洋、日向灘を一望できる。天然温泉(美人湯)で心も身体もリフレッシュ!大自然の中で戯れてみませんか

ホテル目の前は海♪宮崎を代表する観光スポット青島も徒歩圏内。リゾート感溢れるロケーションでの優雅なひとときを。

posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

飛躍の年

あけましておめでとうございます

今年2018年は勝負の年

無冠に終わった昨季を無駄にしない為には、
その悔しさを糧に国内・国外を問わず
タイトルを全て奪うくらいしてもらわなければ
『やり返した』という達成感は得られないだろう

9日からチームは始動し、15日に必勝祈願、
そして宮崎でキャンプを行いACLから実戦に臨む

例年に比べ、長いオフを得られた今年、
『準備出来ない』等々の言い訳は出来ない

開幕からシーズン終了まで、
一部の隙も許さず戦い抜く覚悟で準備をしてもらいたい


また今年はロシアW杯も行われる

日本は98年フランス大会から6大会連続での出場となるが、
正直今までで一番『期待感が無い』代表な気がしている

スター選手が不在な上に、公式戦、強化試合でも
大きな実績を残している印象は無く、
ハリルホジッチ監督自体にも華が無い
(※あくまでも個人の感想です)

だが、2010年の南アフリカ大会も
大会前はちょっとそんな感じではあったが、
始まってみればGS突破に大いに盛り上がった

今大会、日本はポーランド、セネガル、コロンビアと同組となり、
正直相当『恵まれた』グループになったと言えるだろう

とは言えいずれも日本より実力は上の3国

良い準備をしなければ、何も出来ずに大会を去る事になるかもしれない

初戦となるコロンビア戦まであと約半年

こちらも良い準備をして、大会を迎えてもらいたい

国内3冠、アジア制覇、そしてCWC
代表ではW杯

全てのタイトルでポジティブに期待したいし夢を見たい

大きく大きく期待している

↓今年もよろしくお願い致します
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
宮崎キャンプ・NYC観戦に!

建築家「隈研吾」氏が手掛けたラグジュアリーホテル!洗練されたデザインが導く、贅沢な宮崎でのひと時をお過ごしくださいませ。

宮崎市内では珍しい6つ部屋の和風旅館。『子宝・安産の宿』〜ここはパワースポット〜地蔵庵〜

眼前には雄大な太平洋、日向灘を一望できる。天然温泉(美人湯)で心も身体もリフレッシュ!大自然の中で戯れてみませんか

ホテル目の前は海♪宮崎を代表する観光スポット青島も徒歩圏内。リゾート感溢れるロケーションでの優雅なひとときを。

posted by knz at 07:39 | Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年

一番辛いけど、一番幸せなのって、
今日この時を前泊で列整理受けてる人だと思う
(最近そういう文化は無いのかもしれないが)

無冠に終わった我々には望むべくもない世界だけど、
今日スタジアムの前で凍えながらも
仲間たちと明日の決勝に向けて熱いトークを交わしていたかった

無冠に終わった2017シーズンを振り返れば
まるで何も残らなかったかの様な気にさせられる

だが、親愛なるmk2様のブログ、
鹿島の空は燃えているか!?』にこのように書かれていた

何も残らないと書きましたが…。
忘れていました、悔しさが残っています。
この悔しさは忘れちゃいけません、絶対にです。


その通り、我々には悔しさという形は無いかもしれないが、
鉛を飲み込むかのような苦く重い感情を腹に抱える事になったし、
それを忘れたり無かったことにしてはいけない

勝利する事で、より勝利への渇望が大きくなるが、
今年は敗北の苦さを味わい、二度と同じ過ちを繰り返さないという
違った方向から勝利への想いを強くする事となった

多くの方が想い願うように、
今季は2000年三冠制覇前年の
無冠に終わった1999年になぞらえられる

大きく飛び上がる前の『タメ』がこの2017年

だからこそ明日からは大きく飛び上がらなければならない

2018年、国内3タイトルはもちろん、
アジアや世界のタイトルにも手を届かせたい

↓皆様、良いお年を!
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【広告】
宮崎キャンプ・NYC観戦に!

建築家「隈研吾」氏が手掛けたラグジュアリーホテル!洗練されたデザインが導く、贅沢な宮崎でのひと時をお過ごしくださいませ。

宮崎市内では珍しい6つ部屋の和風旅館。『子宝・安産の宿』〜ここはパワースポット〜地蔵庵〜

眼前には雄大な太平洋、日向灘を一望できる。天然温泉(美人湯)で心も身体もリフレッシュ!大自然の中で戯れてみませんか

ホテル目の前は海♪宮崎を代表する観光スポット青島も徒歩圏内。リゾート感溢れるロケーションでの優雅なひとときを。



posted by knz at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする